ふえる貯金箱(お金が自動的に増える)

何が起きても死なないポートフォリオ?
ふえる貯金箱(お金が自動的に増える)

ほとんど変わらないのに、なんなのだろう。この違いは。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

15年ぐらい前のこと。

我が家でブームになった、
テレビ番組がありました。

その名は
「週刊ストーリーランド」

視聴者から寄せられた物語が、
アニメになって放送されるという番組でした。

アニメの短編集ですね。

世にも奇妙な物語の、
アニメ版とも言えそうです。

当時はインターネットも普及してなかったので、
テレビ番組が、僕らの唯一の娯楽でした笑

もちろん、外で遊んだり、
ゲームをしたりするのも楽しかったのですが、

テレビの楽しさには敵いませんでしたね。

その「週刊ストーリーランド」は、
数ある番組の中でも僕らのお気に入りでした。

毎週毎週が面白く、
いつも、家族全員で楽しみにしていました。

当時はDVDなんてものは普及してなかったので、

毎週、ビデオテープの3倍録画で、
放送を録画したものです。

 

謎の老婆

この番組の中でも、
定番になっているアニメがありました。

それは「謎の老婆」が出てくるシリーズです。

退職、離婚、借金、病気。などなど。

何かしらの暗い背景を背負った主人公が、
トボトボと街を歩いていると…。

占い師のような見た目の、
謎の老婆に出会うのです。

彼女はいつも摩訶不思議なものを売っています。

すすんでいる新聞受け(未来の新聞が届く)
おわらない財布(お金を使ってもなくならない)
ふえる貯金箱(お金が自動的に増える)

などなど。

深い闇を抱えつつも欲深い主人公たちが、
こういったグッズを使うことで、
人間としてダメになっていく物語です。

なんだろう、
「宝くじに当たると人間は不幸になる」的な。
そんな、皮肉に満ちた物語でもありましたね。

不思議なもんで、
みんなそういう物語が好きなんですよね。

「ラクしようとしてると、痛い目見る」と。

 

ラクして◯◯できる

僕もこういった系の話は大嫌いで、
「ラク」っていう言葉を聞いただけで、
胡散臭さを感じてしまいます。

なんでだろう。
もうこれ、条件反射なんですよね。

「ラクして◯◯できないかなぁ〜」
(怠けたいなぁ〜〜〜〜〜)
という言葉を聞くと、

無条件にイラッとしてしまう。

同じ人種になりたくない、と。
そう思ってしまうのです。

ほんの少し言葉を変えて、
「効率良く◯◯できないかなぁ〜」
だったら、何も感じないんですけどね。

むしろ、好感すらします。

不思議だよなぁ。

ほとんど変わらないのに、
なんなのだろう。この違いは。

 

短期志向と、長期志向

これは僕の偏見なのですが、
「ラクして◯◯したい」(怠けたい)という人ほど、
短絡的で、短期志向のことが多い気がします。

逆に、「地道にコツコツやろう!」と言える人は
計画的で、長期志向な場合が多い気がします。

多分…ですが。
僕は短期志向のひとが嫌いなのです。

たいていの場合、
「ラクして◯◯できる」なんてものは、
何度も繰り返し使えるものではありません。

短期的にお金を稼げたりなど、
そういうことはあるかもしれませんが…。

長期的に見ると、
「堕落する」「金遣いが荒くなる」
などなど、

マイナス部分が大きく膨らむ気がするのです。

逆に、「コツコツ地道に努力しよう!」
と考える人の場合は、

長期的に見れば、努力しているぶん、
人としての器も大きくなっていると思うのです。

堕落することも無ければ、
節制を怠らないと。

多分ですが、
僕はこういう長期志向に惹かれるのだと思います

それと同時に、無意識のうちに、
「短期志向の人」から遠ざかろうとするんです。

「怠けたい!」はダメで、
「効率を上げたい!」はOK

前者は頭を使うことに消極的ですが、
後者は頭を使うことに積極的です。

伝えるのが難しいのですが、
僕はそういうことだと思うのです。

– 中原良太

 

PS

長期的に利益を出し続けるためには、4W2Hという6つのポイントを意識するのが大切です。その全てを、この本でご紹介しています!

http://goo.gl/s6kHkc