失恋です。

失恋です。
失恋です。

「あの時、あんなことをしなければ!」

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

今日は、、、
僕の失恋話をしましょう。

相場が荒れているこんなときに、
「なんで失恋話!?」
と驚く方もいるでしょう笑

でも、、、
安心して下さい。
僕らトレーダーにとって、
すごく大切な話もします。

なので、、、
ぜひ最後まで読んで下さい!

2010年。大学2年生の頃。

僕は、、、
テニスサークルに入り、
塾のアルバイトをこなし、
とあるベンチャー企業でインターンし、
株式投資をしていました。

むっちゃ忙しそうでしょ?笑

しかも、、、
大学の成績が良く、
サークルでもそれなりに活躍しており、
アルバイトでもそこそこの信頼を得て、
インターン研修で仕事をガツガツ学びながら、
株でも安定した利益を出す。

どう見ても、順風満帆な生活をしていました笑
自分に自信を持ち、「僕は最高の生活をしてる」と、断言できる。充実した毎日でした。

でも、、、
2010年の10月。
20歳の誕生日に、大きな転機が訪れました。

 

失恋です。

僕にとって、20歳の誕生日は、
「失恋」という大イベントしかなかった。
そうとも言えるでしょう。

情けない話ですが、
たった1つのイベントの影響で、
僕の人生はガラッと変わりました。

今までの生き方全てを否定されたと思いました。
失恋当時は、ご飯が喉を通らず、
気づけば3キロも痩せていたことを覚えています。

学校の成績も落ち始め、
ストレスのせいにしてタバコを吸い始め、
健康状態もボロボロ。
しかも株も大損し始めてしまい…。

何もかもが悪化していきました。

なんとも情けない男ではありませんか笑
…まぁ、自分のことなんですが笑

失恋のきっかけは、僕の自分勝手でした。
「◯◯してください!」
と無理なお願いをしては、彼女を困らせていた記憶があります。

今考えれば、サイテーなことをしてました汗

僕は後悔に後悔を重ね、
「あの時、あんなことをしなければ!」
と、ひたすら自分を責めたことを覚えています。

因果応報。当然の報いです。
自分が全部悪いのだから。

そして不思議なことに、、、
僕の後悔の念が強まれば強まるほど、
周りのことが全て悪い方向に動いていくのです。

「あのとき、◯◯していれば!」
「あそこで、◯◯してなければ!」
「◯◯に、相談しておけば!」
「◯◯のとき、話を聞いておけば!」

後悔するほど、成績が落ちる。
後悔するほど、不健康になる。
後悔するほど、株で大損する。

面白いぐらいに、僕の状況は悪化していきました笑
神様からの「罰?」だと思ってしまうくらい。
いやぁ〜〜。辛かった。

本当に、お酒を飲まない日が無かったくらい。
それくらい、自堕落な生活を送っていたと思います。

・・・
・・・
・・・

それから半年後。
僕は、そんなボロボロの状態から脱することができました。元どおり、順風満帆な生活を取り戻すことができました。

これには色々といきさつがありますが、、、
この生活を取り戻せた一番の理由は「自分の過去に踏ん切りをつけられた」というのが、一番の理由だと思います。

つまり、「まぁ、しょうがなかったよな」と。後悔のサイクルから抜け出せたのが大きな理由だと思います。

失恋当時、当事者であるときには気づけませんでしたが、、、

やはり、後悔ばかりしていて、「今」や「未来」を見ていない人って、良い暮らしをしている人が少ないと思うのです。

だって、後悔している人は、「過去の自分を慰める」ことばかりに時間を費やしてしまうから。「あのとき◯◯しておけば!」なんて考え方は、結局は何も生み出しませんからね。

本当に大事なのは、「過去の自分」を慰めることではなく、「未来の自分」を幸せに導くことです。そのために、いま僕らは生きているわけですから。

だから、「過去の出来事」と「これから起こること」はきちんと切り離して考えるのが大切だと思います。そして、僕らはいつだって、未来のために準備する必要があるのではないでしょうか。

過去の自分を満たすために生きるのか、
未来の自分を満たすために生きるのか。

これは、大きな違いだと言えるでしょう。

 

実は、これは株でも同じだと思います。

もちろん、過去の相場を分析するのは大切です。
僕らシステムトレーダーだって、過去の分析をするのが、分析の大半を占めていますからね。

でも、視点は常に未来を向いていなきゃいけないと思うのです。

「過去の自分」をなぐさめるためにバックテストをするのか。
「明日の自分」のためにバックテストするのか。

ここを勘違いしてしまうと、得られる成果というのは、本当に大きく変わってきます。

だからこそ、改めてあなたに問いたい。

あなたは、過去の自分をなぐさめるために、バックテストしていますか?
それとも、明日の自分のためにバックテストしていますか?

– 中原良太

 

PS

未来に活かせる株の技術を習得したいという方は、この本を読むのがオススメ。

http://goo.gl/rFhVko