【意外】テクニカル分析を使った割安株投資があるって本当?

【意外】テクニカル分析を使った割安株投資があるって本当?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【意外】テクニカル分析を使った割安株投資があるって本当?

テクニカル分析を使った割安株(バリュー)投資をする方法って、ご存じですか?

こんばんは、中原です。

今日はクリスマスですね!(歓喜)

クリスマスとは言っても、僕はとくに予定もなく、、、

株について考えて、考えて、考えて…。

と、相変わらずのヲタク生活を送っています笑

今、このブログを読んでいるあなたも、きっと株マニアなことでしょう笑(でなければ、クリスマスにこんなブログを読みませんからね笑)

さて、クリスマスということで、私から読者のあなたにプレゼントとして、

「新しいバリュー投資」のノウハウを、1つだけご紹介しましょう。

実は、割安株には『2つの種類』があるんです。普通の人は、1種類は知っています。

今回は、もう1種類のバリュー投資の方法をご紹介しましょう…。

 

目次

  1. 他の銘柄と比べて、(株主にとっての)収益性が高い
  2. 過去の株価と比べて、安くなっている
  3. まとめ:使い分けが重要。

 

1. 他の銘柄と比べて、(株主にとっての)収益性が高い

他の銘柄と比べて、(株主にとっての)収益性が高い

一般的な割安株の見つけ方。

わざわざ私が紹介しなくても、他の人が紹介してくれてるでしょうが、念のためお話ししておきましょう。

通常、割安な株を探すときには、「他と比べてどれだけお得感があるか」という点が重要になってきます。

たとえば、「10万円で、1000円のクオカードがもらえる」という優待銘柄Aと、「10万円で、2000円のクオカードがもらえる」という優待銘柄Bがあるとしましょう。

  • 優待銘柄A:10万円で1000円分のリターン
  • 優待銘柄B:10万円で2000円分のリターン

普通に考えれば、優待銘柄Bの方が魅力的ですよね? なんでかというと、同じ金額を投資するだけで、Aの倍以上のリターンが得られるから。このように、一般的な割安株の見つけ方としては「他と比べて得られるリターンが大きいかを確かめる」という方法があるわけです。

この方法は、長期保有を前提としている投資家には使われやすい投資法です。

長く持とうとしている投資家にとっては、1%や2%の違いが、のちのち大きな違いをもたらします。それこそ、リターンの大きさを大きく左右しますからね。

ですから、バリュー投資をするときには、

  • PER、PBRが他の銘柄よりと比べて小さい
  • PSR、配当利回りが他の銘柄と比べて大きい
  • 競争優位性・ブランド価値が他社よりも大きい

以上の3点などが重要になってくるわけです。

…とまぁ、普通はこういう銘柄の探し方をして、割安な株を探すんですが。

他にも割安な株の探し方というのがあって、、、

 

2. 過去の株価と比べて、安くなっている

過去の株価と比べて、安くなっている

過去の株価と比べて、株価が安くなるというのも、一つの割安の基準なんです。

…まぁ、投資をしていれば、無意識のうちにも「安ければ良い」とか考えますよね笑

ですが、これって結構大切なんです。

  • 株価が安くなれば、株を買いたくなる投資家が増えてくる

というポイントは押さえておくべきなんです。

なぜなら、「他の株と比べて、この株はお買い得だから」という投資家の他にも、「昨日よりも割安だから欲しくなった」という投資家が必ず居るから。

というか、投資家の殆どは企業分析とか周囲の分析なんてやってませんから、過去との株価比較の方が圧倒的に加味されやすいということなんです。

他にも「ソニーの株が買いたい!」とか。個別株に集中して考える投資家も多いでしょう。そんな投資家は、他の株には見向きもせず、ただただ、1つの銘柄の動きを観察して、今か今かと投資のタイミングを探っているわけです。

このように、案外「過去の株価」を見て投資をしている人が多いんです。ですから、他社との比較だけで投資判断を下すというのはなんともナンセンスな話なわけです。

 

3. まとめ:使い分けが重要。

まとめ:使い分けが重要。

以上のように、割安株を探す方法というのは、大きく分けて2種類あります。

最後にお伝えしたいのは、「この2つの割安株投資を使い分ける」ということなんです。

そもそも注目度の低い株式の場合は、周囲の株との比較が重要になったり、注目度の高い株式はブランド価値も高いはずですから、過去との株価の比較が大切になったりと。

株式によって、過去比較が重要なのか、他社比較が重要なのかが分かれてくるんです。ですから、きちんとその特性を掴んだ上で投資するのが大切だと言えるでしょう。

ちなみに、この2つを見分けるときには、みんかぶというサイトが使いやすいです。

私もYahooの株価予想でよく掴んだ使うサービスですので、ぜひあなたも利用してみて下さい!

ということで、今回は以上で終わります!

また次回、お会いしましょう!