大罪

大罪
大罪

むしろ、利益を逃してしまうので、大罪だったと…。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

憧れの先輩とランチをしてきました。
ランチしに来たのは、さくら水産という、お魚屋さんです笑

僕らはこのお店の常連です。

さくら水産では500円でお刺身定食が食べれます。
破格で刺し身が食べれるので、僕のお気に入りのお店。

あまりにお気に入り過ぎて、
このお店には通い詰めています。

毎日のように通っているので、
店員のおばちゃんには、

「ああ、また来たのねぇ〜!!」
「今年もよろしくねぇ〜!!」
「今日もA定食で良いね?」

と挨拶されるほどになりました。笑

あ、いや、さくら水産の話はどうでもよくて、、、
先輩の話に戻りましょう。

先輩は、株式投資の達人で、
たった数年間で、資産を何倍にも運用した実績があります。

昔書いた、こんな記事にも登場しています、、、

先輩は、お金があっても豪遊しないタイプの人種です。
こんなにお金を持っているのに、さくら水産で我慢できるっていうのがすごい…!

常に謙虚な姿勢な彼からは、学ぶことも多いです^^@
今日も、結構面白い話をしてきました。

 

余計な指標は見るな!

先輩「株で利益を出すための秘訣って、何だと思う?」

僕「う〜〜ん。難しい質問ですね。それが分かったら、苦労しない…というか笑」

先輩「たしかに笑 僕らトレーダーにとっての、永遠の課題だよね笑」

僕「逆に、先輩だったら、何が大事だと思うんですか?」

先輩「そうだなぁ…。やっちゃいけないことだったら、1つ挙げられるな。」

僕「お! やっちゃいけないことって、何ですか?」

先輩「余計な指標を見れば見るほど、利益が出せなくなると思うんだよ。」

僕「それ分かります! つまんないニュース見たり、つまんない指標見たりするほど、どんどん利益出せなくなるんですよね」

先輩「そうなんだよね〜。あれ、なんでなんだろうね?」

僕「大事な情報が埋もれちゃうからじゃないですか? せっかく大事な情報を仕入れても、つまらない情報のせいで埋もれて、見えなくなっちゃったり。そのせいで、しょうもないミスをしちゃったりするから…とか?」

先輩「たしかに、そうだろうね。」

僕「先輩は、どう思います?」

先輩「中原君の話も、一理あると思うね。あとは、余計な情報に縛られちゃうせいで、利益を取り逃がすようになるからじゃないかなぁ」

僕「利益を…取り逃がす…? もっと詳しく聞かせてください。」

先輩「つまり、ね。【指標A】っていう、役に立たない、どうでも良い指標があるとする。」

僕「はい、分かりました。」

先輩「で…。もし、中原くんが、【指標A】が凄く大事だと思い込んでいたら、君の意思決定はどう変わる?」

僕「【指標A】が良かったら、株を買いたくなりますし、【指標A】が悪かったら、株を買いたくなりません。」

先輩「と、いうことは…。【指標A】が悪いときは、トレードをしなくなるという訳だ。もし、【指標A】が何の役にも立たない指標だったら、そこに得られるはずだった利益を全部取り損ねちゃうよね。」

僕「!! なるほど。そういうことですか。」

先輩「そういうこと。」

僕「どうでも良い指標のせいで、みすみすチャンスを逃すことになる…と。」

先輩「そだね。これ、結構な大罪だと思うよ。」

僕「たしかに。トレーダーの大罪と言えば、「利益を逃すこと」と「損を膨らます」ことですからね。」

先輩「ね?」

 

余計な指標に翻弄されてない?

余計な指標に翻弄されてしまい、
利益を取り逃し、損を膨らませてしまう…

トレーダーの中には、そんな方が結構居ます。

僕らシステムトレーダーなら、バックテストをするので、そういうことはありません。
ですが、きっちり検証していないと、指標の良し悪しも見極められないんですよね。

システムトレーダーでさえ、指標に騙されるときがたまにあるのに…。
普通にトレードしてたら、絶対見分けられないと思います汗
少なくとも、僕には無理だなぁ…。

「情報は仕入れるほど良い!」というのが初心者にありがちな勘違いですが…。

本当に大事なのは、

  • 本当に大事な情報を見失わないこと
  • 利益を取り逃がさず、損失を膨らませないこと

なんですね。

「指標を沢山使えば精度が上がる」なんてのは迷信だった訳です。
むしろ、利益を逃してしまうので、大罪だったと…。

結構、読者のあなたも、胸に「グサリ」と刺さる何かがあったのでは?汗
少なくとも、僕の心はズタズタに引き裂かれました笑

今日も、良いことを教えてもらった。
家に帰ったら、またバックテストをし直そう。
少ない指標でトレードする方法を考えてみよう。

ああ!楽しみだ!^^@

・・・
・・・
・・・

あなたもぜひ、「いかに少ない指標でトレードするか」について、
考えてみてください^^@

きっと、あたらしい発見があると思いますよ…。

– 中原良太

 

PS

最低限の指標で利益を出すヒントは、「4W2H」という考え方に隠されています。この本で詳しいコツを紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね^^@

http://goo.gl/s6kHkc