本当にムカつく!(゚Д゚)ゴルァ

本当にムカつく!(゚Д゚)ゴルァ
本当にムカつく!(゚Д゚)ゴルァ

僕はこんなヤツが大っ嫌いなので、極力関わらないようにしています。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

あぁ、もう、本当にムカつく!(゚Д゚)ゴルァ
今日、超〜〜嫌なヤツからメールが来たんです。

もう、読んでて嫌悪感しか無い。
ソッコーで削除しました。

こういう奴と関わると、ロクなことが無い。できるだけ、関わらないようにするしかありません。

人間としての道徳が無いと言えば良いのかなぁ。

僕が嫌いな人種の、

「くれくれ君」
「無責任」
「ネガティブ」
「顧客体質の強いクレーマー」

これらの要素を持ち合わせたような、本当に嫌なヤツでした。

関われば関わるほど、気力が奪われていく…。
生産的な会話もロクにしてないのに、どっと疲れる…。

関わりたくないタイプの人間です。

僕はこんなヤツが大っ嫌いなので、極力関わらないようにしています。

だって、一緒に時間を過ごしても、生産的な時間を過ごしようが無いから。

時間の無駄だし、ストレスも溜まる。
なら、避けるのが、一番ラクじゃない?

あなたも、そう思うでしょう?

 

なぜ嫌いなのか?

そもそも、なぜ、僕らはこういうタイプの人間が嫌いなのでしょうか?

1つ1つ、ご紹介していきましょう。

「くれくれ君」
「教えてくれ」「それ、くれよw」とばかり発言し、自分から率先して学ぶ気が無い。心のどこかに甘えがあり、自分で何かを解決する気が無い。人の時間ばかりを奪い、結果を残さないタイプ。ひどい場合は、結果が出ないことすら、他人のせいにする。

「無責任」
自分で行動を起こす気が無い。他人に任せるだけでなく、最終責任すら取らない。他人に責任を押し付けることばかりを考え、成功者に相乗りすることしか考えていない。努力する気が無く、人の足を引っ張るのが大好き。

「ネガティブ」
考える必要のないこと、変えようのないことを否定的に捉える。現実からかけ離れた悲観をし、周囲から気力を奪う。常に暗い。話しかけても楽しくない。批判が得意だが、建設的な話はしない。精神衛生上、話さない方が得策。

「お客さま体質の強いクレーマー」
「誰かに守ってもらって当然」「誰かに手伝ってもらって当然」「◯◯してもらって、当然」と考えている、人の時間を奪う天才。断ると激昂し、クレーマーとなる。甘えだけで生きてきた人種。モンスターペアレンツなども、この人種。できるだけ関わらないのが一番。

ざっと挙げるだけで、これくらい理由があります苦笑

もうね。ダメですよね。汗

きっとあなたも、
「あぁ、いるよね。こういう人w」
「関わるだけ、時間の無駄だよね!」
と思ってくれたハズ…。

 

万が一、出会ってしまった時の気持ちの切り替え方

でも、人生は思い通りには行きません。
どんなに、こういったタイプの人間に会いたくなくても…。

向こうから勝手に近づいてきますw

こっちが徹底的に避けても、詰め寄ってくるのです!(´Д` )泣

だから、嫌でも会ってしまうんですよね。
しかも、仕事の都合とかで、嫌でも接さなきゃいけなかったりすると…もう最悪ですw

でも、そういう人たちのせいでイライラしてしまうのも、癪にさわる。ネガティブ思考に引きずり込まれているような、そんな気分ですからね。

だから僕は、万が一、嫌な人に出会ってしまった場合、こうやって考えるようにしています。

「素晴らしい人に出会うための必要経費だ」

 

「素晴らしい人に出会うための必要経費だ」

世の中、良い人も居れば、悪い人も居ます。どちらに出会うかは、すべて運次第だと思うのです。

だから、沢山の良い人に出会うためには、悪い人に出会うことも、避けられません。こればっかりは、必要経費だと思うのです。

しかも、幸いなことに、世の中は嫌な人口の方が少ない。だから、たとえ悪い人1人に会ってしまっても、そのあいだに、2人、3人もの良い人と出会えます。

良い人に会えるのなら、それくらい、屁でもない、些細な出費だとは思いませんか?

 

この考え方の発端は何か?

この考え方、結構素敵でしょ?w
こないだ、思いついたんですよ。

何故思いついたのかというと、最近損切りすることが多かったからなんです。

「あぁ、なんでこんな株で損をしてるんだ!悔しい!」

と、そんな気持ちになってしまいそうなところですが…。この気持ちを、グッと堪えます。

僕は損がかさんでいるときは、できるだけネガティブなことを考えないようにしています。実際、悲観しても何も始まらないし、疲れるばかりですからね。

じゃあ、どう考えるかと言うと、
「次の利益のための必要経費だった」
と考えるんです。

今回の失敗を繰り返さないために。
次は成功するために。

損切りから、何か1つでもトレードのヒントが得られないか、考えることにしています。この習慣のおかげで、大分売買ルールが洗練されてきましたよ( *`ω´)

嫌な人。
損切り。

どちらも、できるだけ関わりたくモンです。でも、僕らトレーダーは、この2つと関わらずには、生きていけません。

だって、どちらも良いものに巡り合うための、必要経費なのだから。

– 中原良太

 

PS

悪い株を避け、良い株と巡り合う。そのコツを知りたいですか? きっと、この本が良いヒントになると思いますよ。

http://goo.gl/s6kHkc