僕「ウソでしょ!!??」

僕「ウソでしょ!!??」
僕「ウソでしょ!!??」

ああ、すっかり騙された。

From: 中原良太
横浜のレストランより、、、

今日は、久々の外食。
晩ごはんを作るのにも、もう疲れました!

…ということで、今晩は家の近くにあるレストランにまで足を伸ばしています。

晩ごはん作るのも、たまにはサボっても良いよね?

時々このお店に来るのですが、、、
僕がいつも空色のアディダス・ジャージを着てるので、
いつの間にか店員さんが僕の顔を覚えてくれたようです。

そして、、、
「ああ、お兄さん。また来てくれたんですね〜。」と、
店員さんとも挨拶を交わすような仲になりました。

ズッキーニのサラダ

ここは、僕はお気に入りのレストランです。
置かれているメニューも色とりどりで、健康に良く、美味しい。

ご飯を作るのが面倒になったら、いつもここまで足を運びます。
ちなみに、昼は1000円でランチ食べ放題。

質も、量も、申し分ないので、ついつい来ちゃうんですよね〜^^@

最近の僕のお気に入りは、追加メニューのズッキーニのサラダ。
夏が旬ということもあり、夏野菜がふんだんに使われたサラダが本当に美味しいのです。これを食べるだけでも、わざわざ足を運んだ甲斐があります。

夏に入ってからは、僕は毎度のように「ズッキーニのサラダ」を注文するようになりました。

本当に毎回頼むので、
「いつものやつ下さい」と言えば、
「ああ、ズッキーニのサラダねw」
と伝わってしまうほどになりました。

いやぁ〜!!
ここのサラダ、本当に美味しいんですよ〜!!

ズッキーニ
トマト
レタス

夏野菜のサラダ。
旬の野菜は特に美味しいです。

あまりの美味しさに、僕はそのサラダをむさぼっていました。

すると、、、
僕の姿が可笑しかったからか、店員さんから声を掛けられました。

店員「お兄さん、ズッキーニ好きですね〜」

 

ズッキーニのヒミツ

その質問に対し、僕は答えました。

僕「そうですね〜。やっぱ、旬の野菜は良いですね〜」

店員「ですよね〜。美味しいし、安いし、栄養価も高いし!」

僕「そうなんですよ! 最近、僕は「旬野菜フェチ」になってきてます」

店員「そうなんですか?笑 まあ、合理的だと思いますよ。」

僕「ですよね。やっぱり、旬の野菜が一番ですよ。」

店員「そうそう、今、お兄さんが食べてるズッキーニも夏が旬の野菜なんですよ。知ってました?」

僕「そうみたいですね。さっきグーグルで調べてたところです」

店員「熱心ですね笑 ズッキーニも夏が旬なんですが…。この野菜って、きゅうりとかの仲間っぽいじゃないですか?」

僕「そうですね。」

店員「実は、違うんですよ〜。ズッキーニって、きゅうりよりもカボチャに近い野菜なんです」

僕「ウソでしょ!!??」
僕「どう見てもきゅうりなのに?」

店員「意外でしょう? ウィキベディアを見てみて下さい。ちゃんと「カボチャの仲間」って書かれてますから^^@」

(僕、iPhoneでウィキペディアを開く)

僕「ほ、本当だ…」

 

意外な組み合わせ

ズッキーニとカボチャが仲間。
どうしても違和感があると思うのは、私だけでしょうか?苦笑

でも、植物の分類としてそういうカテゴリなのだから、間違いないのでしょう。

「パッと見では全然違う」
「でも実は、◯◯と△△は仲間だった」

ということが、よくあります。

たとえば、「任天堂」といえば、ゲーム機を作っている会社ですよね。

だから、、、
競合と言えば、「ソニー(Play Station)」だとか「マイクロソフト(X box)」が思いつくと思うのですが…。

案外、ライバルは別の場所にあったりします。

最近では携帯端末でのゲームをする人が増えてきているので、案外「Apple(iPhone)」とか「Google(Android)」がライバルになってきたり。

他にも、「楽しい時間を提供する」という観点で考えてみると、「オリエンタルランド(テーマパーク)」が競合になる可能性もありますね。

他にも、「隙間時間を潰す」という観点で考えてみると、本を読む人も多いでしょうから「Amazon(Kindle)」や「カドカワ(文庫本)」といった会社が競合になるかもしれない。

色々と考えてみると、視点によって、比較対象が全然変わってくるんですよね。

 

見た目ばかりに気を取られていないか?

ああ、すっかり騙された。
だって、ズッキーニってきゅうりの仲間にしか見えないでしょ?

ところがどっこい、正しくは「カボチャ」の仲間だったらしい。

完全に、見た目に騙されました。
頭固いよな〜。自分。

「ズッキーニはカボチャの仲間」

意外な組み合わせかもしれませんが、
「見た目ばかりに気を取られると、本質を見失ってしまう」ということの
良い例なのかもしれません。

僕も、気を付けなきゃな〜。

– 中原良太

 

PS

見た目に騙されず、着々と利益を出せるようになるには、コツがあります。そのコツを、この本にまとめました。

http://goo.gl/s6kHkc