不公平だ!( ̄Д ̄)ノ

不公平だ!( ̄Д ̄)ノ
不公平だ!( ̄Д ̄)ノ

不公平なのは神様だけじゃなかった

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

今、イケメンの友達とご飯を食べています。

彼の名前はT君。
相当なイケメンで、芸能人に間違われた回数は数知れません。

話しが上手で、性格も良い。
背が高く、運動もでき、成績優秀…。

「完璧」を絵に描いたような人物です。

僕はT君と、英語教室で知り合いました。
だから彼は、英語もペラペラです…。

あぁ、なんて神様は不公平なんだろう。

「天は二物を与えず」
なんて言葉がありますが…。

これ、嘘ですよね。

T君は二物どころか、三物も四物も授かっているような気がします…。

 

不公平なのは神様だけじゃなかった

僕は、久々にT君と遊びに出かけています。

久しぶりに会ったT君は、相変わらずのイケメンでした。彼のイケメンぶりには、嫉妬心が抑えられません。

(良いなぁ…。見た目だけでも良いから、入れ替わりたい)

そう思ってしまうぐらいのイケメンなのです。

そうそう。

T君とレストランに行った時、
店員のウエイトレスさんの態度が、明らかに違ったのです。

T君の要望には快く、楽しそうに応えてくれたのですが…。

僕が「すいません、おしぼり下さい」というと、途端に不機嫌そうな顔になったのです。

(私が話したいのはアンタみたいな豚野郎じゃなくて、こっちのイケメン君なんだよ)と。

彼女の心の声が聞こえてきたような気がするのです。

あぁ。世の中は不公平だ。

 

法律が違う

イケメンとブサイクでは、世界の法律が違います。

イケメンは何をしても許されます。
ブサイクは何をしても許されません。

こないだのレストランでは、この不公平な世界をヒシヒシと実感しました。

T君が「すいません!取り皿もらえますか?」と頼めば、1分も経たずにすぐに皿が届く。しかも、ウエイトレスさんは嬉しそうにニコニコしているのです。

でも、僕が「すいません!おしぼりもらえますか?」と頼めば、10分は待たされる。しかも、ウエイトレスさんは不機嫌そうに顔を引きつらせているのです。

これは、そのウェイトレスの女性に限ったことだったのかもしれません。

でも、あまりの態度の違いに、世の中の不公平さを感じずにはいられなかったのです。

 

不公平だ!( ̄Д ̄)ノ

悔しいけど、認めなくてはいけません。
世の中は不公平です。

生まれながらに不利な環境に育つ人も居れば、
生まれながらに有利な環境に育つ人も居ます。

親も違えば、国も違えば、資産も違えば、仕事も違えば、能力も違う。

たしかに、公平とはほど遠いでしょう。

でも、、、
不公平を理由に諦めるのと、
不公平に立ち向かい、挑戦を続けるのとでは、

得られる結果は違うと思うのです。

たとえ不公平であっても、大抵の場合、成功する確率はゼロではありません。

だから、諦める必要は無いと思うのです。

先ほどのウェイトレスの話しも。

僕が定期的にそのレストランに通い、ウェイトレスさんに優しく話しかけていたら、話は変わってきたかもしれません。

多少時間や手間がかかってしまうかもしれません。でも、「諦めて良いほど不利」ってことでは無いと思うのです。

 

相場の不公平

世界が不公平なのと同じで、
相場も不公平です。

相場は、、、
「沢山お金を持っている人」に優しく
「あまりお金を持っていない人」には厳しいです。

お金が少ない人ほど選択肢は少ないですし、リスク管理の難易度も高まりますからね。

でも、、、
だからと言って、「お金が無いから利益を出せない」と考えるのは、違うと思うのです。

実際、幾多の著名なトレーダー達は、「小資金で投資を始めるべき」だと言っていますし、「小資金増やせなかったら、大きな資金があっても成功できない」と断言する人も居るほどです。

だから、
「お金が無いから勝てない」
というのは、怠慢に過ぎないと思うのです。

 

不公平を嘆くか、それとも、、、

不公平を嘆くのはカンタンです。
サルにだってできます。

でも、賢い方なら、それで終わるはずが無いと思うのです。

不公平に立ち向かい、それでもなお利益を出し続ける。成功とは、逆境を乗り越えたその先にあると思うのです。

きっとあなたも、そう思っているはず。

不公平を嘆くなんて怠慢、してませんよね?

– 中原良太

 

PS

不公平にも負けず、着々と利益を積み重ねるには、6つのポイントを押さえる必要があるあります。この本には、その秘訣が収録されています。

http://goo.gl/s6kHkc