中原、大損中!?

中原、大損中!?
中原、大損中!?

大損する原因はすべてで3種類ある。

From: 中原良太
横浜の自宅より、、、

うおおお!
波乱万丈!
先週は大変でしたね。
僕は特に、金曜日にやられました。

今日もすごく下がった。
いやぁ〜、2月初めは波乱万丈だ。
なんと言っても、だって、900円安ですからね。

最近、僕は、
「株式予報(プラチナ)」
のテスト運用に勤しんでおります。

これ、僕が今まで使っていた投資法の強化版です。
それはもう、むっちゃ良いルールでして。

超大型株から、安定した成績を叩き出しています。ゴールデンウィークに公開予定なのですが、、、

 

実は、いま中原は大損中です。

いま中原は、株式予報(プラチナ)を使って、
500万円をテスト運用しています。

1月にはまぁまぁな成績を残してくれたのですが、2月からの調子が良くないです。というか、ぶっちゃけ、損しています。

まぁ、お金が半分になっちゃうとか、そんなことはありません。大体、5%くらいの損です。額面で言えば、25万円くらいかな?

ですから、日常茶飯事な出来事なので、悲観はしていません笑

本当にもう、ほったらかしな状態です。

どうやら、私の周りにも同じように損して、悩みを抱えている方が多いようですね。今日はこの点について話をしていこうと思います。

 

大損する原因はすべてで3種類ある。

1つ目は、想定の範囲内である場合
2つ目は、自分の投資法に問題がある場合
3つ目は、相場が異常な場合

僕らシステムトレーダーが大損する原因っていうのは、大体この3パターンに分類されます。

1つ目「想定の範囲内である場合」は、あまり気にする必要はありません。
想定の範囲ですから、別に恐れることじゃないですよね。
特に、ドローダウンが更新されていない場合は、あまり意識する必要が無いと思っています。通常、「システムトレードをやっていなかった場合」の方が悲惨な目に遭っているはずなので、「あまり損してなくて良かった!」という結論に至るかと思います。

2つ目「自分の投資法に問題がある場合」は、カーブフィッティングをしているってことです。

たとえば、売買ルールの中に、10個以上の条件式が入っているとか。こういうのは、カーブフィッティングしている(自分の戦略を過大評価している)可能性が高いです。自分の売買ルールを見て、条件式が4〜5個程度に抑えられていることを、確認してみるのが良いかもしれません。

3つ目「相場が異常な場合」は、どうしようもありません。こればっかりは、システムトレードの弱点ですから、諦めるしかありません。だって、データが無いんだもの。

たとえば、オリンピック相場とかは、あまりに強烈な上昇相場だったので、空売りをやっていた方は手痛くやられたかと思います。

2016年以降から調子が悪くなってきたシステムトレーダーが多いのは、チャイナ・ショックや原油安など、複合的かつ巨大な悪材料が出ているため、これが原因かもしれませんね。

この場合は、いともカンタンにドローダウンが更新することになります。それこそ、「最大ドローダウンが更新された」「ドローダウンの期間が今まで異常に長い」という場合は、この可能性を意識した方が良いと思います。

したがって、「今まで起こらなかったから大丈夫」と考えるのはいささか早計です。ですから、「変なことが起こっても、損を小さくとどめるためのリスク管理」がとても大切。

こんな感じで、今のうちに、自分がこの3つのうち、どのパターンに当てはまっているのかを確認しておくのが良いでしょう。

う〜ん、やっぱり株って奥が深い。難しいなぁ。

CMEなどを見ているかぎり、明日には反発しそう…にも見えますね笑

色目が出てきてしまう笑

まぁ、自分の勘で判断するよりも、統計に頼った方が、信頼できることは明らかです。ルールを信じて、シグナルに従うのみ!

– 中原良太

 

PS

株式予報・マスターマインドで、相場の攻略法を学んでみたい? 少しでも興味があるのなら、明日までにお問い合わせフォームから「氏名」と「希望のテーマ」をご連絡ください。20名以上の方からお問い合わせをいただいた場合は、マスターマインドを開いてみようかなぁ…。(現在、4人からのご希望を頂いています!)

お問い合わせフォーム

 

PPS

マスターマインドに参加する余裕がない方は、代わりに本を読むっていうのも良いと思いますよ。これだけでも他人の考え方が見えて、成長速度は2倍になるかもしれません。

http://goo.gl/rFhVko