ぁぁ、またやっちまった!!!泣

ぁぁ、またやっちまった!!!泣
ぁぁ、またやっちまった!!!泣

こだわり過ぎ

From: 中原良太
横浜のドトールより、、、

ぁぁ、またやっちまった!!!泣

今日は、自分自身の失敗を戒めます。

僕はいま、新しい本に挿し込む、
図表を描いているところです。

僕はこういう作業が大好きで、
やり始めると没頭してしまうんですよね。

「こっちは円グラフにして…」
「あっちは散布図が良いな…」
「そっちはフローチャート…」

などなど。

概念をいろんな図に落とし込む作業が、
とても面白いのです。

小細工が好きなので、
ついつい細かいところまで拘ってしまうんです。

それもあり、、、
また失敗してしまったんですよ。

何をやらかしてしまったかというと…

 

こだわり過ぎ

僕は1つのことに集中すると、
周りが見えなくなります。

図表を描いているときには、
他のことは一切、頭に入りませんでした。

「ここは、こっちの方がわかりやすい!」
「あっちは、こういう表現にしよう」

など。推敲に推敲を重ねているので、
いつまで経っても1ページが完成しないのです。

そのせいもあり、、、
気付けば締め切りの前日になってしまいました。

今日中に書かなきゃいけない図表は、20枚。
今までに終わっている図表は、3枚。

これはやらかした…!泣
こだわり過ぎて、全然進んでない…!泣

今思い返してみると、
同じような失敗を26年間、
ずっと繰り返してきた気がします(;´д`)

成長してないなぁ…自分。
「こだわり過ぎ」、直さないとなぁ…。

 

投資での「こだわり過ぎ」

「こだわり過ぎ」は、
投資にもつきまといます。

細かいところにばかり捕らわれてしまって、
ついつい全体像を見失ってしまうのです。

「もうちょっとだけ、デイトレを研究したい!」
と思ってしまうと、

他のものを一切見なくなってしまうのです。

1つのものを極めることはできるのですが、、、
なかなか、オールラウンダーになれません。

「デイトレ」
「逆張り」
「押し目買い」
「逆指値」
などなど。

こういったものはとことん研究しているので、
普通の人よりは詳しい自信があるのですが…。

他の「順張り」「サヤ取り」などには、
まだ弱いんですよね。

こういうのを勉強すれば、
すぐに成績が向上するのは分かっているのですが…。

 

成長の2段階

これは僕の私見ですが、、、

何かの成績を向上するときには、
大まかに2つの段階があります。

第1段階は
「ニガテを克服する」ステージです。

たとえば、
「上昇相場がニガテ」
「下落相場がニガテ」
「順張りがニガテ」
「逆張りがニガテ」
といった、ニガテ部分を克服していく段階です。

ニガテなことに挑戦する分、
あまり楽しくないことが多いのですが…。

その代わり、克服できたときの成績向上は、
何よりも勝ります。

試験で言うならば、
「0点を50点に引き上げる作業」ですね。
これが、一番得点を上げやすいと思うのです。

僕は、これができなかった!

「ニガテなものは放置しておいて、好きなことだけやりたい!」と。

そう言って、
ずっと数学しかやりませんでした苦笑

だから、他の教科はボロボロだったなぁ(;´д`)泣
いまも、全く変わりません。
本当、偏っています。

第2段階は、
「得意を作っていく」ステージです。

これは、「50点を100点にまで近づける」こととも言えますね。

まぁ、投資に100点など無いので、
「出来る限り、最高のレベルになる」
という表現の方が正しいかもしれません。

「他の人に出来ないことを、できるようになる」
というのが、このステージですね。

「職人になる」
「手に職をつける」
という表現が、適しているかもしれません。

僕は、これが得意なんですよね。笑

全部ができるオールラウンダーにはなれませんでしたが、
「得意な数学だけ、クラスで一番になる」
ことはできました。

これができると、周りの人からは、
「詳しいね! すげー!!!」
と褒めてもらえます笑

でも…
「ニガテの克服」ほどは、
成績が伸びてくれません(;´д`)汗

これは「収穫逓減の法則」とも言うのですが、
「できることを、さらにできるようになる」
というのは、かなり難度が高いんですよね。

難度が高い分、時間もかかります。
時間がかかる割に、伸び率は小さいんですよね。

だからやはり、
最初は「ニガテを補う」というのが、
一番実力が伸びる気がするのです。

何かに上達したいときには、
「細部にこだわること」も大切ですが、
「やってないことへの挑戦」も忘れてはいけません。

辛いことをやってるときが、
人間、一番伸びるんですよねー。

個人的には、
「今まで一度もやったことない分析をする」
のがオススメです。

本当に、全く検証したことないことを調べていく。すると、今まで思いつきもしなかったことが、分かってきます。

新しい発見も増え、
新しい投資法も身につきます。

不思議なもんで、ニガテを克服すると、
得意なものも更に伸びていくんですよねー。

思考の幅広がるからなのかもしれません。

僕自身があまり実践できていないので、
反面教師なのですが…。

まずは自分から。
ニガテを克服することから、始めなきゃなぁ…。

– 中原良太

 

PS

「基本的な6つの投資法を知りたい!」という方は、この本がオススメです。

http://goo.gl/s6kHkc