成功できない「頭でっかち」な僕…。

成功できない「頭でっかち」な僕…。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
成功できない「頭でっかち」な僕…。

「キャーッ!中原くん素振り上手!抱いて!」

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

高校生の頃。
ぼくはテニス部でした。

当時のぼくは、
「素振り」が大好きで。

「いかに美しく、格好良いフォーム」
を身につけるかを、

日々研究していました笑

ビデオや雑誌を見ながら、
格好良くキメる方法ばかりを考え、、、

「強くなる」ことよりも、
「モテる」ために必死でした笑

素振りの回数だけは、
部内のメンバーの中でも、
群を抜いていて。

かなりフォームも綺麗だった気がします。

 

でも、ぜんぜんモテない…。

ただ、、、
現実はそんなに甘いものではなくて。

「キャーッ!中原くん素振り上手!抱いて!」
なんて女の子が現れるはずもなく…(;ω;)

どんなにフォームが綺麗でも、
ぼくがモテることはありませんでした。

何より、、、

見た目を意識しているわりに、
全然、実戦には役立たない!

試合をすれば、負け。
試合をすれば、負け。
試合をすれば、負け…。

格好よさのために素振りを極めたので、
実戦ではてんでダメでした。

部内の練習では格好良く色々キメるのですが、
試合に出た瞬間、残念無念。

あまりに弱すぎるので、

いつしか後輩からも、
「るび先輩って…(プププッ」
と笑われそうなぐらい下手くそでした。

いつしか、
「あいつ、フォームは綺麗なのに弱いなw」
と、馬鹿にされる始末でした。

そりゃ、モテるはずもないですよね…笑

 

頭でっかち

ぼくは当時から、かなり頭でっかちで。

「練習ではうまい」
「本番はてんでダメ」
というタイプの、そんな人種でした。

たしかに素振りの回数が多いので、
型にはまった練習は上手だったんですけど。

それを、全然、試合で発揮できない。

「練習通りに実践できない」という壁が、
ぼくの前に立ちはだかったんですよね。

こればっかりは、
試場数をこなさないと
絶対に乗り越えられない。

今思うと、ぼくは負けるのを恐れて、
「試合数」は少なかった気がします。

負けを恐れて、試合に出ない。
練習だけで満足してしまう。

これで、上達できるはずがありません。

負けを恐れずにバシバシ試合に出て、
負けたり、勝ったりを経験しながら、
試合数をこなして、

そうやって、やっと、、、
「練習の実力≒試合の実力」
になると思うのですが…。

ぼくは、負けて笑われるのが怖くて、
頑なに試合には出たがりませんでした笑

…その結果、当たり前ではありますが、
大した選手にはなれませんでした…( ^ω^ )泣

 

実戦なくして完成はあり得ない。

どんなものでも、
「実戦」なくして、
実力の向上はありえません。

「実(じつ)」の「力(ちから)」と書いて
「実力(じつりょく)」ですからね。

練習だけでは、どうしても身に付かないんです。

英語なんかと一緒ですね。

いくら座学で授業を受けたところで、
喋れるようにはなりませんw

実際に話して、アウトプットして。
色々恥ずかしい失敗をしながら、
身につけていくものだと思うのです。

これは株式投資でも同じで、、、

バックテスト(=練習)だけをやっていても、
投資は上達できないんですよね。

実際に取引してみて、
利益を出したり、損失を出したり。

甘い経験、苦い経験などを繰り返しながら、
僕らは成長していくものだと思うのです。

実戦抜きでは、
絶対に「良い投資戦略」は
作れないと思うんだよなぁ…。

– 中原良太

 

PS

ぼくの投資人生の全てを通じてえられた哲学を全てを、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J