利益を妨げる、ありがちな「思い込み」

利益を妨げる、ありがちな「思い込み」
利益を妨げる、ありがちな「思い込み」

「初心者あるあるだ!(^ω^)」

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

株を始めたばかりの頃。

まさに初心者だった頃のこと。

ぼくは、トレーダーとして、
とんでもない間違いを犯していました。

間違ったことを、
「これが正しい!!!」と、
そう思い込んでいたんです。

トレード経験者のあなたからすれば、
「初心者あるあるだ!(^ω^)」
と思うていどの話かもしれませんが笑

この「初心者あるある」から抜け出すのに、
何年もかかったんですよ…。

いやいや、思い込みってのは、
本当に恐ろしい(;´Д`A



 

初心者にありがちな思い込み

それは何かと言うと、

「上がる株を買えば勝ち続けられる」
という思い込みです。

もっと言うと、
「良い銘柄を買えば勝ち続けられる」
という思い込みでした。

ぼくはこの思い込みのせいで、
その後、1年以上悩むことになりました…笑

株を始めたばかりだと、
どうしてもこういった思い込みって、
避けられないんですよね。

そのせいで、なんど失敗したことか…笑

いま思い返してみると、
完全な思い込みでした…(;´Д`A汗

 

当たり前の話ですが、、、

料理を例に考えてみると、

どんなに「良い素材」を揃えたとしても、

調理の順番やら加熱の加減(タイミング)を
大幅に間違ってしまったら、

真っ黒焦げの卵焼きができたり、
生焼けの親子丼ができたり。

もう、それだけで、
料理が美味しくなくなるどころか、
最悪の場合、食中毒にすらなっちゃいます。

台無しですよね(;´Д`A

これは、株の場合でも同じで。

ぼくらトレーダーは、
「どんなに良い銘柄(素材)」を選んでも、
それだけで勝ち続けることはできません。

極端な話をすれば、

別に良い銘柄でなくても、
利益を出し続けることは可能でしょうし。

銘柄に固執すればするほど、
どんどん利益から遠ざかるような気すらします。

というか、、、
日本を代表する大手の「優良企業」
日経平均採用銘柄とかですら、

バブル期以降、
ほとんど株価が上がってませんし。苦笑

そう考えてしまうと、
「優良企業」に固執するのって、
すんごく勿体無い気がしちゃうんですよね。

ちなみに、、、

ぼくの場合は、
「良い株を買う」=「最高のトレード」と、
思い込んでしまって、

このパラダイムのせいで、
全然利益を出せない時期が、
しばらく続きました。。゚(゚´ω`゚)゚。泣

当たり前の話ですが、、、

ぼくらトレーダーが、
短期間(1日〜数ヶ月)で利益を狙う場合、

「取引対象」は、別に、
優良企業である必要はありません。

むしろ、このタイムスパンでは、
株価は業績よりも需給にされやすいので、

極論、たとえボロ株でも、
利益につながる可能性があります。

じゃあ、その代わりに
何に注目すれば良いのかというと、

「取引のタイミング」だと思います。

タイミングさえ抜群であれば、
優良企業だろうと、赤字企業だろうと。

ほぼ同じように売買差益を狙えます。

 

「銘柄」よりも「タイミング」

結局、、、

ぼくらトレーダーは、
売買差益さえ手に入れば、
それで良いんですよね。

最終目的はそこなので、
それが手に入れば、別に手段は、
何でも良いわけです。

別に、「優良企業」に固執しなくとも、
タイミングを間違えなければ利益を出せるし。

だったら、、、

「銘柄」の分析よりも、
「タイミング」の分析のほうに、
時間を充てても良い気がするんです。

ぼくらシステムトレーダーだったら、

良いタイミングの銘柄は、
ほぼ全自動で、手軽に探せますし…

こうやって分析した方が、
効率的なうえ、利益を逃さずに
済む気がするんだよなぁ…(^ω^)

– 中原良太

 

PS

逆張りのタイミングや、順張りのタイミング。この本にその要点をまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J