この↓ポテチ…(苺のショートケーキ味)

この↓ポテチ…(苺のショートケーキ味)
この↓ポテチ…(苺のショートケーキ味)

「ラーメンとケーキ」の法則

From: 中原良太
東京の実家より、、、

絶対におかしい。
ポテチを食べるだけなのに、
なんでこんなに緊張するんだろう?

袋のてっぺんのギザギザに両手を当て、
ビリビリッと袋を破く。

すると、モワモワァ〜ン…と、
甘ったるい匂いが漏れてくる。

あぁ、ヤバい。
買わなきゃ良かった。
完全に失敗だ。

もう、この甘ったるい匂いだけで、食欲が失せる。
「苺のショートケーキ味!」
なんて、明るく可愛く描かれたパッケージが、
憎たらしくなってくる。

「うおお、食べるぞ!食べるぞ!」

意を決して1枚だけ手に取る。
手が震える。ああ、嫌だ食べたくない。
早くここから逃げ出したい。

「うおおおお!!」

もう、あとは気合いしかありません。
袋を開けてしまったのだから。
逃げ場なんてありません。

甘ったるい匂いのせいで、
頭がクラクラする。

もうヤケだ。
どうにでもなれ。

ショートケーキの匂いがするポテチを、
おそるおそる口へ運び…。
パリパリッと食べる。

バリバリバリバリッ
モグモグモグ。
ごっくん。

口の中に広がるバニラの香り。
ポテチ特有のしょっぱさが
後から効いてくる。

口の中はしょっぱい。

でも、鼻の奥は、
苺のショートケーキの匂いがする。
うおお、これは新体験だ。

 

気になる感想は、、、

…うーん。

単刀直入に言うと、、、
なぜ、これを組み合わせようと思った?
って感じ笑

美味しかったか、ですって?
美味しい訳ないでしょう。
普通に考えて。笑

もう二度と買いませんよ。
こんなポテチ。

だって、普通に考えて、おかしいでしょ?汗
「ポテチと苺のショートケーキを一緒に食べると美味しいんですよ!」
…なんて話、聞いたことないじゃないですか笑

あれです、あれ。
「ラーメンとケーキ」の法則です。

ラーメンも、ケーキも、
単品で食べると美味しいのに、、、

2つを組み合わせて、
「ケーキラーメン」
なんてものを作っても、美味しくないっていう、あの法則です。

普通に考えれば当然なのに、、、
気づくとそんな失敗をしてしまう。
こういうことって、案外多いですよね。

普通に考えれば分かることなのに、
「いやいや、それ組み合わせちゃマズいだろ」
ってことを、やってしまったりする笑

なぜ、こんな過ちが起こるのかと言うと、
「部分的な良さばかりを見てしまって、全体を見ていない」
「中途半端に真似しようとして、良いところを全て潰してしまう」
のが、理由なのだと思います。

本当に良いとこ取りしようとしてるなら、別々に作ったほうが100倍マシなのにね苦笑

それにしても、、、
苺のショートケーキ味のポテチは、
明らかに失敗でしょう?汗

もちろん、たまに上手くいくこともあります。誤解されると困るのですが、試行錯誤すること自体は否定していないのです。むしろ、素晴らしいことだと思います。

それに、こんな邪道なものでも、短期的に成功することだってあります。それこそ、話のネタとして買わせるのがこのポテチの本当の目的なら、僕は、まんまとその策にハマってしまった訳です笑

でも、こういうのって、長続きしないですよね…笑

 

株でもそうなのですが…。

「逆張りの知識を順張り投資に使う」とか、
「順張りの知識を逆張り投資に使う」とか、
(あなたなら分かるでしょうが…)

「いやいやいや、その組み合わせはどうなのさ⁉︎」
ってことをする人がけっこう居るんですよね笑

これ、逆なら良いんですよ。
「逆張りの知識を逆張り投資に使う」とか、
「順張りの知識を順張り投資に使う」なら、ね。
これなら、普通でしょう?

普通に、王道を行けば良いだけなのに、、、
奇をてらったことをしようとして、全てを台無しにしてしまう投資家っていうのは、本当に多いです。それこそ、僕らシステムトレーダーなら、効果を実証した上でトレードできますけど、それ以外の人たちって、どうやってるんでしょうね?汗

一歩間違えれば、本当に危ないのに…。

僕らは、もうそんなことを考えるレベルではありませんが…。本当に利益を出したいと考えているのなら、奇をてらったことをする必要なんて、ありません。ただ、王道を行くだけ。そのためには、「知識をごちゃ混ぜにしないで、適切に組み合わせる」っていうのが本当に大切だと思います。

へんなポテチを食べて、
「知識をごちゃ混ぜにすること」の危険さを改めて認識した、
システムトレーダーの1日でした^^@

– 中原良太

 

PS

正しい知識の組み合わせ方を、知りたい? そんな方は、この本を読めば正しい投資法が身につけられると思いますよ。

http://goo.gl/rFhVko