僕「…えっ!? …それだけ?」

絶好調な相場で、利益を逃さないためには・・・?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
僕「…えっ!? …それだけ?」

とにかく、あの雰囲気が苦手なんです(´;ω;`)

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

目が痛い、、、

最近、セミナーの準備やら、
記事の執筆やら、
バックテストやら、、、

パソコンを使う作業ばかりで、
目を酷使している気がする…。

かれこれ、もう3ヶ月くらい。
目が痛くて痛くて…。

作業に集中できない…!泣

 

病院嫌い

ぼくは病院が嫌いです。

特に大した理由はありませんが、
とにかくあの雰囲気が嫌いです。

静かな待合室。
暗い様子の患者たち。
病院特有の薬のにおい。

とにかく、あの雰囲気が苦手なんです(´;ω;`)

それもあり、かれこれ3ヶ月ぐらい。
目の不調を無視してきました。

病院に行くことで、
怖い話をされるんじゃないか?とか。

細木かずこじゃないですが、

「あなた死ぬわよ」なんて言われたら、
多分、ショックで立ち直れません。

あまりに病院が嫌いなので、

「忙しい」やら、
「時間がもったいない」やら。

何かと理由をつけては、
先延ばしにし続けてきました。

「市販の薬でどうにかならないかな?」
「安静にしてたら治るんじゃない…?」
などなど。

病院に行かないために、
必死に色々とやってきました。

…が、
事態は一向に好転せず。

目が痛いのは、
ずっと変わりませんでした…。

はぁ〜…。
嫌だなぁ…。

そろそろ、眼科に行かなきゃなぁ…。

 

何年ぶりの視力検査

…てなわけで。

こないだ、
久々に眼科に行ってきました。

引越してから眼科に行くのは、
もちろんはじめて。

最後に視力を測ったのは、
もう何年ぶりか分かりません。

とにかく、目が痛い…。

朝起きたときの目の充血が激しく、

(きっと視力も落ちたんだろうなぁ…)
なんて思いながら、

静かな待合室にて、
ポツンと待っていました。

ドキドキドキ。
ドキドキドキ。

なんだろう、この時間。

何をされているという訳では無いのですが、
ものすごくストレス。

緊張で、心拍数が上がってくる。
心なしか、息遣いも荒くなってきた。

嫌だなぁ…。
緊張する…。

10分くらい経った頃、
助手のお姉さんから、

「中原さ〜〜ん。検査するので、こちらまでお願いします」

と、呼びかけられました。

・・・

ついに、その時が来てしまった。

いままで裸眼で「視力が1.5あります」なんて、
自慢げに語っていたのだけど。

きっと、かなり視力も落ちているのだろう。

あぁ、嫌だなぁ。
これから、検査か…。

ぼくは重い腰を上げ、
検査室へと足を上げました。

 

右…左…右…下…

久々の視力検査。
こんなにしっかりと検査をするのは、
本当に久しぶりです。

最後に検査をしたのは、

免許を取ったときとか、
更新したときだったかな…?

その時も、視力が弱まったような気がして、
微妙な心境だったな。。。

視力検査も、今までなら、
10秒とかそこらで終わっていたのに。

思った以上に、長い時間がかかりました。

「右…左…右…下…」
「左…かな?」

ああ、悔しい。

昔は全部見えていたのに、
今では答えるのがやっとなものもある。

視力、落ちたんだなぁ…。

その後、

視力検査やら、
眼圧検査やら。

基本的な検査を終わらせ、

そのまま眼科医のところまで、
案内されました。

医「どうされました?」

僕「目が痛くて、充血してるんです」

医「分かりました。ちょっと目を大きく開いて下さいねー。」

僕「はい(ドキドキ…)」

眩しい光のなか、

まぶたをめくられたり、
虫眼鏡で目を覗き込まれたり。

自分の身体をマジマジと観察されるのは、
気持ち良いものではありません。

自分の目、大丈夫なのかなぁ…?
まさか、失明とかしないよね…?泣



診察が終わり。

医者から診断結果が報告される。

あぁ、嫌だ。
聞きたくない。

どうか、重病じゃありませんように…!

医「中原さん。お疲れ様でした。」

僕「ありがとうございました。それで、僕の目はどうでしたか?」

医「う〜〜ん…。目立った異常が見られなかったのですが…」

僕(まさか、お医者さんにも分からない未知の病…!?)



医「まぁ、言っちゃなんですけど…。」

僕「この痛みは、一体何なんでしょうか…?」

医「おそらく、単なる疲れ目とドライアイですねw」

僕「…えっ!? …それだけ?」

医「はい。それだけだと思います。視力も正常だし、右目が1.2、左目が1.5ありましたよ。」

僕「むっちゃ視力も良いじゃないか…!」

医「はい、とてもよく見えていますよ笑 ただ、最近、目を酷使しているみたいなので。頻繁に保湿用の目薬と、栄養の入った疲れ目用の目薬をさして下さい。それで、だいぶ楽になると思いますよw」

僕「えっ、えっ。本当にそれだけ? こんなに辛いのに? 目が痛いのに? ドライアイとか疲れ目って、こんなに辛いものだったんですか?」

医「そうです笑 初めてなので驚かれたかもしれませんが。テレビCMとかで見てる症状と変わらないでしょ? 目が痛い…とか。充血してる…とか。」

僕「た、たしかに…」

医「変なものを患っている訳ではないと思うので、まずは様子を見ましょう。きっと、大丈夫だと思いますけどね。」



と、こんな感じで。

恐怖の眼科検診は、
無事に終了しました。

 

良かったぁ〜〜〜〜〜!!!!!

よ、よ、よ、、、
良かったぁ〜〜〜〜〜!!!!!

なんだぁ、ドライアイかぁ…。

なんだよ…。心配させやがって…!

眼科に来て良かった。

目薬も市販のものよりも、
安く売ってくれるみたいだし。

至れり尽くせりじゃないか!

眼科バンザイ!!!

はぁ〜〜…。
本当に良かったぁ〜〜…。(安心)

 

疲れた…。

はぁ…。疲れた…。

目も問題ないみたいで、
良かった…。

早速、目薬をさしとこw

ふぅ。。。
本当に良かった。

毎度毎度、思うのですが。

医者に行くのって、
毎回、嫌〜〜な気分になるのですが、

ちゃんと行って、終わってみると、
大したことじゃないんですよね。

これまで、3ヶ月も悩んでいたのが、
バカみたいだな…。

がむしゃらに市販の目薬を買って、
テキトーにさしていたけど。

早く眼科に行っていた方が、
よっぽど早く、安上がりに済んだじゃないか…!

怖がってないで、
早く行っておけば良かった…!(後悔)

 

検査の重要性

…とまぁ、
ぼくのしょーもない日常話でしたw

やはり、、、
専門家に検査してもらうのって、
すごく大事なんだなぁ…。

僕らからすれば、
「目が痛い」
「充血している」
とかとか。

本当に表面的なところしか、
理解できないのですが…。

専門家に5分診てもらうだけで、
「目が乾いている」
って、すぐに原因を見つけてもらえました。

本当に、あっという間でした。

何よりありがたいのが、

「目が痛い」とか、
「充血している」とか。

そういった症状の表面ではなく、

「何が原因なのか?」を、
細かく調べてもらえたところです。

普段、生活を送っていると、

ついつい、

「つらい」だとか、
「イライラする」だとか、

表面的な「感覚」にばかり、
意識がいってしまうものですが。

こうやって、諸悪の根源というか、
「原因」をパシッと見つけてもらえると、
本当に気持ちが良いですね。

さすが、プロだよなぁ。



僕らトレーダーとかでも、、、

この「検査」は本当に大事な気がしていて。

「運用がつらい」
「シグナルがこわい」
「なんだかイライラする」
などなど。

いろんな症状が出てくるものですが。

悩んでいる割に、
なかなか細かく原因を探ったりは、
しないんですよね…。

「なんで、つらいんだろう?」
「なんで、こわいんだろう?」
「なんで、イライラするんだろう?」

言われて見れば、
考えてみるのが当たり前の話なのに、

ついつい、
「まぁ、しょうがないか…」と、
無視したり、諦めてしまったり。

何も改善しないまま、
無駄に時間が過ぎて行く…。

なんてこと。
本当によくあります苦笑

我慢強い人とか、
適応力のある人ほど。

耐えられてしまう分、危ない気がします。

そのうち、辛いことそのものに慣れてしまって。

「辛いのが当たり前」みたいに、
思い込んでしまうとか。

こんなことが、本当によくあるんです。

…そんな訳ないのにね笑

「辛いのが当たり前」なのではなくて、
「考えるのをサボっている」だけなのに。

ちょっと頭を動かしたり、
人に相談するだけで、

案外、簡単に解決できるのにね。

なんだか、ちょっと損した気分。

これからは、
今までよりも頻繁に、
自分の売買ルールを見直してみようかなぁ…。

周りのトレード仲間にも、
相談してみよう。

それだけでも、、、

思っている以上に、
楽になれるような気がする…。

– 中原良太

 

PS

地道に投資戦略を磨き続ける方法。僕が知る全てを、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J