効率化の罠

ながら病

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
効率化の罠

「バックテスト→効率化」

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

「中原さん!聞いて下さいよ!」
「この投資法を使えば、きっと儲かります!」
「効率良くスクリーニングできるツール、知りませんかね?」

たま〜に、僕のメールボックスには、
こんな相談メールが届きます。

内容を要約すると、
「私の投資法、儲かりそうでしょ?」
「どうやったら効率化できますか?」
という内容です。

彼らが送ってくれる投資法は素晴らしいものが多いです。

「決算書の読み方」
「チャートの読み方」
「ニュースを使った投資術」

投資法は様々あります。

メールを送ってくれる方の投資法は、
僕も知らないような投資法ばかり。

送り主に自信があるのも、うなずけます。

僕自身、株式投資が大好きなので、この手の話には目がありません。

「ほう、そんなテクニックもあるのか」と。
心底納得することも多々あります。

やっぱり、メルマガ読者の皆さんは熱心な方が多いので、僕以上に利益を出している方も少なくないんですよねー( *`ω´)悔

負けていられないなぁ(´Д` )

 

ただし、気になることが1つ。

ただし、このメールを読んだ時に引っかかったことが1つありました。

それは、この部分。

「私の投資法、儲かり【そう】でしょ?」
「どうやったら【効率化】できますか?」

【】でくくった部分です。

これは、おそらくですが、、、

儲かり【そう】と、「そう」という2文字がくっついているということは、

メールを送ってくれた方は、まだその投資法の有効性を確認していないのだと思ったのです。

仮にバックテストをしていたら、

「儲かり【そう】」なんて曖昧な表現でなく、
「儲かった」と直球に表現すれば良いですからね。

そう考えてみると、、、

彼らの投資法は、感覚的には儲かりそうに「見える」ものかもしれません。

でも、まだ真偽のほどは分からない。
そんな状況だと思ったのです。

だったら、やるべきことは1つだと思うのです。

やるべきことは、【効率化】ではなく…
【バックテスト】なのではないでしょうか?汗

彼らの投資法は、高度なものが多いです。そんな経緯もあるので、なかなかバックテストをするのが、難しいのかもしれません。

でも、、、
これから数百万円、数千万円のお金を投入するわけです。そんな時に、「効果もよく分からない投資法」にお金を投入することほど、怖いことはありませんからね(´Д` )

下らないミスで大金を失ってしまっては勿体無い。だったら、10時間、100時間くらいバックテストに費やした所で、何ら惜しくないと思うのです。

ここを飛ばしてしまったら、思いつきでギャンブルやってるのと、何も変わりありませんもんね?(´Д` )汗

 

効率化の罠

最近はパソコンが高性能になり、色んなことが効率化できるようになってきました。

昔だったら、、、

手作業でチャートを書いたり、
手計算で投資法を分析したり、
指標を1つ1つ計算したり…。

途方もない努力の上に、投資法が成り立っていたんですよね。

でも、今は、
チャートは検索すれば見れますし、
計算や分析もエクセルや検証ソフトで何とかなります。

効率化なんて、いくらでもできるんですよね。

ちょっとしたプログラムを作ってしまえば、

自動で株を買うこともできますし、
インターネットの情報を自動で収集することもできます。

極論、1クリックで1日の投資を終わらせることだってできるでしょう。

でも、、、
でもね。

僕は、大事なのはそこではないと思うのです。

「どうやって効率化するか?」なんてのは、どうでも良い話だと思うのです。効率化するときには、その前に絶対調べなきゃいけないことがあるからです。

それは、、、
「何を効率化するか?」ということ。

1円も利益を出せない、クソみたいな投資法を、
わざわざ効率化する必要はありませんよね?

そんな投資法、そもそも使わない訳ですから。
効率化する以前の問題な訳です。

きっと、会社で働く時も同じです。

「この作業、どうやったら効率化できるだろう?」と聞くよりも、もっと前に。

「そもそもこの作業必要か?」と、
自問自答するはずです。

良いものだったら、効率化すればするほど旨みが増しますが、

悪いものを効率化すれば、もっと悪くなりますからね(´Д` )

 

バックテスト→効率化

効率化。
頭の良さそうな言葉です。

ついつい、手を出したくなる所でもあります。

でも、、、
本当に大事なのは、効率以前の所にあるはずです。

「効率的に銘柄を見つける方法」以前に、
「その方法は、本当に利益を出せるのか?」の方がよっぽど大事なはず。

だから、僕らシステムトレーダーが効率化をするときには、必ずその前には「バックテスト」が来るはずなんです。

つまり、、、

順番は常に、
「バックテスト→効率化」
であるべきだと思うのです。

この順番が、大事なんですよね。

何でも効率化できちゃう時代なので、つい忘れてしまうんですよね…。

僕も、気をつけなきゃ!

– 中原良太

 

PS

効果実証済みの投資法を、この本でまとめてご紹介しています。

http://goo.gl/s6kHkc