[上級者向け]イザナミのランキング機能にOR条件を組み込む方法

[上級者向け]イザナミのランキング機能にOR条件を組み込む方法

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
[上級者向け]イザナミのランキング機能にOR条件を組み込む方法

久々に、かなりマニアックな話をします。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

どうやら、僕のメルマガを読んでくれてる方は、
システムトレード・マニアの方が多いです。

いろんなソフトを使ってる方がいるので、
特定の検証ソフトについて話をするのは、
少々気がひけるのですが…汗

それでも、
イザナミを使っている、
熱心なシステムトレーダーの方なら、

きっと気に入っていただける内容なので、
少し、上級者向けの話をしようと思います。

本当にマニアックな話なので、
イザナミを持っていない方は、
読んでも何の役にも立ちません笑

あらかじめ、ご了承くださいm(_ _)m

 

ランキング機能の弱点

以前、僕は
「イザナミを使うときはランキング機能が大事!」
という話をしました。

これはこれで大事な話だったので、
ぜひ読んでいただきたいのですが…。

イザナミのランキング機能には、制限があります。

それは何かというと、ランキング機能を使うと、
「OR」の機能が使えなくなってしまうのです。

つまり、
「AあるいはBを満たしたら、株を買う」と、
そういう条件を組むのが難しいのです。

そもそも、ランキング機能の画面では、
AND条件しか入力できないようになってます。

ですので、取引対象を増やしたいときには、
かなり苦戦を強いられることになります(;´д`)

それもあって、、、
ランキング機能を敬遠している方も、
そこそこ居るみたいですね〜〜。

 

ランキング機能でORを組み込む方法

実は、ランキング機能でOR条件を組み込むのは、
不可能ではありません。

ちょっとだけ工夫すれば、
組み込むことは可能です。

ただし、やや複雑なことをするので、
混乱を招くおそれもあります。

ですので、、、
使い方には気をつけた方が良いでしょう。

具体的に、
「どのように組み込めば良いのか?」
というと、ユーザー定義指標を使います。

例えば、、、

「前日比(率)が+10%以下」
あるいは
「始値→終値が+5%以下」

という条件式を作りたい場合。

そんな場合は、新しい指標Aを、
以のように定義してあげます。

指標A…
「前日比(率)÷2と始値→終値の小さい方」

そして、この指標を使った条件式を、
ランキング機能に、以下のように追加します。

「指標Aが+5%以下」

こうすることで、ランキング機能の中でも、
擬似的にOR条件を使うことができます。

 

多少、無理矢理だが…

今回は、2つの条件式を
OR条件で組み合わせる方法をご紹介しました。

もちろん、2つだけでなく、
OR条件を3つ重ねたり、
4つ重ねたりすることも、可能です。

ORの下に、ANDを入れるとかになると、
ランキングを複数作る必要があるので、
それはそれで大変そうですね(´-ω-`)汗

僕はもうすでに取り入れてますので、
その方法については、また今度、
ご紹介できたらと思います。

なんにしろ、、、
使い方としては、
多少無理矢理なところがあるかもしれません。

ですが、これを使いこなすだけでも、
大分成績改善に役立つと思いますよ!

イザナミを使いこなしたいという、
システムトレード・マニアのあなた。

これを機会に、
一度ランキング機能を使ってみては?

– 中原良太

 

PS

基本的な3つの売買ルールは、欲しくありませんか? 順張りと逆張りと押し目買い。3つの基本的な投資戦略を、この1冊に収録しました。きっと、あなたのお役に立つと思います。

http://goo.gl/s6kHkc