ネット社会の副作用

ネット社会の副作用
ネット社会の副作用

あらゆる意思決定の「裏」には、、、

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

Eメールだとか。
電話だとか。

最近、「人と顔を合わせず」に、
ないしは「声を聞く必要もなく」

色々なものが手に入るようになりましたよね。

むかーしむかしは、
電話なんてものは存在しなくて、

何かを手に入れるため、
会話をしなきゃいけなかったり、

絶対に人と人が、
会わなきゃいけなかったでしょう。

メルマガ読者の中には、
そういう経験をなさった方も、
いるかと思います。

今でこそ、携帯電話が普及して、
LINEだとかSkypeが使えますけど。

むかしは、そういうものすらなかった訳です。

 

人間が見えなくなってきた

技術の進歩は凄いもんで。

今の世の中では、
一度も顔を合わせたことがない人ですら、
「Eメール」だとか「ブログ」だとか。

そういうもので、会話できるんですよね。

一方、人の顔が見えなくなったせいで、
「匿名性」も引き上がってきました。

それに加えて、
相手の顔を見られないぶん、
「他人を理解」できない人も増えました。

中には、心ないことを書く人も居ます。

きっと、「相手の顔が見えない」から、
そんなことをしてしまうんですよね。

そういう意味では、昔と比べて、
冷たい世の中になったのかもしれません。

人と人との繋がりが薄れてきたぶん、

人情味のある人が減り、
淡白な人が増えてきているのかも。

ある種、、、
インターネット社会で避けて通れない、
副作用のようなものなのでしょうね。

 

取引相手は常に人間

この話は株取引にも通じています。

むかしは人と人とが顔を合わせて、
「買った」「売った」と取引していたものが、

気づけば取引所が仲介するようになり、
気づけばネットで1クリックで取引できるようになり、

日に日に、
取引相手の顔が見えなくなってきました。

ですが、、、

どんなに時代が変わっても、
「取引の相手はいつも人間なんだ」
ということは、忘れちゃいけないと思うのです。

結局、株式投資というのは、
「周りの投資家が株を買いたいと思うか」
投資家の心理に依存するものです。

 

数字だけを見ていてはダメ。

ですので、、、

正直なところ、
「何も考えず、機械的に…」だとか。
そんなことを考えていては、

利益など出せっこないと思うのです。

この言葉尻だけ捉えると、
僕らシステムトレーダーの考え方と、
矛盾しているようにも見えますが、、、

そうではありません。

システムトレードそのものに、
「投資家心理による傾向」を組み込むべきだと。

僕は、そう言いたいのです。

なんとなーく、
検証結果が良好だったから、
その通りにするとか。

そんな、数字だけの話では、
どうにもならないと思うのです。

じっさい、その程度の理解では、
投資戦略は使いこなせません。

ほんの少し損をしただけで
「ひえ〜〜〜、こわい!」
と怯えてしまい、

すぐに匙を投げてしまうでしょう。

逆に、、、
「下落相場では、含み損を抱えてる投資家が多い」
「株を買うことそのものに恐怖を感じるはず」
「だから、株を買うときには・・・」

などなど。

投資家の心の動きを理解した上で、
それを投資戦略に組み込むと。

そうすれば、
取引相手が人間である限り、
利益は出し続けられると思うのです。

何より、裏に現実的なストーリーがあるので、
自信をもって取引できるはずです。

「そういう仕組みで、利益を出せるのか!」
と、合点がいくでしょう。

そうやって初めて、
損をしても挫けず取引できるだけでなく、
投資戦略そのものに筋が通るのだと思うのです。

 

あらゆる意思決定の「裏」には必ず人間がいる

結局、人間相手なんです。
だから、人間を理解してる人が勝つ。

それだけのことだと思うのです。

高度な経済知識やら、経営学やら、
そんなものは氷山の一角で、、、

「結局、その出来事に対して、投資家はどう反応するのか?」

この一点が理解できて、
初めて利益を出せると思うのです。

どんなに僕らの経営知識が豊富で、
「どう考えても、この報道は買い材料だ!」
という材料があったとしても、

他の投資家がそう捉えなければ、
全く機能しません。

むしろ、損をすることすら、
あり得るでしょう。

結局、あらゆる意思決定の裏には、
必ず人間がいるんです。

ですので、、、

「周りの投資家達の視点」が見えなければ、

どんなに知識を使おうと、
いくらデータをこねくり回しても、

無意味なんだよなぁ…。と。
最近、そう思って止まないのです。

僕ら「システムトレーダー」と聞くと、
機械的な印象がなかなか拭えないのですが…

結局は、人間理解が全ての根幹だと
そう思うんですよね〜。

これを勘違いしてしまうと、
痛い目を見ると思うのです。

僕自身、それで痛い目を見ているので、
「気をつけなきゃなぁ。」と、
そう思うんですよね〜〜。

– 中原良太

 

PS

投資家心理に基づいた、効果実証済みの投資戦略。それを、この本にまとめました。

http://amzn.to/2gqXT9J