利益を増やし、損を減らす方法

利益を出してからの心得
利益を増やし、損を減らす方法

「意識的」にこのことを考えたことのある人は、なかなか居ないんじゃないかな?

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

今日は、当たり前の話をします。

当たり前の話。

僕らシステムトレーダーなら、
理解していて当然の話です。

でも、、、
こんなに当たり前のことなのに、、、

「意識的」にこのことを、
考えたことのある人は、

なかなか居ないんじゃないかな?

まさに原理原則なので、
これを破ると、運用も上手く行きません…

 

利益を増やす方法・損を減らす方法

今回、紹介するのは、

「利益を増やす方法」と、
「損失を減らす方法」です。

どんな投資戦略を作るときにも、
通じる考え方なので、、、

常に、頭の片隅に入れておきましょう!

 

利益を増やす方法

利益は、以下の公式で決まります。

全ての利益=1取引あたりの利益×取引回数

…はい。

だから、利益を増やしたい時の考え方は単純で。

「1取引あたりの利益」を増やすか、
「取引回数」を増やすかの2択ですね。

当たり前の話です。

このとき大事なのは、
実践の方法です。

ちょっとシステムトレーダー向けなので、
マニアックかもしれませんが…。

「1取引あたりの利益」を増やすときには、
手仕舞いルールを調節します。
(仕掛けルールではないですよ!)

条件式を厳しくしたり、
ANDの条件を増やしたり、
ORの条件を減らしたり。

そんな調節ですね。

一般的には、株を保有する期間が長いほど、
1取引あたりの利益額も大きくしやすいですね。

一方、「取引回数」を増やすときには、
仕掛けルールを調節します。

条件式を緩めたり、
ORの条件式を増やしたり、
ANDの条件を減らしたり。

そんな調節です。

たったこれだけの考え方なんですよね。

利益を増やしたいときには、
こうするより他ありません。

 

損を減らす方法

逆に、損を減らしたいとき。
こんなときは、発想を逆転させます。

全ての損失=1取引あたりの損失×取引回数

…はい。

同じように、
損失を減らしたい時の考え方も単純で。

「1取引あたりの損失」を減らすか、
「取引回数」を減らすかの2択ですね。

当たり前の話です。

これを実践するときには、
やることを真逆になります。

「1取引あたりの損失」を減らすときには、
手仕舞いルールを調節します。
(仕掛けルールではないですよ!)

条件式を緩くしたり、
ORの条件を増やしたり、
ANDの条件を減らしたり。

そんな調節ですね。

一般的には、株を保有する期間が短いほど、
1取引あたりの損失額も小さくしやすいですね。

一方、「取引回数」を減らすときには、
仕掛けルールを調節します。

条件式を厳しくしたり、
ANDの条件式を増やしたり、
ORの条件を減らしたり。

そんな調節です。

損失を減らしたい場合も、
こうするより他ありません…。

 

当たり前

言われて見れば、当たり前の話。

当たり前の中の、当たり前です。

でも、、、
これを体系的に理解して、
運用に活かしている人って、

おっそろしいぐらい少ないんですよね…

まぁ、僕らシステムトレーダーは、
この「当たり前」を愚直にこなすだけですが笑

何かの参考になれば幸いです!

– 中原良太

 

PS

2月15日(水)に、東京でセミナーを開きます^^@
普段は取り上げられない、裏話もする予定です…笑

ぜひぜひご参加下さい!

https://info.monex.co.jp/ts-info/seminar/20170126_01.html