【テスト】誰もやらない投資の王道?

【テスト】誰もやらない投資の王道?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【テスト】誰もやらない投資の王道?

株を始めた人は、自ら「負け」のループに飛び込んでしまうが、、、

こんばんは、中原です。

こないだ、お気に入りのラジオを聴きながら株について考えていたとき、

「誰も王道の投資法を実践していないんじゃないか?」

と気づきました。

利益を出してる投資家なら誰でもやっていることなのに、ほとんど誰も教えていません。

「やればやるほど、利益を出せるようになる」

という投資法。

もちろん、損をすることもありますし、万能な投資法ではありません。

ですが、長期的な利益を出す方法です。考えてみれば簡単なのに、誰もやらない。

むしろ、そのかわりに「利益にならない」投資法ばかりを続けて、時間とお金を浪費してしまう、、、

これって、あまりにもったい無いですよね。

 

目次

  1. 誰もやらない投資の王道?
  2. 利益を出せる投資家を見分けるたった1つの質問
  3. まとめ:ゴールを知り、フィードバック機能を持つ。

 

1. 誰もやらない投資の王道?

誰もやらない投資の王道?

株式投資の鉄則と言えば、

「利益を増やして、損失を減らす」

ですよね。これが絶対です。この原則を守らなければ、利益を出せるようにはなれません。

理想的には、利益10に対して、損失5で済ませられるのが良いです。もっと言うと、勝率が66.66%、プロフィットファクターが2倍です。

さらに言うと、直近10年間の損益が最大ドローダウンの10倍あるというのが理想的です。

このように、「利益になりやすい投資だけを繰り返し、損につながりやすい投資には手を出さない」ことが重要なわけです。

たったのこれだけ。当たり前ですよね。

「利益につながりやすい投資法」と「損失につながりやすい投資法」

このの2つを、きちんと理解すれば、誰でも勝てるんです。

当たり前なんだけれど、それを実践している方は本当に少ないです。おそらく、個人投資家の中でも、20%くらいの方しか実践していないでしょう。

自分の投資法をきちんと振り返り、「利益につながりやすい投資法の特徴」や「損失につながりやすい投資法の特徴」を知らなければなりません。

それはつまり、、、

 

2. 利益を出せる投資家を見分けるたった1つの質問

利益を出せる投資家を見分けるたった1つの質問

振り返りを継続するための「道具」「習慣」を持っていなければならないということです。

少し余談ですが、その間セミナーで個人投資家の方とお会いする機会がありました。

彼は「なかなか利益が出せない。。。」と悩んでいる投資家だったのですが。

私は彼に、たった1つだけ、質問をしました。

なぜなら、このたった1つの質問で、成功する投資家と成功しない投資家を大体見分けられるから。

それは、、、

「あなたは投資記録をつけていますか?」

という質問。

振り返りができる、つまり、自分の投資スキルを本気で磨ける方は全員投資記録をとっています。記録をとっていないということは、「腕を磨く気がない」ということ。本気ではないということ。そもそも「稼ぐつもりではない」ということ。

そんなの、成功できるわけないですよね。

 

3. まとめ:ゴールを知り、フィードバック機能を持つ。

まとめ:ゴールを知り、フィードバック機能を持つ。

利益を出せるようになるためには、「利益を出すことを習慣化」する必要があります。

そして、そのためには「利益を出すための方程式を知る」のが大切です。

株の原理原則は、

  • 収益を増やす
  • 損失を増やす

たったこれだけ。このためだけに、自分に出来うることを全てやれば、誰でも利益を出せるんです。

そして、これを日進月歩で達成するためには、自分で自分の行動を管理して、「利益の原因」や「損失の原因」を知らなければならないんです。つまり、記録をとるのがむちゃくちゃ大切なんですよね。

さいごに、あなたに質問です。

あなたは、投資記録をとっていますか?

あるいは、これから投資記録をとりますか?

それとも、、、