インバースETFは買うな?!

インバースETFは買うな?!
インバースETFは買うな?!

インバース(inverse)とは「逆の」「反対の」という意味の英単語です。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

こないだトレーダーの方と、
電話で話していた時のこと。

面白い話題になりました。

僕自身、まだ気づいていなかったことですし、
けっこう役に立ちそう。

あなたにとっても役立つと思いましたので、
今回はその話を共有します。

テーマはずばり、「インバースETF」です。

 

インバースETF

インバース(inverse)とは、
「逆の」「反対の」という意味の英単語です。

インバースETFは、
経済指標と逆行するETFとして知られています。

「日経平均が上がると価格が下がる」ものを
日経平均インバースETFと呼び、

「TOPIXが上がると価格が下がる」ものを
TOPIXインバースETFと呼びます。

諸事情で空売りがやりたくない・できない方は、

相場下落時のリスクヘッジのために、
インバースETFを買っていることが多いですね〜。

 

インバースETFは逆張りに向かない?

インバースETFは、
リスクヘッジのために使われることが多いです。

つまり「空売りの代わり」に使います。

本来の目的が空売りの代用であるうえ、
「ほぼ必ず相場に逆行するETF」なので、
使い方を間違えると、痛い目を見ます。

ここからが面白いところ。

とあるトレーダーの方と
「逆張り買い戦略」について議論していたとき。

バックテスト結果を眺めてみると、
インバースETF単独の成績が極端に悪かったんです。

つまり、個別株を買うのと同じ要領で、
インバースETFを逆張りしても、
なかなか良い成績が出ないと。

…まぁ、そりゃそうですよね。
チャートの上がり方と下がり方は違いますから。

「インバースETFを逆張り買いする」ときは、
通常、個別株を逆張り買いするテクニックは
通用しないのかもしれません。

むしろ、インバースETFは
ほぼ必ず相場と逆行する指標なので、

インバースETFを「逆張り買い」をするときには、
「逆張り売り」と同じ要領で取引すべきなのかも。

 

不要なリスクを避けるためにも…

何かしらの売買ルールを作るとき。
一度は、インバースETFのトレード履歴を、
取ってみると良いかもしれません。

成績が芳しくないようだったら、
取引対象から外すのも1つの選択だと思います。

インバースETFを買いたい方は、
専用のルールを作った方が良いでしょうね〜。

– 中原良太

 

PS

なかなか思い通りに利益を出せない…という方は、実力が無いのではなく。「コツ」を知らないだけなのかも。この本に、利益を出すための6つのポイントをまとめました。

http://goo.gl/s6kHkc