【必見】ラクして稼げる株式投資養成講座。

【必見】ラクして稼げる株式投資養成講座。
【必見】ラクして稼げる株式投資養成講座。

「ラクして稼げる」投資家養成講座。今からその方法をご紹介します。

こんばんは、中原です。

最近、雑誌社からの取材が増えてきていて。。。プライベートな時間がない!

家に帰ってからも、株、株、株と、、、

もともと株は大好きですが、そんな僕ですら面喰らうほどの「株生活」が続いています苦笑

大好きなアニメもniconico動画も見れず、悶々とした生活を送っています。。。苦笑

さて、そんな僕が最近ずっと考えていることがあります。それは、、、

「ラクして良い株を見つけること」です。

それで、考えているうちに気づいたことがあって。

何に気づいたかと言うと、、、

 

目次

  1. 「ラクする」ことと「考えない」ことは別だ。
  2. 「考えない」のは、最もラクでない選択肢だ
  3. まとめ:1つのテーマをとことん研究しつくせ!

 

1. 「ラクする」ことと考えないことは別だ。

「ラクする」ことと考えないことは別だ。

僕が気づいた「ラクして良い株を見つける方法」は、「考えること」だということ。

それこそ、「1日5分で最善・最高の銘柄を見つけるために、自分ができることは何か?」をひたすら考え抜くことに、全ての可能性が眠っているということなんです。

正直、「考える」こと自体がしんどいのですが、、、

「考えない」と、のちのちその怠けが大きく響いてくるんですよね。

それこそ、1日1%の改善があれば、365乗すれば、1年後には、同じ努力から36.7倍の成果が出せるようになると。

逆に、何も考えずに1日1%の劣化があれば、365乗すれば1年後には0.03倍の成果しか出せるようにならないと。

つまり、1日で得られる成果を最大化するためには、些細な点、1秒、1%にまで気を配り、少しでも楽になれる方法を考えていく必要があるってことなんです。

考えるのをやめた、その瞬間から、1年で「30倍」もの格差が起こりうるってことなんですよね。1年間怠けた人と1年間工夫し続けた人を比べれば、その差は「900倍」になります。

もう1000倍ですよ、1000倍。これって、ものすごい差なんです。それこそ、時給1000円か時給100万円かの差なんです。

この事実を知ったら、改善をやめられなくなっちゃいますよね。

…さてと。

「そもそも、ラクをするって、考えないことじゃないの?」と考える方もいるでしょう。ですが、それは違います。

私の言うラクというのは、「少ない労力で、大きな結果を出す」ことであって、

「考えないこと」ではありません。

私が言いたいのは、「毎日少しずつ考えるだけで、同じ努力で20倍も30倍も大きな結果が得られるよ」っていう話。しかも、考えるのは無料です。1円もかけずに、無料で大きな成果が得られるっていうわけ。

無理やり時給換算するならば、時給1万円の人なら、「5分考える」というのは、「1日1000円貯金する」というのと何ら変わらない訳です。

1日1000円の貯金って、そんなに大変なことじゃないですよね?

それくらい簡単なことを、コツコツ、地道に積み重ねるだけでも、1年後には20倍、30倍の結果を出せるようになるってことなんです。

1日5分だけでも考える時間を作って、少しでも良い投資法を考える。1%だけ前へ踏み出す。その心意気が大事ってこと。

「全く同じエネルギーで、1%でも多くの結果を生み出す」

この方法を考えるのが大切ってことなんです。まるで人生論みたいな話になってしまいましたが、、、笑

資産運用だって一緒です。

「100円を使って、101円を生み出す」

この考え方が大事だと思うんです。

 

2. 「考えない」のは、最もラクでない選択肢だ

「考えない」のは、最もラクでない選択肢だ

だから、「ラクをすること」と「考えないこと」をごちゃ混ぜにしてはいけない

大きな結果を得たいのならば、とことんラクをしなきゃいけない。

そして、ラクするためには考えなければいけない。ラクせずにいると言う時点で、既に思考停止してるってことなんです。

思考停止すれば、後は0.99倍の世界に転がり落ちるだけです。今は利益を出せているかもしれませんが、近い将来に痛い目を見ることになるはずです。

「いや、そうは言うけど、考えたってどうにもならないこともあるじゃないか。」

という方もいるかもしれませんね。

そんな方は、そもそも考え方が間違っています。

変えられないものについて「どうやって変えようか?」なんて考えたところで、何の意味もありません。

それこそ、「今、私は10億円を持っていないけど、10億円を持っていたら何をするかなぁ…」なんて考えたところで、殆どの場合は何の役にも立たないわけです。

ですから、焦点を「変えられるもの」に置かなければなりません。

例えば、こんな例はいかがでしょうか。

明日は相場が暴落しそうだなぁ。

あなたはこう思ったとします。

間違った考え方をしている投資家は、ここで、

いや、何とかなる!  上がれ!  上がれ!

と、根性論を持ち出します。まぁ、叶うわけないですよね。自分にはコントロールできないことに全てを委ね、自ら選択権を放棄しているんです。

逆に、正しい考え方をしている投資家は、

危なそうだから、そろそろ資金を引き揚げておくか…

と、行動を起こすわけです。「相場を変えることはできない。ならば、自分が行動を起こすしかない」と、考えるわけです。

すごく些細に見えるかもしれないんですが、この違いは大きいんですよ。

 

3. まとめ:1つのテーマをとことん研究しつくせ!

まとめ:1つのテーマをとことん研究しつくせ!

ありきたりな言葉かもしれません。

ですが、こういう「誰もが気づかない、当たり前のところ」に全ての利益の源泉が眠っています。

今日お話しした中でも大切なのは、

  • 1日1%でも改善すれば、1年後には大きなリターンになって返ってくる
  • 変えるべきは、「自分にコントロールできる全てのもの」

という2点です。

この2つさえ押さえていれば、誰でも超一流の投資家になれそうなものですが、、、

なみに、あなたはどう思いますか?