雑草魂

雑草魂
雑草魂

これ、ケッコー面白そうじゃないですか?

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

ああ、ショック。
全然足りない。

こないだの、
株式予報・マスターマインドの話ですが、
希望者が14名だったので、

今回はお流れ…ということにしました。
本っ当に残念!!!

希望をくれた方の中には、
いつも仲良くしてくれている投資家の方も沢山居たので、
申し訳ない気持ちでいっぱいです汗

また機会がありましたら、
お誘いしますので、そのときに宜しくお願いします!

…ふぅ。
気をとり直して、
今日も一丁、タメになる話でもしますか!

今日お話しするのは、僕の座右の銘の話。
(あ、「バックテスト命」とか「試行錯誤」じゃないですよ笑)

 

ぼくのお母さんがいつも言っている言葉。

彼女は、数多くの名言(迷言?)を残しているのですが、
中でも、僕の心に強く響いている単語があります。

それは、、、
「雑草魂」です。

この言葉、僕は本当に気に入っているんですよね…。

どういう意味なのかと言うと、
「雑草のように生きろ」
ということなんですが。
(そのまんまやなぁ笑)

雑草って、、、

「汚い」と言われ、
「邪魔」と言われ、
「臭い」と言われ、

踏まれても、踏まれても、踏まれても。
刈られても、刈られても、刈られても。

また、伸びてきますよね?

このような逆境でも、
「強く生きろ」ということを何度も言われました。

この言葉が生まれた背景には、
ぼくの母親が恐ろしいほどの逆境に、
叩きのめされてきた過去があります。

この話を聞いたのは小学生のころだったのですが、
僕は、思わず涙したことを覚えています。

…まあ、この話をすると、
あまりに空気が重くなってしまうので、
ここでは控えますが苦笑

そんな母親に育てられたからなのか。
僕は、逆境に対する耐性が強いです。

いや、耐性が強いというか。
とことんポジティブなんですよね。

「ただでは転ぶな。起きるときには石ころ1つでも拾いあげろ」
「考えても分からないことで悩むな、やってみてから考えろ」

などなど。

だから、相場で含み損が出ても、

「ああ、良いこと学んだ。次からはこの失敗をせずに済む」
「どうすれば、次からはもっと利益につながりやすい株を見つけられるだろうか?」

なんて、喜んでいます。笑

きっと、僕らシステムトレーダーはみんなそうだと思います笑
損が出れば出るほど、嬉しい。

その分、良いデータがとれた訳ですから。
はたから見れば、きっと気持ち悪いでしょうが^^;

そしてこんな僕の生き方・哲学は、
彼女(母)から学んだことが多いのです。

 

もちろん、良いところばかりじゃあ、ありません。

そんな「雑草魂」の精神を受け継いだ僕は、
貧乏性というオマケに悩まされることも多い笑

たとえば、、、

「ご飯をひとつぶも残せない」
「お腹いっぱいだけど、残っているおかずを食べないと気が済まない」
「もう使わないけど、モノが捨てられない」

とかとか。短所(?)も沢山あります。
まあ、僕自身が短所だと思っていないから、それはそれで良いんだけど。

そうそう。貧乏性って言葉で、思い出したことがあります。

僕がYahoo!ファイナンスで書いている、
「◯月◯日に買ったら危険な銘柄はこれだ!」
っていう記事。

これも、貧乏性が全てのはじまりでした。

どういうことかというと、
危険な銘柄っていうのは、
「大量に余っている売りシグナル」
を配信する場所なんです。

もちろん、これも統計的に根拠があるので、
凄く価値のある情報なワケです。

なのに、、、
この記事を書くまでは、
僕はシグナルを廃棄し続けていました。

もったいない…。
なんとも言えない、このモヤモヤ感…。

その先に見つけたのが、
「そうだ、【今買わない方が良いよ!】って知らせる、危険信号として配信すれば良いんだ!」
という、アイデアでした。

今では、毎回のようにランキングに掲載されるほど、
人気なコンテンツになってしまいましたが笑

「危険な株はこれだ!」というコンテンツの発端は、
こんな些細な思いつきだったんですよね。

 

実は、、、

いまいちど、僕の貧乏性が輝きだそうとしています。

年明けに発表した
「株式予報(ゴールド)」
という、商品を覚えていますか?

これは、発売してから、たったの2日で完売するほど、
人気の商品だったワケですが…。

実は、この「株式予報(ゴールド)」でも、
配信しきれていない、大量のシグナルがあります。

つまり、「勝率70%」で超優秀な売買シグナルたちが、
毎日のように廃棄処分されているってことなんです。

これ、すごく勿体なくないですか?

イメージ的に言うと、、、
「売れねぇから、捨てよう!」と、
超高級なウニとかカニが捨てられている感じ。

これ、すご〜く、勿体ないですよね。

どうせなら、この余ったシグナルを、
「売り切れてしまったから、買えなかった!」
という方に向けて、配信したいですよね。

しかも、1日あたり10銘柄〜20銘柄くらい、
大量のシグナルが来るようなサービスができたら…

 

これ、ケッコー面白そうじゃないですか?

僕がイメージしているのは「宝さがし」です。

勝率70%の売買シグナルが、
毎日、大量に送られてくる中で…。

購読者の方には、それを宝探しのように探索して、
「おお、コレは!」
という銘柄を見つけてもらう。

名前としては、
「トレジャーボックス(ゴールド)」
とか、良いんじゃないかなぁ?

…とまぁ、こんな具合で。
読者の方が喜んでくれそうな情報配信を、
計画しています笑

もし、希望者が多いようなら、
これも「商品化したいなぁ」なんて思っているので、
ぜひご連絡ください^^@

もちろん僕に決定権は無いので、投資顧問業者さんが納得してくれれば、の話ですが汗

…とまぁ、それは良いとして。

雑草魂。

投資家にとっては、
「踏みつけられても、くじけない」
「転んでも、立ち上がり続ける」
「そして、全ては自分で責任をとる(人のせいにしない)」
この3つの雑草美学が、成功に必要なんじゃないかなぁって、
思う今日このごろです。

どう?

「雑草魂」っていう考え方、あなたも素敵だと思わない?

– 中原良太