少し気を抜いてしまいました(´;ω;`)

少し気を抜いてしまいました(´;ω;`)
少し気を抜いてしまいました(´;ω;`)

安心したからなのかもしれません。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

いま僕は風邪を引いています。

家族のごたごたやら、
本の執筆やら。

大変なことがひと段落したので、
安心したからなのかもしれません。

緊張している時って、
風邪を引きづらいですからね(;´Д`A

今まで背負っていたものに決着がついて、
きっと、緊張が解けたのだと思います。

 

咳と鼻水がひどいので…

それにしても、
風邪を引くなんて半年ぶりです。

最近はずっと健康だったので、
少し気を抜いてしまいました(´;ω;`)

久々に「あぁ、体調悪い!」と思う
風邪を引いています笑

喉が腫れ、咳が止まらず…

鼻水も溢れてくるので、
ティッシュが手放せません。

放っておくと長引きそうなので、
今日は病院に行こうかな〜…。

 

面倒臭いなぁ…

「面倒臭いなぁ…」
「行きたくないなぁ…」

病院に行く直前。
僕はいつも、グチを漏らします。

「そこまでして薬をもらうべきなのか?」
「自然治癒が一番身体にも良いって言うじゃないか!」

などなど。

思いつく限りの
「病院に行かなくても良い理由」を考えます。

…まるで、幼稚園に通う駄々っ子のようですね苦笑

一度こんなことを考え出すと
どんどん腰が重くなる。

 

病院が嫌い!!!!!

あぁ、嫌だなぁ。

僕は根っからの病院嫌いです。

あの暗〜い空気が、どうしても馴染めない。

ついつい、足が遠のいてしまうのです。

だからといって、
風邪を放置しておくわけにもいかない。

放置しておけば、症状が悪化するかもしれない。

悪化しなくとも、今みたいな辛い状況が続いてしまう。

風邪を引くと、僕はいつも
頭の中でこんな葛藤をしています笑

そして、何分か悩んだ末、
いやいやながら、重い腰を上げるのです。

・・・
・・・
・・・

実際に病院へ行ったら、
なんてことは無いんですけどね。笑

 

天使と悪魔

病院には行きたくない。
でも、行かなきゃ仕事でも迷惑がかかる。

こういうとき、
僕は自分で自分を説得しようと試みます。

あれです。
天使と悪魔の葛藤みたいな。

僕の中の悪魔は、
「良いじゃねぇか。病院なんか行かなくたって!」
と甘い囁きをしてくるのですが、、、

僕の中の天使が、
「病院に行かないと、ずっといまみたく辛い症状が続くんだよ!?」(=今のままだとヤバい)
「風邪が治ったら、土日も楽しく過ごせると思うよ!?」(=風邪を治すと良いことがある)
と、僕を正気に戻してくれる。

なんとか天使の言葉を信じて、
やっと重い腰を上げることができるのです。

 

自分を奮起する方法

こんな感じで、僕は自分で自分を奮起させ、
やっとのことで病院へ行きます笑

やっていることは、
褒められたもんじゃないですが。

これ、結構有効なんですよ〜!

特に僕が意識しているポイントは、

「今のままだとやばい(損失主導)」
「解決するとこんな良いことがある(利益主導)」
と、2つの観点で物事を考えるという点です。

特に僕の場合は、
「今のままだとやばい」という考え方は、
強烈なモチベーションになるようです。

「このまま風邪が長引くとインフルエンザにかかるかも」
「それか、肺炎になるかも」
「そうなれば、楽しく年末を過ごせないかも」

などなど。

恐怖につながる連想をすることで、
自分自身を奮起できるんですよね〜。

 

投資家が株を買う2つの理由

実はこれ、僕は株にも応用できると思っています。

つまり、投資家には、

「いまこの株を買わなきゃヤバい!」
「いまこの株を売らなきゃヤバい!」

といった損失主導のモチベーションと、

「いまこの株を買えば、利益を出せそう!」
「いまこの株を売れば、利益を出せそう!」

といった利益主導のモチベーションです。

特に、損失主導のモチベーションは、
投資家の行動を促す、強烈な材料になりそうですね。

そんなことを考えながら、
「何か、投資戦略に応用できないか?」
と考えるのです。

上手くいけば、けっこう良い投資法が編み出せるんですよねー。

結局、、、
こうやって地道に投資家の思考回路を理解するのが、
トレードで利益を出す、一番の近道だと思うのです。

– 中原良太

 

PS

新しい本、出ました!

https://goo.gl/nhpXhR