地獄の3連休(*_*)

地獄の3連休(*_*)
地獄の3連休(*_*)

10日までに原稿出さなきゃ、、、

From: 中原良太
自宅の布団の中より、、、

はぁ…。憂鬱だ。
布団から出たくない。

だって起きたら、
本の原稿を書かなきゃいけないんでしょ?

締め切りは今日の夜。
にも関わらず、原稿は全然進まないんだもの。

もう、無理じゃね?汗

布団の中で、
ぽちぽちゲームをやってる場合じゃない。

信長の野望で、天下統一してる場合じゃない。

もう9時だ。
締め切りまで、15時間しかない。

起きなきゃ…。

・・・
・・・
・・・

これ、こないだの月曜の朝の僕です(;´д`)

出版社の人から、
「10日までに原稿出さなきゃ殺すぞ(´・ω・`)」
的な事を言われたので、

泣く泣く3連休を返上して、
ひたすら本を執筆していたのです。

若造に反論することなどできません。
しょせん、彼らの奴隷なのです。

気の休まる瞬間は殆どなく、
ほぼ白紙の原稿用紙を目の前に、

「うーん、うーん」
と頭を抱え続ける日々でした。

 

3日で執筆が進んだページ数

この3日間は家の中で缶詰になり、
ひたすら執筆を続けました。

書いても書いても、全然終わらない。
もう、地獄のような3日間でした。

周囲の人とコミュニケーションを取ることもなく
パソコンのモニターと格闘を続ける日々。

「この3日間だけで、
視力が1.5ぐらい落ちたんじゃないか?」

と思うぐらい。

ずーっとモニターを眺めて、
キーボードを叩き続けました。

そのおかげもあり、、、
この3日間で、50ページ分くらいの原稿を書くことができました!

(編集さんに削られるので、きっと半減するでしょうが汗)

いやぁ、凄い。

今までこんな勢いで、
文章を書いたことは一度もありませんでした。

3連休の時間。
地獄のように辛かったけれど、
頑張った甲斐があったなぁ。

まだ書くべき原稿は残っているものの、
大きく進んだことに変わりありません。

 

締め切り効果

何より感じたのは、
「締め切りって凄い!」ということですね。

締め切りがあると、人間頑張れるものです。

「10月10日までに原稿を全部完成させろ」
なんて無茶振りも

達成はできなかったものの、
かなり進んだことには変わりありません。

多少無茶なことでも、
締め切りがあれば何とかなる。

世の中、そんなものだと思うのです。

締め切りがあるから、
「◯日までに成果を出さなきゃ!」
と、頑張れるのだと思うのです。

 

◯日以内に利益を出さなきゃいけない

実はこの考え方、株でも応用できます。

つまり、、、
「◯日以内に利益を出さなきゃいけない」
というように、

利益を出すことそのものに、
締め切りを設けるのです。

そうすると、その締め切りから逆算して、
投資すべき銘柄が決まってきます。

たとえば、、、
「5日以内に利益を出さなきゃいけない」
とします。

5日で利益を出すってのは、
そこそこ期間が短いですよね。

この期間内に利益を出すためには、

株価が急に安くなった株だとか。

今すぐ反発しそうな株を
買わなきゃいけなさそうです。

期間も短いので、
できるだけ値動きの軽いものが良さそうです。

ということは、新興株を狙った方が有利かも?

…といったように、ですね。

締め切りを設けると、
それに伴って、買うべき銘柄の像が、
明らかになってくると思うのです。

「締め切りがあると、逆算思考ができる」

とでも言いましょうか。

締め切りがあって、
ひとは初めて逆算できるようになります。

裏を返せば、、、

締め切りが無ければ、逆算できません。

そうなると、選ぶべき銘柄像なども、
あやふやになってしまいますよね。

これでは、利益を出せないでしょう。

だからこそ、
締め切りは、株でも大事だと思うのです。

– 中原良太

 

PS

利益を出すための方程式は、とてもシンプルです。その全てを、この本でご紹介しています!

http://goo.gl/s6kHkc