「ポケモン」と「遊戯王」

「ポケモン」と「遊戯王」
「ポケモン」と「遊戯王」

株、やりこんでる?

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

出ました。
出ましたよ。

ニンテンドースイッチ(遅)

ゲーマーのぼくとしては、
絶対に見逃せないハードです。

3月はデイトレの研究が忙しくて、
手に入れることができませんでしたが、、、

今は、臨戦態勢です。

いつでもチャンスがあれば、
スイッチを買う準備ができています笑

いまは売り切れで、全然買えないからなぁ。
欲しいなぁ、ニンテンドースイッチ。

 

あの頃の思い出

ぼくのゲーム好きは、
幼稚園の頃に始まりました。

幼稚園の年長組にいたとき。
もうすぐ小学生になろうかという頃のこと。

母親が、「ゲームボーイ」という、
携帯型のゲーム機を買ってくれました。

当時は画面が白黒で、
完全なドット絵。

初代ファミコンの、
画面が小さくなったものが、
携帯ゲームになった感じでした。

当時のゲーム機はカセット式で、

かんたんにセーブデータが
消えてしまったことを、
今でも覚えています。

セーブが消えるたびに、大泣きして
それでも何度もやり直していました。

今思えば、あの頃の執念は、
凄まじいところがありましたね…。

(今はセーブデータ消えませんもんね…)

 

ポケモンと遊戯王

ゲームボーイを買ってもらってから、

はじめにやったゲームは、
「ポケモン」と「遊戯王」でした。

どっちも、ハマり過ぎて、
「ゲームをやめて勉強しなさい!」と、
何度も怒られましたねー( ;∀;)

ぼくのゲーム好きは
とどまるところを知らず、

学校に入ってからも、
勉強に手につかなかった記憶があります笑

何度も何度も、
レアポケモンやレアカードを
手に入れるためだけに、

何十回、何百回と戦闘を繰り返し、
運良くカードを手に入れられるまで、
待ち続ける…。

そんな作業を、
延々と繰り返していました笑

プレイ時間だけでも、
何百時間やったか分かりません笑

「ポケモン」は皆、レベル100になり、

気付けばバグ技も身につけ、
ポケモンを増殖させたり、へんげさせたり。
一瞬でレベルを100にしたり。

遊戯王も最強カードである、
「ブルーアイズホワイトドラゴン」を
20枚ぐらい集めて、

最強デッキを作って楽しんだり。

やり込み具合が、
常軌を逸していましたね…。

もう、やりたい放題でした。

いかんせん、
子供の頃のぼくは、
極度の負けず嫌いでした。

だから、友人に負けないために、

あの手この手で
ゲームを研究していた記憶があります。

「最強のポケモンを育てる方法」とか、
「最強のカードを手に入れる方法」とか。

そういったことばかりを、
考えていました笑

 

やり込み

ゲームのやり込みで何より大事なのが、

「根気」だと思います。

いかに、飽きることなく、
楽しみながら、実力を上げていくか。

多少、非効率でもあっても、

「非効率だから止める」のではなく、
「非効率だけどやり遂げる」ことが大事だと。

もちろん、効率だとかテクニックだとか、
そういったものも大切なのですが、

「非効率だから止める」なんて程度の気概で、
他の人に勝てるわけありませんからね。

非効率でも、それでも努力を続けて、
ティッシュ1枚分の差をつける努力を繰り返して、

並々ならぬ成果を出すものだと思うんです。

やはり、そのためには、
何よりも「根気」が大事だったなぁと。

今でもそう思います。

いつも裏技を求めている人は、

非効率なことをやらなきゃいけなくなったり、
何らかの障壁が現れたときに、

真っ先に諦めますからねw

王道を行き、
こつこつ地道に、
根気よくゲームをプレイしてる人の方が、

純粋にゲームを楽しめている気がするし、
周りに仲間が集まっていた気がするのです。

なにより、気合が違いますよね笑

「面倒臭そうなことはやらない」人と
「面倒臭そうなことも進んでやる」人と。

どちらが成果を出すかなんて、
明白なわけです。

いやぁ、ゲームって奥が深い。

 

株、やりこんでる?

これは別に、
ゲームだけに限った話じゃなくて

勉強だってそうだし、
スポーツだってそうだし、
仕事だってそう。

地道にコツコツ、

多少、非効率なことがあっても、
王道を突き進み続ける。

そのための「根気」が、
本当に大事だと思うんですよねー。

もちろん、株だって同じです。



過去の相場の動き、
個別銘柄の動き、
チャートの形。

などなど。

あなたは、ちゃんと真正面から向き合って、
「根気よく」分析していますか?

「資産曲線を綺麗にしたい」とか、
「もっと合計損益を増やしたい」とか
「もっとドローダウンを抑えたい」とか。

そういった願望を持つのはもっともですが、

そのために、
「根気よく分析する」という、

いっっっっっっっっちばん大切な
基本中の基本を、忘れちゃいないですかね?

自動で検証するのも結構。
効率よく検証するのも結構。

でも、結局は、
「根気よく」分析するという過程が抜ければ、
決して良い投資戦略は作れないと、

結局、根気がある人が勝つんだと。
ぼくは、そう思うんですよねー。

– 中原良太

 

PS

ぼくがこれまで培ってきた、株の王道。その投資戦略を、この1冊にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J