利益につながる情報を見分けるコツ。

利益につながる情報を見分けるコツ。
利益につながる情報を見分けるコツ。

ジャネーの法則って、知ってる?

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

新年度。
期末の時期が過ぎ、学生達は休みも終わり。
通勤電車の人混みも、いつにも増して悪化した気がします…汗

だいぶ桜も咲いてきており(もう枯れちゃったかな?)
「ああ、春だなぁ…」と感じています。

「新年」「新年度」「年末」「期末」
こういう時期って、1年を振り返ったり、

「そういや、自分は今年1年で、何をしたんだろう…?」
と考えることも少なくありません。

それこそ、年を越すたびに、1年が短くなってきている。
1ヶ月、1週間がとても短い。
仕事がある日の1日は凄く長いのに…笑

これは、きっと僕だけじゃないはず。
あなたも、「ああ、今年は…」と考えたこともありません?
1年前に立てた計画を達成できたり、できなかったりで、一喜一憂しません?
年をとるたびに、時間が過ぎるのが早くなっていくんですよね〜…。

まあ、そんな話は良いとして、、、
「人生の振り返り」と言えば、こないだ恐ろしい話を聞いたんです…。

 

ジャネーの法則って、知ってる?

突然ですが、あなたはジャネーの法則って知っていますか?
ジャネーの法則は、19世紀のフランスの哲学者、ポール・ジャネが発案した法則です。カンタンに言えば、「時間の長さが年齢の逆数に比例する」っていう法則です。

もっと噛み砕いて言うと、、、
10歳にとっての1年は、50歳にとっての5年と同じってことらしいのです。
あくまでエセ科学の法則なので、信ぴょう性は低いですが…。

体感時間という意味では、強ち間違っていないような気がするのです。
で、本当に恐ろしいのはここから。

「もし、ジャネーの法則が正しいのならば、人生は19歳で折り返し地点になる」

…え?
僕の人生、もう半分も終わってしまったの?
うそやん。まだ僕25歳だよ。もう折り返し地点を過ぎてるやん。

僕の人生、あと半分しかないってこと?汗
いやいやいや。そんな馬鹿な。信じたくない。
うん。信じない。

 

こういう情報に振り回されると…

結局、僕はこの情報を信じないことにしました。

都合が悪いから…というのも正直ありますが、信ぴょう性に欠ける情報だったので。作った人が「哲学者」ってのが、怪しい。

「ジャネーの法則」のように、話のネタとしては面白いですが、「面白い」というだけで、信じるに値しないことって沢山ありますよね。笑

あなたもきっと僕と同じことを考えているはず。

エセ科学って、本当に厄介!
「そこそこ正しそうなことを言っていて、根拠が無い」ものとか。
何を信じれば良いのか分からん!

たとえば、コラーゲンたっぷりの飲食料とか(僕も、最初は信じてました…)。コラーゲンって、ただの蛋白質ですから、食べたら分解されるだけで、美肌効果とかは得られないんですよね。プロテイン飲んでるのと全く同じになってしまう。むしろ、男性向けなんじゃないか?汗 「コラーゲン鍋」だとか、こういう商品を販売している時点で「商売・金儲け」が目的で、中身の無い会社なのかなぁ…と疑いたくなってしまう。(本当に効果を求めるなら、塗布するタイプじゃないと殆ど効果ないですからね。)

マイナスイオンとかも、その部類ですよね。
「売れる」からとは言え、やってることが浅はか過ぎる気がする…。

賢いあなたなら、僕とおんなじ事を考えているはず。
「いやいや、そんな胡散臭いもの、要らないよ笑」
と考えているはず。

 

投資をするときには、「意見」でなく「事実」を収集しよう。

「情報を見極める力」。
投資家として一番必要な力と言えば、この能力かもしれません。
情報を見極められなきゃ、良い銘柄は見つけられませんからね汗

僕らシステムトレーダーは、自分で集めた統計データという、「自分のために作られた」信頼出来るデータを使っているので、問題ないと思うのですが…。普段からニュースを見たり、決算書を見て、裁量で投資している方は、本当に気をつけなきゃいけません。

決算書だって、「自分を良く見せるために」会社が書いたものだし、
ニュースは、「誰かが知らせたい情報」を記者が書いたもの。

もちろん、こういったものの中には事実が書かれていますが、詳しく読んでみると、中身は案外「意見」だらけです。しかも、気付きにくいように、巧妙に隠されている…笑

  • 意見=誰かを説得するために書かれたもの、著者の利益のために書かれたもの
  • 事実=事象を説明するために書かれたもの、利害関係は特にない

だから、この違いだけは、絶対に認識しておかなきゃいけないと思います。「説得させるために情報が操作されていないか? 誘導されていないか?」ってのは、常に意識しておきたいところですよね。

変な情報に振り回されないためにも…。
僕ら投資家にとっての生命線は、「良い情報」を見極めることですよね。
そのためにも、「意見」ではなく、「事実」を集めた方が身のためだと思うのです。

さいごに、生涯勝率7割以上の投資家、ウィリアム・ギャンの名言を共有します。この言葉が、あなたのお役に立ちますように…

「新聞は投資家が知りたいことではなく、事情通が投資家に知ってもらいたいことを書く」
(ウィリアム・ギャン)

– 中原良太

 

PS

10年以上、好成績を残した投資法を知りたくありませんか? この本の中に、6つの投資戦略が収録されていますよ…。

http://goo.gl/s6kHkc