「どうすれば良いですか?」

「どうすれば良いですか?」

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
「どうすれば良いですか?」

知識の違いじゃなくて、姿勢の違いだと思うんですよね。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

たま〜に頂くお問い合わせ。

「システムトレードがやりたいんですけど」

「時間が無いのでできません」
「初心者だからできません」
「分かりません」

「どうすれば良いですか?」

こういう系統のお問い合わせを頂くことが、
まれにあります。

基本的に、こういったお問い合わせには、
お応えしないことが多いのですが、
(返信しても、意味がないことが多いので)

仲良くして下さる方から、
こういったことを聞かれると、

正直、かなり凹みます。

そもそも、トレードに正解はありません。

人それぞれの方法があるうえ、
生活だって千差万別ですので、

「どうすれば良いですか?」なんて質問には
軽はずみに応えられないんですよね。

返信できるはずがない。

返信できたとして、
せいぜい言えるのは、

「とりあえずバックテストして下さいw」

ぐらいのものでしょう。

・・・
・・・
・・・

もっと酷い場合は、、、

「ちなみに、あなたはいま何をやってるんですか?」
と聞くと、

「・・・・・・・・・・。」と、
口をつぐんでしまうことすらあります。

そのたびに、
「あぁ、何もやってないんだな、この人。」
と思ってしまう。

きっと、何もやりたくないから、

「中原なら、楽して利益を出す方法を知ってそうw ちょっと聞いてみようかなw」とか。

きっと、そんな軽い気持ちで
質問してくるのでしょう。

人にも依るので、
あまり過激なことは言いたくないのですが、、、

そんな質問をしているうちは、
死ぬまで利益を出せるようにはなれないと、
そう思ってしまうんです。

ロクに本も読まない。
バックテストもしない。
分析もせず、考えない。

そんな状態で、
「時間が無い」「初心者だから」
なんてことを、

どの口が言える?と。

ぼくには、恥ずかしくて恥ずかしくて。
口が裂けても言えません。

「時間が無いのではなくて、やる気が無いんでしょ?」
「初心者なのではなく、勉強する気が無いんでしょ?」

こう思ってしまいます。

相場に入ったら、

時間が無かろうが、
初心者だろうが、

全員が同じ土俵に立ちます。

全て、言い訳にはならないんですよね。



これ、いつも思ってしまうのだけど、

ぼくがおかしいのかな?

 

脳みそに汗をかく

当たり前ですが、
ちゃんと利益を出しているトレーダーは、

裏で死ぬほど努力してます。

休みの時間を削って、
忙しい中、時間を作って、
きちんと分析して。

必死に知恵を絞って、
脳みそに汗をかいて、
試行錯誤を繰り返して。

そうやって、見えないところで努力して、
利益を出すべくして、出しています。

ちゃんと努力をしているあなただったら、

努力をしている人と、
そうでない人は、

きっと、一瞬で見分けがつくと思います。

そもそも、熱心な人が、
「どうすれば良いですか?」なんて、
質問するはずが無いんですよね。

こういった質問をする人が居たら、
何かしら、違和感を覚えるはずです。

熱心な方だったり、
上級者の方だったり。

ちゃんと努力してる人だったら、
あるいは、努力するつもりの人だったら、

「◯◯をしてるんですけど、どう思いますか?」とか。
「中原さんだったら、どうやりますか?」とか。

そういう質問の仕方をしてくれる方が大半です。

きちんと自分の考えを持った上で、
「新しい視点」を取り入れようとする。

「分からないから教えて」なんてことは、
絶対に言わないと思うのです。

 

姿勢の違い

「分からない」なんてのはよくあることで。
相場には分からないことだらけです。

ぼくにだって分かりません。

だから、分からないことが全く問題じゃなくて。

問題は、そこじゃなくて、
「分かろうとしていない」
ところな気がしています。

本当に、当たり前の話。

知識の違いじゃなくて、
姿勢の違いだと思うんですよね。

この姿勢の違いは、
アプローチの違いに如実に現れます。

「単語の意味が分からないから教えて」とか。
「バックテストってなんですか?」とか。

こういう質問がたまに来るのですが、
正直、頭がおかしいと思ってしまう。

そもそも本当に学ぶ気があれば、

ぼくなんかに質問するより、
ググった方が100倍早いわけです。

その方が断然早いのに。

わざわざ質問する時間があるなら、
「自分で調べろよ」と。

そう思っちゃうんです。

ちょっと冷たい言い方かもしれません。

でも、本当にそう思うのだから、
しょうがない。

些細なことではありますが、
この姿勢の差が、学習の差を生むと思うのです。

学習の差が、

1年積み重なったら、
10年積み重なったら。

それはそれは、
大きな違いになると思うんですよね…。

もったいないよなぁ、本当に。

– 中原良太

 

PS

着実に利益を積み上げていくための、僕なりの投資戦略。その全てを、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J