幸福の黄色い・・・

幸福の黄色い・・・

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
幸福の黄色い・・・

※注:ハンカチではありません。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

悲しい。
ついに財布が壊れてしまった。

冒頭の画像がそれです。

見た目は問題なさそうに見えますが、
中身はボロボロです。

小銭入れが壊れていて、
しまった小銭が中からポロポロ落ちてくる。

穴の空いたバケツのような状態です。

入れても、入れても、漏れていく。
もはや、役割を果たしていません。

普段、僕は貧乏性で滅多にモノを買わないのですが、、、
お金が勝手に落ちてしまうのは、さすがに見逃せません。ついに、新しい財布を買うことにしました。

 

叔父に貰った大事な財布。

冒頭の財布は、
僕が大学に入学したお祝いで貰ったものです。

プレゼントしてくれたのは、僕のおじさん。

18歳の時に貰ったものなので、
かれこれ7年間も使い続けてきました。

長い間お世話使ってきただけあって、
愛着も深いのです。

入学したときも、
就活のときも、
留学したときも。

この財布と苦楽を共にしてきました。

それだけあって、財布が壊れたときは、
ショックが隠しきれませんでした。

 

新しい財布を買いに行く事に。

財布が無ければ、買い物にも行けません。
もう良い年になってきたので、

「ポケットにそのままお金を突っ込む」ことも、
許されなくなってきましたし…(´Д` )

だから、こないだの土日に、新しい財布を買うことにしたのです。

財布を買いに、横浜まで出かけました。

あれでもない。
これでもない。

デパートを巡りに巡り、
財布一つのために、丸々1日が潰れました。

グルグル、グルグルと悩んだ結果…。
結局、買う財布は決まりませんでした(´Д` )

 

10年間の重圧。

全然決まらない…。

「財布一つで、大げさな!」
と思う方も居るでしょうが、僕にとっては大ごとです。

これから7年。いや、10年位は使おうと思っているので、下手なモノは買いたくなかったからです。

10年後、僕は35歳になります。
35歳になったときにも、持っていて恥ずかしくない財布にしておきたかったのです。

「若気の至りで、超ド派手な財布を買っちゃいましたw」
というノリでだけは、買いたくありませんでした。

10年間の重圧は大きいです。

「果たして、今の自分が買った財布で、
10年後の自分は満足させられるのか?」

こんなことを考え出すと、手も足も出なくなってしまいました。

今とは好みも趣味も変わっているでしょうから、なかなか難しい。

そこそこの年になってるから、
恥ずかしくない財布にしなきゃ…。

派手なのはビミョーだし、
かと言って、真っ黒なのもつまらないし…。

布製は耐久性が怪しいし、
変な柄物は絶対に後悔する。

ううむ…分からん…。

…と。

こんなことを延々と考えているうちに、
財布がなかなか選べなくなってしまったのです。

 

神、登場。

財布を買わなきゃ…。
でも、良い財布が見つからない…。

財布1つのせいで、僕の土日は完全に無くなってしまいました。

「いい加減に決めないと、出かけられなくなってしまう…。」

もう、限界でした。
財布が無いので、ジップロックにお金を入れることしかできない。酷い時は、ポケットに直接お金を入れていました。

25歳にもなって、なんて情けない(´Д` )泣

そして遂に、、、
僕は、最終手段に出ることにしました。

「そうだ、Google先生に聞こう」

 

怪し過ぎるサイトを見つけた

「長財布 おすすめ」
「本皮 財布 長持ち」
「財布 メンズ ブランド」

思いつく限りの検索ワードを打ち込み、僕は新しい財布を探すことにしました。

おかげさまで、良い財布を見つけることができましたよ!(*^_^*)

僕が買おうと決めたのは、Ganzoという所の長財布です。
そこそこ評判も良いみたいですし、作りもしっかりしてる。

長く悩んだ甲斐あって、良いものを見つけられたような気がします!

あぁ、良かった。

・・・
・・・
・・・

それにしても、、、
検索結果は酷いものばかりでした。

なぜかというと、以下のようなことが書いてあるサイトばかりが引っかかってきたからです。

「長財布を買うと、金持ちになる」
「使っている財布の値段の200倍=年収」
「黄色い財布を買うと、お金持ちになれる!」

などなど。馬鹿げた情報で溢れていました。同じ日本人がこういう記事を大量生産していると考えると、恥ずかしくなってきますね…(´Д` )

 

因果関係の誤認識

こういう記事を見るたびに、僕は虫唾が走ります。

「どうしてこんないい加減なことを、まことしやかに書けてしまうんだろう?」
と、何とも言えない気持ちになります。

僕は、こういった占い・風水・都市伝説は信じません。
(僕ら投資家の中で、こんな馬鹿げた話を信じている人も居ないでしょうし笑)

こんなもんで金持ちになれたら、世の中の人はみんな金持ちですよ。

科学的に実証されたら、国絡みで
「黄色の最高級長財布を国民に配布しろ!」
なんてことをやったら、みんな金持ちになれる訳でしょ?苦笑

チタンベルト、
黄色い財布、
パワーストーン、
マイナスイオン、
水素水、
占い、風水、都市伝説、エセ科学etc…

当然、現実ではありません。

こういうものを見ると、因果関係のすり替えだと思わざるを得ないんですよね。

どういうことかというと、

「もともと才能溢れ、将来有望なビジネスパーソンが、たまたま黄色の財布を持っていた」
とか。

そういうことだと思う訳です。

つまり、因果関係をすり替えているんですよね。

「財布を買ったから金持ちになった」のではなく、

「金持ちになったから、財布を買った」
「もともと金持ちになれそうな人が、たまたま長財布を買った」

と考えるのが、筋だと思うのです。

あたかも「財布のおかげ」なんて書き方をしてますが…。まぁ、そんな訳ありませんよね。あんな布切れ一枚で人生変わるなんて。思考回路がどうかしてます。

 

因果関係を捉え違えるな。

不思議なもんで、人間というのは、因果関係を誤解しやすい(誤解したがる?)生き物なようです。

本能的に、複雑なことを考えたがらないようなのです。

だから、、、
「〇〇の会社の株を買えば、何があっても儲かる」
「利益を出せたのは、MACDを使ったからだ」
などなど…。

短絡的な答えに行き着きやすいのかもしれません。精査もしないで因果関係を結びつけてしまうので、間違った答えに行き着きやすい。

ですが、、、
僕ら投資家にとって、因果関係の捉え違いほど命取りなものはありません。

間違った因果関係を追うこと。

これは、「黄色い財布を探してお店巡りをしてる」のと同じです。

僕ら投資家は、取り扱うお金の額はかなり大きいです。なので、こんな都市伝説に振り回されて、損することの無いように気をつけたいですね。

「因果関係の捉え違えは、コストである」
そう肝に銘じて、明日からも相場に向かおうと思います。

– 中原良太

 

PS

都市伝説でも何でも無い、本当に大事な投資のコツは、全てで6つあります。知りたい方は、以下のリンクから、この本をお求めください。

http://goo.gl/s6kHkc