なぜ、一目均衡表やRSIを使うと危険なのか?

なぜ、一目均衡表やRSIを使うと危険なのか?
なぜ、一目均衡表やRSIを使うと危険なのか?

僕はこれらの指標を使って投資したことが無いのです。

From: 中原良太
新宿のホテルより、、、

久々に、個人投資家の友人2人と会ってきました。

今は新宿のホテルに居ます。あまりにカッコいい雰囲気に、僕は面食らっているところです。暖色の目に優しい照明の下、僕らはカフェで、弦楽合奏団の奏でるチェロの音色に囲まれながら、談笑する…。

何この世界。むっちゃセレブやん。
僕はお金の無い、ただの若造なので、この場は彼ら二人の奢り。僕は悠々と、彼ら二人のスネをかじりながら、コーヒーを満喫していました。

いま会っている投資家の二人は、むちゃくちゃ頭が良いです。二人とも有名大学出身だし、一流企業に勤めている。いわゆる、「成功した」人生を歩んでいる投資家なのだと思います。

一目均衡表がねぇ…。
DMIがねぇ…。
RSIがねぇ…。

彼らの口からは、いかにも難しそうな話が飛び交ってきます。

…ん?
んんん?
何のことだ?

よく分からない漢字が並んでいる。
意味不明なアルファベットが並んでいる。
頭の良さそうな人たちが指標について語ってる…。

僕には何が何のことやら、分かりません。

「ねぇ、良太はどう思う?」

 

意味の分からない投資指標…。

頭の良さそうな投資家2人は、ぼくに、
「この指標、どう思う?使える?」
と訊きました。

あまりに急な質問だったので、僕はしどろもどろになってしまいました。困ったな。なんて答えれば良いんだろう?

僕がモゾモゾしていると、彼らは質問の意図が不明瞭なのかと思ったようで、もう一度質問してくれました。

「あぁ、ごめん。質問が曖昧だったね。一目均衡表とか、DMIって、どうやれば使えるかな? 具体的な使い方が知りたいのだけど…」

う〜ん。難しい。

僕はこれらの指標を使って投資したことが無いのです。だから、使い方なんて訊かれても、答えられるのは机上の空論だけ。どう答えようか…。彼らが本当に必要な情報は何なのだろう…?

そんなことを考えていると、僕は2つの答えに行き着きました。

 

複雑な指標は要らない。なぜなら…

「ぶっちゃけ、僕は一目均衡表だとか、DMIだとか、RSIだとか、複雑な指標は要らないと思う。僕はこれらの指標を使って無いし、これからも使わないと思う。」

僕のこの言葉を聞くと、2人は面食らったような表情をしていました。どうやら、彼ら2人の投資家にとっては、全く想定外のものだったみたいです。

僕は彼らが不機嫌にならないか、それだけが心配でした。彼らの今までの議論に真っ向と反対しているわけです。しかも、このカフェのコーヒーは彼らの奢り。罪悪感を覚えずにはいられませんでした。

でも、彼らは不機嫌そうなそぶりを見せることはありませんでした。むしろ、「面白そうだから、もっと話を続けろ!」という雰囲気でした。早く喋れ!と、彼らは僕に、目で合図してきました。

僕は彼らの指示に従い、そのまま話を続けることに、、、

 

他の投資家たちと同じ視点に立て!

「これには2つの理由がある。まず、一目均衡表だとか、RSIだとか、そういった指標は、計算式が複雑です。だから、何が何やら分からない。もちろん、計算式を覚えれば良いだけの話なのだけど、覚えたところで何が得られるのか、全く分からない。

これらの指標の一番の問題は、【計算の仕方が複雑で意味不明だから、一部のマニアックな人しかこの指標を確認しない】ってことだと思う。

つまり、こういった複雑な指標は、投資家の判断材料になりづらい。株式投資をやってるプレイヤーの多くは初心者〜中級者レベルの投資家のはず。だから余計に、判断材料に使う人は少ないと思う。

指標が判断材料に使われないってことは、その指標を確認したところで、投資家の動きは読めないってことになる。もしこれが事実なら、こういう指標を使うメリットは何も無いと思わない?」

 

複雑な指標は株式市場には向かない?

僕は間髪入れず、2つ目のポイントについて話し始めました。

「もう一つ。僕は、これらの複雑な指標は、株式市場には不適切だと思う。為替取引や先物取引では、取引できる商品数が少ないから。チャートを色々こねくり回しながら分析すること自体に価値があるのかもしれない。

けど、株はそうじゃない。よく分からなかったら買わなきゃ良いだけだし、代わりの銘柄はいくらでもある。わざわざ複雑な分析をしなくても、シンプルな投資法だけで魅力的な銘柄はいくらでも見つかる。

だから僕は、【わざわざ複雑な分析をすること自体が危険行為】なのだと思う。もちろん為替や先物なら、別にやってみる価値はあると思う。でも、株式投資において複雑な分析は不要だと思う。

複雑な分析は周りの投資家の思考回路から逸脱した行為だし、それだけ利益から遠ざかる行為だと思うから。むしろ、複雑な分析をするほど、高度なこと考えている人を相手に回しやすい行為なのだから、それだけ難易度は高くなるんじゃないかな?」

…とまぁ、こんな話をしてきました。

 

これはあくまで一意見です。

ここまで僕の記事を読んで、気分を害された方もいるかもしれません。実際に、一目均衡表やら、RSIやらを使って利益を出している方もいるかもしれません。

これはあくまで僕の一意見でしかありませんので、そんなに間に受けなくてもいいと思います笑

ただ、僕が言いたいのは、「複雑な分析なんかしなくても、利益は出せる」ってことなんです。

「指標がよく分からん…」

こんな悩みをお持ちの方は、わざわざ複雑な分析をする必要は無いと思います。むしろ、「自分でもわかるシンプルな指標って何だろう?」「みんなが使う指標って何だろう?」と考えるだけで、利益につながると思いますよ。

別に僕らは「複雑な分析をする」ために株式投資をしている訳では、ありませんので…。

– 中原良太

 

PS

シンプルな分析だけで利益を出した、効果実証済みの投資法を知りたいですか? 実は、この本でその方法を紹介していますよ…。

http://goo.gl/s6kHkc