ムカ着火(#°Д°)/■■■■■ファイヤアアアアア

ムカ着火(#°Д°)/■■■■■ファイヤアアアアア
ムカ着火(#°Д°)/■■■■■ファイヤアアアアア

※警告!きょうは中原の個人的な不満がバクハツします。気分を害される前に、ブラウザバックすることをオススメします。

From: 中原良太
横浜の喫茶店より、、、

分かってない。
それは消しちゃだめだよ…
必要なものなんだから。

あんなに忠告したのに…。
結局、やりたいようにやりたいだけなんだな。
利益を出すつもりなんて、サラサラない訳だ。

もったいない。きっと彼は、大損する。

まぁ、今後関わらないから良いけど。
いや違うな。関わりたくない。
人の言うことに聞く耳を持っていないのだから。

僕の知ったことじゃない。
もう、赤の他人だ。

あぁ〜〜っ!イライラする!
聞く気が無いなら、最初から聞くなよ!

・・・
・・・
・・・

こないだ、、、
とある裁量トレーダーの方にお会いしてきました。
彼の名前を、小松さんとでもしておきましょうか。

小松さんと僕が出会ったのは、1年前(2015年)の2月のことでした。
彼はバリバリの裁量トレーダーで、そこそこの利益を出している方でした。

でも、、、
去年の8月のチャイナショック。
彼は大損してしまいました…。

これをきっかけに、
システムトレードに興味を持ち始めたようなのです。

…とは言っても、、、
彼の場合は入り口が不純で、
「システムトレードってラクに儲けられるんでしょ!?」
なんて、ハチャメチャなことを期待していたのですが苦笑

ああ、もう、マインドセットレベルで間違ってる。
きっとこの人はすぐに飽きてやめちゃうんだろうなぁ…って思いました。

もちろん、、、
システムトレードが、
効率的なのは否定しません。
しないのですが…

ラクではありません笑
やらなきゃいけない事は沢山あります。
何より、バックテストは毎日欠かせません汗

システムトレードを
「ラクして儲かる魔法の投資法」
なんて勘違いした小松さんは、

調子に乗ってシステムトレードに関する本を読み漁って行きました。
もう、お金に糸目はつけていない様子でした。

「システムトレード」と名のつくものは何でも買い、
読み漁って行きました。

そんな彼が昨日、
僕に「この投資戦略、どう思う?」と、
相談を持ちかけて来たのです。

 

中身を開けてみると、、、

あぁ、もうボロボロ。何も分かってない。

条件式の組み合わせに意図が感じられない。
パラメータの振り方が細か過ぎ。
何より、、、必要な条件式が入ってない。

彼のルールは、まさに彼の欲を
具現化したような内容でした。

つまり、「利益を増やすための条件式」だけが、
沢山盛り込まれていたのです。

その一方で、リスクを減らしたり、
危険な株を避けるための措置が一切ありませんでした。
バリバリ、過剰最適化してるし。

低位株を避けるとか、
薄商い株を避けるとか、
ボラの大きな株を避けるとか…。

基本的なことすら出来てなかったわけです。
これ、むっちゃ危ないでしょ?汗

 

それぞれの改善点と課題を彼に伝えると…

「でも、この本にはこう書いてあるし!」
「でも、それだと利益が減っちゃうじゃないか!」
「でも、…」
「でも、…」
「でも、…」

でも、でも、でも、でも、でも。
じゃあ、何が聞きたくて相談したわけさ?苦笑

単に、「うおー、すごいね!」って、
褒めてもらいたかっただけなのかな?汗

 

中でも、特に気になった小松さんのこのセリフがこれ↓

「でも、この本にはこう書いてあるし!」

…いやいやいや。
これ、僕らシステムトレーダーは絶対言っちゃいけない言葉だよ。

本の知識は絶対じゃないからね?汗
だいいち、その本はいつの本なのさ?

時代によって正しい知識は変わるし、
そもそも「本の知識が正しいかどうか」を確かめるために、
システムトレードをやってるわけなんだし。

それに、、、
たいていの本は読みやすいように、
情報がデフォルメ(簡略化)されています。

だから、間違った知識も多い。
カンタンに信じちゃいけないわけです。

大体、裁量で負けて、嫌になったからシステムトレード始めたのに…。

システム作りが裁量的なカンに引きずられちゃあ、意味が無いでしょ。
本末転倒ってのは、まさにこのことですよね。

「システムトレードを信じる」
これを決めたなら、貫き通さなきゃ。
この軸がブレればブレるほど、利益は遠のいていくと思うのです。

小松さんの場合は、全て発想の順序が逆なんですよね…。
本当に、マインドセットレベルで間違えている。

「本の知識」>「検証結果」じゃない。
「本の知識」<「検証結果」なんです。

 

あ、あぁ、すみません。不満がバクハツしてしまいました。

でも、本当にそう思うのです。
きっとあなたも、イライラしてきたでしょ、
…小松さんに対して。苦笑

とにかく、今日ボクがお伝えしたかったのは、
以下の3つです。これ、超大事だと思うんだけどなあ。

システムトレーダーの心構え。

その1:システムトレードはラクではない。その代わり、努力の分だけ利益につながる。

その2:本の知識は必ずしも正しいわけではない。(真逆のことだって、少なくない)

その3:正しい知識を身に付けるためには、本の知識よりも検証結果を優先すべし。

– 中原良太

 

PS

ぼくは別に小松さんのことは嫌いじゃありません笑 ただ、話がシステムトレードのことだったので、アツくなってしまっただけですので、ご安心を…。

 

PPS

「本が間違ってるだなんて…。そんな!」と驚いきましたか? でも、これは事実だと思います。本当に、間違いだらけの本は沢山あります。株に関するホントーに正しい知識を身に着けたい…って方は、ぜひこの本がオススメ。

http://goo.gl/rFhVko