事前準備

事前準備
事前準備

何が何だか分からなくなるんです(´;ω;`)

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

今日は、自分を追い込む日。

5月28日のセミナーが
近づいてきているため、

資料の最終調整をしています。

とっても良い資料が出来たのだけど、

「抜け漏れ無いかなぁ?」とか、
「もうちょいよく出来ないかなぁ?」とか、

何回も何回も、
見直してるところです笑

というのも、、、
ぼくは極度の緊張しいで、

人前で話すのが苦手なんです。

自分一人で動画を収録する時ですら、
緊張で声が震えたりするぐらいなので笑

ですから、人前で話すとなると、
なおさら緊張するんです。

それこそ、、、
資料がちゃんと出来ていないと、
もう、頭はパニックに陥ります。

自分で自分が何を話しているのか、
迷子になってしまったり、

何を話さなきゃいけないのか忘れて、
大きく話が逸れてしまったり。

何が何だか分からなくなるんです(´;ω;`)

 

一番たいへんなこと

セミナーで、一番たいへんなこと。

それは、、、

セミナー時に人前で話すこと…ではなく、
セミナー後の質問攻めに応えること…でもなく。

セミナー当日は、
準備したことをそのまま
伝えるだけですので。

そんなに、たいへんではありません。

むしろ、、、
「当日までの事前準備」のほうが、
よっぽどたいへんだと思っています。

というか、たいへんなのは、
事前準備だけだと思っています笑

セミナーのテーマを決めて、
テーマに合わせて設計書を作って、
設計書に沿って内容を詰め込んで、

いろんな人に内容を確認してもらって、

もう一度資料を作り直して、
さらにもう一度、作り直して、
さらにさらにもう一度、作り直して。

こんな感じで。

何回も何回も、
作っては、作り直しを繰り返して。

いろんな人に意見をもらいながら、

当日までに長い行程を経て、
いつも本番に臨んでいます。

一人で作るだけでなく、
色んな人の目を通すので、

そのたびに資料が分かりやすく、
進化していくんですよね。

ぱっと見は平凡な
「パワポ」かもしれませんが、

その裏で繰り返した試行錯誤の回数は、
やはり計り知れないところがあります笑

 

事前準備

当たり前のことなんですが、

どんなものでもやはり、
この「事前準備」があって、

初めて成り立つんですよね。

スポーツだったら、
試合の前には死ぬほど練習するし。

楽器だったら、
コンクールの前までは練習しまくるでしょう。

勉強だって、
試験の前には何度も復習しますよね。

こんな感じで、、、

やっぱり、なにごとも、
「事前準備」が大事だと思うのです。

会社の同僚は、
「なにごとも準備が8割ですよ!」
といった言葉が口癖なのですが。

まさに、その通りだと思います。

「一度もバットを素振りしたことのない人」が、
野球の試合で、ヒットを打てるはずもなく。

きっと全てを空振りするので、
チームメイトからは総スカンを食らうでしょう。

「一度も楽譜を読んだことのない人」が、
ぶっつけ本番のコンクールで入賞できるはずもなく。

きっと何もできず、笑い者にされるでしょう。

だって、準備をしていないのだから。

当たり前の話です。

準備の量に応じて、
相応の結果が出てくるだけです。

「すべての努力は実る」なんて、
甘っちょろいことは言いません。

これは因果関係ではないからです。

でも、、、
少なからず、相関関係はあります。

だからこそ、
「努力しないなら、しないなりの結果になる」
ことは、覚悟しておく必要があると思うのです。

「努力しない」ってのは、
それだけ怖いことなんですよね。

そしてもちろん、、、

トレードも一緒です。

スポーツとか、楽器とか、勉強とか。
そういったものと一緒です。

「事前準備」が8割ですし、

準備しなければ、
しなかっただけの結果しか出てきません。

「ぶっつけ本番で、あとは勘で乗り切ろう」
なんて感じで、

乱暴に考えるのって、
本当に危ないと思うんですよね…。

– 中原良太

 

PS

株も、準備が8割です。まずは、この本を読んで準備するのがオススメです…。

http://amzn.to/2gqXT9J