ラクラク通勤大作戦

ラクラク通勤大作戦
ラクラク通勤大作戦

なんでそこまでして、みんな満員電車に乗ろうとするんだろう?

From: 中原良太
小田急線の満員電車より、、、

どしゃぶりの雨の日のこと。
僕はいつも通り、朝7時3分発の急行電車を待っていました。

この時間ちょうどの電車。
後ろから3両目の、一番前のドア。

この時間。
この車両。
このドア。

ここから電車に乗れば、いつも空いています。
座れるほど空いてはいないのですが、混む心配もない。
スペースも広いので、ラクラク本を読むこともできます。

通勤ラッシュの時間帯にしては、上出来です。

僕は、満員電車がどうしても嫌です。
だからと言って、会社を休む訳にもいかない。

作戦名は、、、
「ラクラク通勤大作戦」

毎日コツコツと試行錯誤して、
「通勤を一番ラクに済ませる方法」
考え抜いています笑

(「その力を別のところに使えよ…」というツッコミは、ナシでお願いします笑)

その日も、作戦通り。

いつもの時間。
いつもの車両。
いつものドア。

一番ラクな方法で通勤することにしました。

ところが、、、

 

最悪な体験

僕が乗った電車。この電車が、駅に停まるごとに混み始めてきたのです。

もう、本を読んでる場合じゃない。
隣のおっさんたちとの距離も、0センチしかありませんでした。もはや、密着状態です。

僕の身体は、おっさん達に押しつぶされました。
冗談じゃない。せっかく作戦通りに電車に乗ったのに。こんなの計画とは違う。

僕のショックを尻目に、車両には次々に乗客が乗ってきました。外では駅員が乗客を車両に押し込む始末。

なにこれ。もはや人間として扱われてないじゃないか。(まるで自分が貨物にでもなったかのような気分でした。)

身動きが取れない。
肺が押しつぶされる。息するのも苦しい。

四方八方から押される。潰される。
なんでそこまでして、みんな満員電車に乗ろうとするんだろう?
おかしいよ。こんなの…!

 

災難

あぁ。この日は本当に災難でした。
あんな満員電車が、いつも日本のどこかで繰り返されてると思うと、心がいたみます。

もう、あんな目には二度と遭いたくない!
またあんな目に遭うようなら、事務所の近くにまで引っ越そうかなぁ…汗

あんな苦労をしても、、、
失うものはあっても、手に入るもんは何も無いですからね。本当に無駄。疲れるだけだ。

 

例外があった

二度と満員電車に乗りたく無い僕は、なぜ、こんな事態に陥ったのかを考えることにしました。

今まで満員電車に乗った経験と照らし合わせて、共通点をあぶり出してみる。すると、一つの答えに行き着きました。

それは、、、
「天気」です。

僕が満員電車に遭遇したのは、どれも、どしゃぶりの日だったのです。

どうやら、どしゃぶりの日には、僕の考案した「ラクラク通勤大作戦」は通用しないようなのです。

きっと、雨の日になると、みんな家を出る時間が変わるんでしょうね…。

早めに家を出る人が増えたり、
雨が弱まるまで待機する人が増えたり、、、

そんなこんなで、満員電車の時間帯が変わるのでしょう。

満員電車で同じように苦労している方なら、きっと覚えがあるかもしれませんね笑

##「カンペキな作戦なんて、この世に存在しない」

世の中は常に変わっています。だから、たとえ一時期上手くいってた作戦でも、数年後には機能しなくなることが多い。

ラクラク通勤大作戦だって、たまたま今上手くいってるだけで、来年にも通用するかどうかなんてのは…。誰にも分かりません。

現に、天気が変わっただけで、作戦は使い物にならなかった訳です汗

だから、僕は、、、

  • 作戦の弱点を知り、
  • 弱点を補える別の作戦を用意する

ってのが、凄く大事だと思うのです。

これ、システムトレードにも通じると思いませんか?

順張りを学び、
押し目買いを学び、
逆張りを学び……

というように。

僕らは、作戦同士がお互いの弱点を埋められるように、新しい計画を考案していきます。

僕の場合は、投資戦略を考えるときには、
こんなふうに考え始めます。

「上昇相場が弱点?…なら、順張りを習得しよう」
「ボックス相場が弱点?…なら、押し目買いを習得しよう」
「下落相場が弱点?…なら、逆張りを習得しよう」

このように、状況に合わせて、一番使えそうなルールから習得することにしています。そして、できるだけ弱点を「補える」ように、いろんな作戦を組み合わせています笑

だから、もしあなたが
「どんなトレード法を作れば良いか分からない!」
とお悩みならば、

「自分の作戦の弱点は何なのだろうか?」
と考えるところからスタートすることを、
オススメします。

作戦の弱点を知るってのは、トレーダーにとって、この上なく大事だと思いますので…

– 中原良太

 

PS

状況に合わせた適切な投資法を知りたい!…という方は、この本を読むのがオススメです。

http://goo.gl/s6kHkc