座右の銘

座右の銘
座右の銘

こういう状況が、一番辛いんだよなぁ…(;´д`)

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ああやって…
こうやって…

ううむ、なかなか上手く行かん…。

おかしいな…。

 

執筆中

いま、僕は、
四季報オンラインの記事を、
執筆しているところです。

水曜日に隔週で公開しているのですが、
これがなかなか、、、

書き続けるのが大変なんですよね…笑

ついこないだは、
「超大型株に特化した逆張り戦略」
なんてものを考えてみたのですが、

やばい。今週分の記事が、
まったく思いつかない…。

ネタを使いまわすって最終手段もあるけど、
それじゃあ、読者の人には喜んでもらえないしなぁ。

そろそろネタ切れか…?
ううむ、考えるのが大変だ…。

「面白い記事を書きたい!」
と思う気持ちばかりが先走ってしまって、

ネタが伴わない…(;´д`)

こういう状況が、
一番辛いんだよなぁ…(;´д`)

 

検証、検証、検証

良いアイデアが思い浮かばないとき。

僕は、何をするかというと、、、

【一心不乱にバックテスト】します。

自分の頭の中にアイデアが無いので、

データを分析して、
そこからアイデアを仕入れるしかないのです。

普通の方とは、
少し違うかもしれませんね。

「頭が動かない時」ほど、
「手を動かす」ように心掛けています。

そうすることで、、、

ふとしたきっかけで、

「あっ。このデータ使ったら、こんな投資法が編み出せるんじゃ…?」

なんてアイデアに結びつくんですよね。

閃きを手に入れるためにも。
手を動かし続けるのが大事だと思うのです。

 

全てをストップしてはいけない。

頭が動いているときは、
手を止めても良いかもしれません。

でも、頭が動いていないときは、
手を止めてはいけないと思うのです。

「手が動いていないときは頭を動かす」
「頭が動いていないときは手を動かす」

必ずどちらかを動かし続けているのが、

腕を上げるためにも、
必要なことだと思うのです。

絶対にやっちゃいけないのが、

「頭も手も動かしていない」
という状態だと思っています。

これは完全なる「思考停止」ですよね。

この状態に陥ると、
人は何も進歩しなくなります。

そうなったら、もう何もできません。

新しい発見も何も生まれないので、
「まっ、現状維持でいいかw」
という甘えた発想に繋がるんですよね…

 

楽じゃない…

いつだってそうです。

僕が何かを書いたり話したりするときは、
その裏で何時間も準備をしています。

四季報オンラインの記事にしたって、

一記事を仕上げるために、
最低でも3〜4時間は相場の分析をしていますし。

普段書いているメルマガもそうだし、

動画セミナーも、
ポッドキャストも同じです。

血と汗と涙の結晶です。本当に。(;´д`)

利益につながる着想を得るためには、
こういう地道な作業が大事だと思うんですよね。

地道に、地道に。

一生、試行錯誤の繰り返しです…。

これは、僕の座右の銘でもあります。

「試行錯誤」

人生まさに、、、
試行錯誤の連続だと思うんだよなぁ…

– 中原良太

 

PS

2月15日(水)に、東京でセミナーを開きます^^@
普段は取り上げられない、裏話もする予定です…笑

ぜひぜひご参加下さい!

https://info.monex.co.jp/ts-info/seminar/20170126_01.html