年末年始の投資戦略

年末年始の投資戦略
年末年始の投資戦略

年末は順張り、年始は逆張り?

From: 中原良太
東海道線の車内より、、、

今日は天皇誕生日。
せっかくのクリスマス3連休なので、

これからゆっくりしたいという方も、
沢山いるでしょう。

だから、短めに済ませます。

今日はこれから、
年末年始の相場に向けて、
大切な話をしようと思います。

 

年末は例年上昇しやすい

以前、とある記者に頼まれて、
「株式投資カレンダー」を作ったときのこと。

僕は月別、曜日別、日別の、
相場の動向を全て調べ上げました。

たしか、これを調べるだけでも丸2〜3日ぐらい、
かかったかもしれません(;´Д`A

そのとき。

僕は、年末の相場動向を見て、
かなり驚いた記憶があります。

自分で作ったカレンダーを分析してみると、

例年、日本株は天皇誕生日を境に、
強烈に上昇しやすい傾向があったのです。

たしか、一年の中でもトップクラスで、
上昇しやすい時期だったと思います。

ですから、これからの時期は
(統計的に見て)良い株の仕込みどきだと思います。

僕らシステムトレーダーにとっては、
逃せない時期でもありますね(о´∀`о)

ちなみに、年末年始の攻略法については、
僕個人的にも持論があって、、、

 

年末は順張り、年始は逆張り?

これはまだアイデアの段階の話なのですが、

僕個人としては、
「年末と年始で狙うべき株を変えるべき」
だと考えています。

具体的に言うと、
「年末は順張り」「年始は逆張り」
が有効なんじゃないかなぁと思っています。

これには、「節税対策の損切り」が、
密接に関わっていると考えられます。

年末は、確定申告の締め日が近づくため、
「節税目的」の損切りが集中しやすい。

そんな時期だと考えられます。

つまり、
「下落株が、さらに下落しやすい時期」
と言えるでしょう。

言い換えると、年末は、
「逆張りをやってはいけない時期」
だと言えるでしょう。

消去法で考えると、
順張りするのが無難な時期なのです。

一方、年始に入ってからは、
節税売りも、ひと段落つきます。

ですから、年始は
「下がり過ぎた株を仕込むチャンス」
になりやすいと思うのです。

…とまぁ、こんな具合に、
「年末は順張り」
「年始は逆張り」
と。

そうやって攻めるのが有効な気がしています(о´∀`о)

 

なんにせよ、、、

なんにせよ、これはまだアイデア段階の話です。

あなたほどの実力があるなら、

僕の話を鵜呑みにすることなく、、、
「とりあえず、バックテストしておこう」
となるはずですよね笑

相場で、人の話を鵜呑みにすることほど、
怖いことはないですからねー(;´Д`A

結局、自分で考えない人が、
ババを引く世界なので…(;´Д`A

今日の話を、活かすも殺すも。
全ては、あなた次第です。

早速、バックテストしてみてはいかが?

– 中原良太

 

PS

堅実なのに、野心的。そんな方は、この本を読むのがオススメです。

http://amzn.to/2gqXT9J