悔しい!!!!!∑(゚Д゚)

悔しい!!!!!∑(゚Д゚)
悔しい!!!!!∑(゚Д゚)

タイムスパンに応じて、適切なダイエット法は違う

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

こないだ。

ついに、、、
ダイエット大会の
結果が発表されました。

周りのライバルたちの成績はかなり高く、

なんと、1ヶ月半の短期間で、
6キロ以上も痩せた方が続出したのです。

それに比べて、、、
僕が痩せたのは、4.5キロだけ。

まさに、惨敗という結果になりました(´Д` )

週4回プール行って、
スープダイエットに励んで、
それでも4.5キロしか痩せなかったのに…。

あの人たちは、一体どうやって痩せてるんだ!(´Д` )

…というか、一ヶ月半で7.7キロは痩せすぎでしょ!
そこまで痩せられる理由が分からない!(´Д` )

悔しい!!!!!∑(゚Д゚)

 

悔しかったので、種明かししてもらった

あまりに悔しい。

こんなに頑張ったのに、
勝てなかったことには納得できません。

何が、こんな大きな違いを産んだのだろう?

悔しくてしょうがない僕は、
参加者の皆さんから、ダイエットの秘訣を教えてもらうことにしました。

すると、、、

「夜には、サラダしか食べなかった」
「週末には15キロのランニングをした」

などなど。

今までは教えてくれなかったような努力を、
水面下で繰り広げていたようなのです。

中でも、「締め切りに応じてダイエット法を変える」という作戦には、度肝を抜かれました(´Д` )

 

タイムスパンに応じて、適切なダイエット法は違う

中でも特に戦略的にダイエットしていたのは、
取引先のダイエット隊長・Hさんでした。

彼は、締め切りまでの期間に合わせて、
ダイエット法を柔軟に切り替えていました。

たとえば、、、

締め切り一ヶ月前の期間は、
「腹筋と太ももに筋肉をつける」期間だったらしい。

この2つの筋肉は、身体の中でも特に大きな筋肉らしく、カロリー消費も大きいのだとか。

だから、まずは「痩せやすい体づくり」に専念していたのだそう。

その頃の彼の口グセは、
「筋肉は、破壊と創造だ!」でした。

言われてみれば、この頃から、
だんだんと身体ががっしりしてきた気がします。

それと同時に、
「胃を小さくする」ことにも専念していました。

日頃から食べる量を減らし、
「食べなくても元気でいられる身体づくり」
を目指したのだとか。

もちろん、栄養を取らなかった訳ではなく、
「必要最低限だけで、満足できるようにした」
らしいのです。

このときは、Hさんはまだ1キロも痩せていませんでした。

むしろ、筋肉がついていたので、
少し体重が増えてたかも。

しかし、、、
「勝利」へは、着実に近づいていたようなのです。

・・・
・・・
・・・

僕のように、
がむしゃらにスープ飲んだり、
がむしゃらに泳ぐだけではダメなようです。

もう、1ヶ月前の時点で、
大きな差を付けられていたってことですね(´Д` )

完全に、作戦で負けた気がします…汗

・・・
・・・
・・・

Hさんが凄いのは、これだけではありませんでした。

少食と筋トレがひと段落したら、
彼は、「痩せやすい体質」を手に入れました。

彼はそこから、本格的な食事制限に入りました。

つまり、徹底的な糖質制限に取り掛かりました。

ご飯は、食べない。
食べるのは、ほぼ野菜と鶏胸肉だけ。

そうやって、摂取カロリーを確実に削減したそうなのです。

話を聞くだけだと、
「ものすごく意志が強い人なんだなぁ」
と思われるかもしれませんが、、、

別に、そんなことはありませんでした。
彼も、普通の人間です。

糖質制限をしていた頃は、

「集中力が…! 切れそうだ…!」
「甘いものを…! 甘いものを下さい…!」

と、嘆いていたことが幾度とありました。

彼の凄いところは、
それでもやり遂げたところにあると思います。

そして、結果発表直前。

ついに彼は、
「身体の水分を減らす」という最終手段に出ました。

何も食べない。
水を飲まない。

体重測定の前には、軽い運動をし、
サウナに出かけるほどの徹底ぶり。

「早く体重を測ってくれ…! 喉が乾きすぎて死にそうだ…!」

と。彼はこうボヤいていました。

 

タイムリミットに応じて、方法を使い分けろ!

いかがでしょう?

Hさんのストイックさ。
戦略的な思考。

ダイエット大会で、まさかこんなに能力差を見せつけられるとは思っていませんでした。

いやぁ、
やっぱり皆、凄いなぁ。

ちなみに、、、

「タイムリミットに応じて方法を変える」
というのは、

僕ら投資家にも応用できる、大事な作戦です。

それこそ、、、

「1年以内に利益を出したい」
「1ヶ月以内に利益を出したい」
「1日以内に利益を出したい」

などなど。

設定しているタイムリミットは、人それぞれ違うことでしょう。

これに応じて、適切な投資法も変わってくると思うのです。

1年以内に利益を狙うなら、だいたい全ての投資法が使えるでしょうが…。

「1日以内に利益を出したい」となると、
出来ることは全く変わるでしょう。

当たり前といえば当たり前のですが、、、

これを意識するか、しないかで、
パフォーマンスには雲泥の差が生まれると思うんですよね。

いかがでしょう?
あなたはこの作戦について、どう思いますか?

ダイエット大会で負けた僕には、
良い作戦に見えるのですが…

– 中原良太

 

PS

柔軟に投資法を使い分けるには、「4W2H」というポイントを押さえるのが最短経路だと思います。詳しくは、この本で解説しています!

http://goo.gl/s6kHkc