[画像アリ]押し目買い+戻り売り

[画像アリ]押し目買い+戻り売り
[画像アリ]押し目買い+戻り売り

ドドンと公開します(´・ω・)くくく

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ほぉ〜〜〜。
綺麗な資産曲線だな…。

こんな綺麗な資産曲線、
久しぶりに見た気がする…。

多少、ゆがみはあるけど…。
最適化せずに、この成績はすごい…。

独り占めしたい…笑

でも、、、

これ、公開したら、
みんな喜びそうだな…笑



てなわけで。
来月の7月23日。

フェアトレードさん主催で、
セミナー講師をやります。

セミナーの内容は、
「ボックス相場に強い戻り売り戦略の作り方」。

かなり良い戻り売り戦略ができたので、
これをドドンと公開しようと思っています。

5月のセミナーで公開した、
「押し目買い戦略」と組み合わせると、
かなり綺麗な資産曲線になります。

冒頭の画像はまさに、
「押し目買い+戻り売り」の、
マルチストラテジーの資産曲線です。

5月にセミナーに来てくれた方だけ、
この資産曲線が完成するようになっています笑

とても資産曲線が綺麗で、
「これなら、みんな喜ぶだろう!」
というものが作れたので、

ドドンと公開します(´・ω・)くくく

 

押し目買い+戻り売り

そうそう。

「押し目買い+戻り売り」
というのは、

ルールの組み合わせとしては、
かなり相性が良い。

押し目買いは上昇相場でガツガツ稼いでくれて、
戻り売りは下落相場でガツガツ稼いでくれます。

2つとも、得意とする相場が違うので、

組み合わせると、
絶大な威力を発揮するんですよね…。

最近、気づいたことがあって、

「上昇トレンドの株」を狙う
売買ルールは上昇相場に強いです。

逆に、

「下落トレンドの株」を狙う
売買ルールは下落相場に強いです。

それも、当たり前の話で。

「上昇トレンドの株」は、
上昇相場でたくさん出てくるし、

「下落トレンドの株」は、
下落相場でたくさん出てくるんですよね。

シグナルの量が増えるから、
必然的に利益も出しやすくなる。

だから、こういう、
違ったタイプのルールの組み合わせというのは、
本当に相性が良いと思うのです。

同じ銘柄からシグナルが出ないから、
分散効果が高い。

しかも、シグナルが出る時期が違うから、
時期によらず、まんべんなく利益を出せる。

いやぁ、、、
夢のような組み合わせだなぁ…。

よっしゃ。
やっとこさ検証作業もひと段落したし。

頑張ってセミナー資料を作るぞ!

– 中原良太

 

PS

良い売買ルールを作るための秘訣を、この1冊にまとめました!

http://amzn.to/2gqXT9J