ゲップを我慢して胃が破裂?

ゲップを我慢して胃が破裂?
ゲップを我慢して胃が破裂?

ぼくは今、「バリウム検査」を受けに来たところ。

From: 中原良太
東京の会議室より、、、

うっぷ。
だめだ。気持ち悪い。
何だ、この拷問。早く帰りたい…。

ぼくは今、健康診断を受けに会議室に来ています。ちょうど、血液検査と超音波検査が終わったところ。既に色々イベントがあって言いたいことは沢山あるのですが…。

詳しい話は、来週のPodcastでお話しします。

今はそんなことを話してる場合じゃない。ぼくの個人的な話を聞いて下さい。もう、気持ち悪くて大変だったんですよ。何より、スタッフの理不尽な一言にやられました。あぁ、もう無理、限界。早く家に帰らせてくれ!

ぼくは今、「バリウム検査」を受けに来たところ。胃腸のX線写真を撮る、あの検査です。

ぼくがバリウム検査を受けるのは、人生で初めてのことでした。バリウムの味も分からないし、何で飲む必要があるのかも分からない。まさか、あんなに体をグルングルン回されるなんて思っても見ませんでした。

パンツ一丁で変な乗り物に乗せられ…

身体をグルングルン回される
お腹をタポンタポン巡るバリウムが気持ち悪い
ゲップが耐えられない…

バリウム検査が終わった頃には、心身ともに疲れきって、ゲッソリしてしまいました。健康のためとは言え、そのために、なんでこんなに疲れなきゃ行けないんだろうか…?汗

 

一番の苦行。

色々話をしましたが、実は、ぼくが一番辛かったのは、検査そのものではありませんでした。

本当に辛かったのは、「検査薬を飲み込む」っていう行程。バリウム検査では、胃を膨らませる薬と、バリウムを飲みますよね。

バリウム自体は何てことはありませんでした。ヨーグルトを飲んでいるようで、辛くも何ともありませんでした。むしろ、美味しいくらい。

「胃を膨らませる」とかいう、意味不明な薬。こいつが諸悪の根源でした。炭酸を顆粒に詰め込んだような薬を飲む。すると、お腹の中でシュワシュワとガスを出し、胃が膨らむっていう寸法です。

話を聞くだけでは、「大げさだなぁ」と思った方も居るかも知れませんが、ぼくにとっては大ごとです。

たしかに、薬を飲むこと自体は辛くも何ともありませんでした。味も不味くなかったですし、スタッフさんも親切だった。文句なんてありません。最高に満足。とても良かった。

でも、、、

どうしても気になったのが
「ゲップしないで下さいね〜」
と言う、この一言。

「出来るだけ我慢して下さいね〜」なら分かる。でも「ゲップしないで下さい」ってのは無理じゃないだろうか?汗

おそらく、「胃を膨らませる薬」から出てくるガスは、ぼくの身体には収まりきらないくらい出てきているはずです。ゲップをしてでも外に出さないと、身体が破裂して死んでしまう。風船のように膨らんだぼくの身体は、「ガスを出さなきゃ死ぬ!」と慌てているはずです。

「中原良太、ゲップを我慢して胃が破裂、死す」

こんなことが起こってもおかしくない訳です。こんな死に方は、絶対に嫌だ。

ああ、こわい。いま考えても、ゾッとする。

だから、ゲップは我慢しませんでした。あまり我慢せず、無理なら出してしまおうと。そんなことを考えていました。

すると、すかさずスタッフに声を掛けられる…。

「ああ! 中原さんダメだよー! ちゃんとゲップ我慢しなきゃ!」

やはり、怒られた。本当にゲップしちゃいけないのか…。

そして、もう一度「胃を膨らませる薬」を渡される。やばい。殺される。破裂しちゃう。

…でも、健康のためだ。しょうがない(狂気)

胃を膨らませる薬をもう一度飲み込む。気持ち悪さと恐怖を携えて、検査室へ…。

 

出来ないことは、やらない。

どうでしょうか。
あなたにも、ぼくの辛さが分かってもらえたかな?苦笑

「胃を膨らませる薬」があんなにハードなものだとは思っていませんでした。胃カメラとかと比べれば楽なのだろうけど、胃が風船みたく破裂して死んじゃうリスクもありますからね。

ちょっと話が逸れましたが、、、
僕が人間として、投資家としてポリシーにしていることがあります。

それは、、、
「出来ないことは、やらない」
ということ。

たとえば、「底で株を買って、天井で売る」とか。これは不可能ですよね?汗 誰もが夢見ることですが、プロだってこんなことは出来ません。だから、実現不可能なことのために時間を使うこと自体、意味が無いと思っています。

他にも、「勝率100%で勝つ」とか。これも無意味ですよね。だって、100%なんて無理だもの。未来のことは、誰にも分からないんだから。できないことに憧れてしまうと、悪い業者に騙されたり、ムダに臆病になったり、良いことが一つもありません。だから、僕らは「100点満点の理想」を諦めなきゃいけないと思うのです。

「ゲップをしない」ってのも、僕からすれば無理だと思ったわけです。「やる気がある、ない」とか、「つらい、つらくない」とか。そういう話ではありません。現実的に、物理的に、原理的に。不可能だと思ったのです。だから、我慢しなかった。

…まぁ、実際は不可能じゃなかったのですが。
今回は、僕が間違えてました…汗

でも、「出来ないことは諦める」「出来ないことはやらない」ってのは、とても大事だと思うのです。バリウム検査でも、僕は投資家として、正しい判断をしたと思っています。…患者として正しかったかどうかは、話が別ですが笑

これ、、、リスク管理の考え方にもつながって来るのですが、この話は、また別の機会に。

ところで、あなたは大丈夫?
実現不可能な目標とか立ててない?
致命傷を負う前に、見返してみてはいかがでしょうか。

死んでから、怪我してからでは遅いのです。
胃袋が破裂して死んじゃう、その前に…。

– 中原良太

 

PS

実現可能な投資法を身につけたい? なら、この本を読むのがオススメですよ。

http://goo.gl/rFhVko