市販のルールを買うのはアリ?

市販のルールを買うのはアリ?
市販のルールを買うのはアリ?

「このルール、そのまま使ったら、フツーに利益出そうですよね…」

From: 中原良太
八丁堀の喫茶店より、、、

よっしゃ!

確認も貰ったし。
これでOKだな。

ついさっきまで、、、
半年かけて作ったデイトレ戦略を、

システムトレード仲間から、
チェックして貰っていたところです。

ぼくが思いつく限りの工夫を全て施し、
なおかつ、5人以上のチェックを経て、

全員が、
「これは、自分で運用したい!」
「売っちゃ勿体無いよ!!」
と、

心から思える売買ルールに仕上げたつもりです。

 

そのまま使う?

そうそう。
システムトレード仲間から、
こんなことを言われました。

「このルール、そのまま使ったら、フツーに利益出そうだよね…」

いまのご時世、
たくさんの売買ルールが販売されていて、

「市販のルールをそのまま使って」
利益を出している方もたくさん居るようです。

まぁ、やっていることは、
僕らと同じシステムトレードなので、
裁量よりはずっと良いと思うのですが…

ただ、ぼくはどうしても、
「市販のルールをそのまま使う」
ことに、賛同できないんですよねー。

 

買ったことない…

そもそも、、、
ぼくは、売買ルールを他人から買ったことは、
人生で1度もありません。

といのも、買ってしまうと、
著作権うんぬんだとか。

ぼく自身が情報提供するときに、
面倒なしがらみが増えてしまうので。

ただ、販売する身で無いのであれば、
バシバシ売買ルールを買うと思いますね。

ちなみに、、、

売買ルールを買うときのポイントは、
「保有期間」と「利益を出している時期」
だと思っています。

ぼくは2010年とかの、
なぎ相場での成績を向上するのが苦手なので、

そういった時期に良好なルールがあれば、
ぜひ中身を見せてもらいたいと思っています笑

…まぁ、そのまま使う気は、
全くありませんが(;´д`)

とうぜん、トレーダーズ効果も出てきますので、
そのままでは利益は出せないでしょう。

だから、ルールを買っても、
その後には必ず自分で改良を施すと思います。

市販されているルールを、
そのまま使う…ってことは、
まずありえないですね。

他にも2つ理由があって。

 

理由1:カンタンに人を信じてはいけない

1つは、そもそも市販されている、
売買ルールを信じるほど、
僕は素直じゃないからです苦笑

アマノジャクなんですよね笑

だって、怖くないですか?

顔も見たことの無い人とか
会話したこともない人が作ったルール。

そんなルールで、
自分のお金を運用するんですよ?

しかも、販売している人は、
一切責任はとりませんからね。

当たり前ですけど、
株式投資はすべて自己責任で行う場なので。

自分の身は、
自分で守らなきゃいけない訳です。

そう考えると、
市販されているルールも、
ちゃんと自分の目で見て、
色々と検証してみて。

あくまで「アイデアの1つ」として
扱うぐらいじゃないと、
ダメだと思うんですよね。

 

理由2:苦労しないと自信がつかない

もう1つの理由は、
「自分で調べないと、自信を持てないから」
です。

苦労して勉強したことって、
信じられるんですけど、
何の苦労もせずに学んだことって、
全然信じられないんですよね。

これはきっと、
人間の本能のようなものなんだと思います。

サンクコストバイアスっていう言葉があって。
結局、ぼくら人間の自己満足なんですけど。

「金を払えば手に入る」とか。
「努力せずに楽して済ませたい」とか。

そんな発想を抱いた瞬間から、
人間の思考って止まってしまうので苦笑

自己満足にも近しいかもしれませんが、
「何事も、自分で調べる」っていうのは、
モットーとしています。

 

てなわけで、、、

こんな理由があって、

ぼくはどうしても、
「市販のルールをそのまま使う」
ことに、賛同できないのです(;´д`)

あなたも、何か市販のルールを購入するときは、
こういった点に気をつけてみてはいかが?

– 中原良太

 

PS

システムトレードを知らないという方は、この本が入門書に良いと思います!

http://amzn.to/2gqXT9J