何もしないのも立派なリスクなんだぞ!

円高、地政学リスク。日本株はどう動く…?
RISK

「折角稼いだお金が減ってしまうなんて許せない」、こんな考え方をするのは私は危険だと考えています。

というのも、「リスク嫌い」は「いざという時に決断を誤る」ような気がするからなのです、、、

 

目次

  1. あまりに多くの人がリスクを捉え違えている
  2. まとめ

 

1. あまりに多くの人がリスクを捉え違えている

あまりに多くの人がリスクを捉え違えている

ちょっと話を変えて、、、
同じような相談を度々受けるのでお話ししてみますね。

「中原さんのように、自分も何か人の役に立てることがしたいです!」
「お前、毎日死に物狂いになって頑張ってる癖に楽しそうだよな。俺も中原みたいに頑張るよ!」

こんな話をしてくれる親友や後輩が結構居るのですが、、、

なんだか、強がっているようにしか聞こえないんですよね。

「じゃあ、今すぐサービス作ってみたら?」
「何でも良いから面白いもの作って今すぐ売ってみなよ?」
「僕の商品で良かったら、宣伝してくれない?」

などなど、
僕はかなりの猪突猛進型な性格をしているので、突拍子もない返事をしています。

彼らの反応は必ずと言って良いほど、
「もうちょっと、考えてみるよ。。。」
という一言が返ってくる。

「なんで?」と訊くと、
「いや、だってリスキーだもん」
と一言。

うーん。。。
なんというか、それほどリスクって怖いものなのかなぁ、って思ってしまうんですよね。

例えば、ちょっとWEBサイト作ったりとかって、無料でもできちゃうものなんです。
投資だって同じ。

10万円以下で買える株だってありますし、値動きが緩やかな株だってある。
それに何より、「自分より遥かに有能な人に活用してもらっている」という感覚がたまらないんです。

ベンチャー志向が強い米国とかと比べると日本の大手企業は学歴の高い人が多いんですよね。こういう人達がガツガツ働いている企業とかにお金を預けるのって、銀行にお金をそのまま保管しておくよりもずっと有効利用なんじゃないかなって思うんです。何より、「俺はこの会社をサポートしてるんだ!」っていう満足感も得られますし。

話を戻すと、私がどうしても伝えたいことは、「投資じゃなくたってリスクはつきもの」ということ。

人生は「選択」「集中」で構成されていて、
・「選択」=「何をするか」「何をしないか」
・「集中」=「どれだけ頑張るか」
しか、操作できないんです。

あまりに多くの人が「貯金」を選択し、全てを集中させている。
あまりに多くの人が「現状維持」を選択し、全てを集中させている。

でも、周りのみんなが進んでいる中、自分が進んでいないっていうのは相対的に遅れてることを指してるんですよね。

 

2. まとめ

まとめ

必ずしも現状維持は最高の選択肢じゃありません。
「損しそうだから何もしない」と言えば聞こえは良いですが、
「得しそうなのに何もしない」と考えるとこれは重罪です。

それよりも、少し位のミスを覚悟で飛び込んで、経験値を蓄える方が絶対に今後に役立つんじゃないかって思ってしまうんですよね。

ちょっと位頑張って、投資にチャレンジしてくれる人が増えてくれるのを望んでいる、今日この頃です。

あなたは、リスクって何だと思いますか?