説得力≠実績

説得力≠実績
説得力≠実績

「あぁ〜〜〜っ!このために生きてる!」

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

最近、お酒にハマっています。

ビール
日本酒
ワイン、、、

齢25にして、やっと良さが分かってきました苦笑

不思議だ。人生ではじめてお酒を飲んだときは、何を飲んでも美味しくなかったのに。

ダイエットも継続中なので、
そんなに沢山は飲めないですが、、、

たま〜〜に飲んだ時の爽快感たるや…。

「あぁ〜〜〜っ!このために生きてる!」
という感じですね笑

 

お土産

お酒にハマっているもんだから、、、
友人へのプレゼントやお土産には、お酒を渡すことが増えてきました。

地ビール
特産の日本酒
現地で作ったワイン
ウイスキー

などなど、、、

そんなプレゼントを渡す機会も増えてきました笑

両親にプレゼントするときには、

「ぼくも一緒に飲みたいから、こんなお酒買ってきたよ!!!」
なんてこともしばしば…笑

って、これではお土産でも何でもありませんね笑

 

「モンドレセレクション金賞受賞!」

そうそう、お土産を買うときに困るのが、

「モンドセレクション」
とかいう、謎のセレクションです。

「モンドセレクション金賞受賞!」
なぁ〜〜んてポップを見かけるのですが、、、

金賞受賞したお酒が多過ぎる。

というか、もはや金賞受賞してるのが
「当たり前」であって、受賞してないお酒は
手にも取らなくなってきました笑

「金賞受賞した酒、多過ぎだろ!」 と、
毎回、心の中で突っ込んでいます苦笑

これだけ多いと、、、
何が凄いのか分からないですよね…。

 

説得力≠実績

不思議なもんで「説得力があるから、実績を出せる」なんてことは言い切れなくて…。

「説得力があろうが無かろうが、試してみなきゃ分からない」ってのが、実際のところですよね笑

たま〜〜に、モンド・セレクションを受賞してないワインを買ったりすると、案外そっちの方が美味しかったりする。

…もっと言うと、そこそこお酒に詳しい友達に教えてもらうお酒の方が、よっぽど美味しいんですよね。

モンド・セレクションでお酒を選んでも、「お酒を知らない人が選びやすいお酒」を選んでいるだけのような、そんな気がするのです苦笑

飲んだときに、
「金賞受賞してるのに、この程度か…」
みたいな感想を抱いたり。

こんな期待外れって、よくありますよね?笑

これはトレード法も同じで、

「すごく説得力のあるトレード法」なのに、全然利益を出せなかったり、

「全然、説得力のない怪しいトレード法」なのに、むちゃくちゃ利益を出せたりします。

期待を裏切られることは、数知れません笑。良い意味でも、悪い意味でも。

だからこそ、バックテストが重要だと思うのです。無茶苦茶大事。

「こういう株を買えば、きっと利益を出せる!」
「こういう株を買えば、きっと損をする!」

僕たち投資家は、そんなことを考えながら、日々の生活を過ごしています。いわゆる、「本の知識」や「勘」に頼ったトレードですよね。

でも、、、

もし、本の知識が間違えてたら?
(または、知識が古過ぎて使い物にならなかったら?)
もし、自分の勘はひどく当たらなかったら?

うまく利益を出すのは難しそうですよね…。

だから、どんなに勉強しても、どんなに優れた勘を持っていても、「最後に、必ずバックテストを行う」という確認作業が大事だと思うのです。

バックテストは、ほぼ無料でできますから、いくらでも失敗しても良いですからね笑

別に、モンド・セレクションを否定するわけではありませんが、、、

「説得力のあるもの」と「実績を出せるもの」ってのは、違うと思うのです。

これを間違えてしまうと、変な買い物ばっかりして、「説得力はあるけど…内容は微妙」なんてことにもつながりかねません。

確率論の話になれば、また話は変わってくると思いますが。

– 中原良太

 

PS

自分で実績を出せそうな投資法を作るのは、結構カンタンです。詳しい方法はこの本でご紹介しています!

http://goo.gl/s6kHkc