優れた少数派に欠かせないもの。

優れた少数派に欠かせないもの。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
優れた少数派に欠かせないもの。

心臓に毫毛を生やす

From: 中原良太
横浜の喫茶店より、、、

優れた少数派になるのは、難しい。

学校では、勉強が好きな生徒は異色な扱いをされ
「勉強なんかより、ゲームをしようぜ!」
という甘い誘いが止まらない。

職場に入れば、最高の仕事をしようとしても、
「それだけの時間を取れない」
など、否定的な声がほぼ必ず存在する。

かといって、周囲の環境に甘んじてしまえば、
ただの平々凡々な人間になってしまう。

でも、、、
せっかく生きてるのに、
平凡なんて……ねぇ〜〜?汗

「出る杭は打たれる」なんて言葉がありますが、
本当に、その通りだよなぁ…と思います。

 

情熱と自信が要る

周囲の反対を押し切ってでも、
平々凡々な生活に妥協しないためには、

それ相応の負荷がかかります。

周囲の反対を乗り越え、
逆境を乗り越え、
不運を乗り越え、

それでもなお、努力し続けた人だけが、並々ならぬ成果を残すのだと思います。

…並大抵のことでは、乗り越えられません。

「何としても乗り越えたい」とおもう情熱と、
「自分になら必ずできる」とおもう自信。

このどちらも欠かせない存在だと思うのです。

 

逆張り。

「なんの話をしてるんだ、コイツは…」
と。そう思った方も多いと思います。

実は、今までの文は、
「逆張り投資」をするときの心構えについて語っていたのです。

…気づいた方、いましたかね?笑

逆張り投資で成功するためには、
超えなければいけないハードルが沢山あります。

「粉飾決算が明らかになった株を、ストップ安の中でも買う」
「リーマン・ショックで誰も株を買っていない時期に、自分だけ株を買う」

「ストップ安の株を見て、『これは、チャンスだ』と、心の底から思える」
「流行っているテーマ株を見ても、『良いなぁ…』とヤキモチすることなく、淡々とトレードを続ける」

などなど。本能に逆らった行動を、淡々と繰り返さなければなりません。

逆張り投資では、世の中とは全く逆のことをしなければなりません。

精神にかかる負担は、それこそ計り知れないものでしょう。

だからこそ、中途半端な目的意識や努力では、足りないのです。

つまり、、、

「何としても乗り越えたい」とおもう情熱と、
「自分になら必ずできる」とおもう自信。

この2つが決定的に足りなくなると思うのです。

 

心臓に毫毛を生やす

逆張り投資で優れた成果を残す人は、決まって心臓に毛が生えています。

世界一の投資家・ウォーレン・バフェットも、その一人です。

あまりに相場が悪いときに大量に株を買い付けるので、
「バフェットは狂っている」
と、メディアから取り沙汰されたことでも有名でふ。

そんなことがあってさえも、彼は一切動じませんでした。きっと彼の心臓には、毫毛が生えているのでしょう。

自分が株を買った瞬間、
家族や親友、仕事仲間が全員反対したことを想像してみて下さい。

…きっと、自信がなくなりますよね。

もし、システムトレードが無かったら。

僕も同じように、自信を失います。
きっと、ソッコーで株を手仕舞うでしょうね。

相当の情熱と自信がなきゃ、反対を押し切ってまで逆のことをしようとは思えないのです。

 

繰り返し利益を出すには、相当量の鍛錬が必要

そう考えると、逆張り投資ってのは、とにかく難しいんですよね。

やることはシンプルなのだけど…。
邪魔者が多い投資法なんです。

自分を信じられるだけの、根拠と努力。
逆境を跳ね返すだけの、情熱と夢。

こんなものが無いと、到底マスターできないらものだと、そう思うのです。

良い投資法を作るのは簡単でも…。
その裏にそれを突き動かす強力なエンジン(=優れた人間)が居ないと、到底使いこなせないでしょうね。

結局、、、
大きな利益を掴むためには、
自分の器を大きくしなきゃいけないと思うのです。

難しいなぁ。
いつまで経っても、勉強し足りないなぁ…。

– 中原良太

 

PS

自分の投資法に「自信」を持ちたいという方は、この本を読むのがオススメ。

http://goo.gl/s6kHkc