決算書しか信じない人でも1度はチャート分析を学ぶべきだ

決算書しか信じない人でも1度はチャート分析を学ぶべきだ

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
決算書しか信じない人でも1度はチャート分析を学ぶべきだ

あなたは決算書を信じていますか?

僕が株式投資関係の記事を書いていると、こんな声を頂くこともあります。

「決算書を読まないなんて、お前は投資家じゃない」

手厳しいですね。。。投資家じゃないなんて…汗

たしかに、僕の専門はもっぱらシステムトレードです。これは、チャートや日々の株価データを分析して、「株の天気予報」を作るというような投資法です。「テクニカル分析」のビッグ・データ版みたいな感じ。

つまるところ、チャート分析ばかりやっているんですよね。

「ここで値動きが上向きだから…」

「出来高が増えてきているから…」

とか。こういう話ばっかり。企業分析など、殆どやっていません。

もちろん、ファンダメンタル分析も勉強したことがありますし、やろうと思えばできます。

ですが、ぼく個人的には、ファンダメンタル分析よりもテクニカル分析を信じているところがあって。…なかなか分かりあえないんですよね苦笑

上級者は、そんなことは無いんですが…。

 

目次

  1. 決算書の信者は「投資家心理」を学ぶべきだ。
  2. 「ささいな」工夫が、大きな収益の違いを産む。
  3. まとめ:チャートを読み、「投資家たちの考え方」を汲みとろう

 

1. 決算書の信者は「投資家心理」を学ぶべきだ。

まとめ

ファンダメンタル分析とテクニカル分析って、対比されることが多いですよね。

対比される理由は、とても簡単です。ファンダメンタル分析は「会社ベース」で物事を考えていくため、分析対象が会社なんです。たとえば、経営陣へのインタビューや、経営方針についての深掘りとか、市場規模の成長動向とか。

企業のことを調べたりして、「会社が本当に大きくなるのか」というところを評価するわけです。だから、単眼的な考え方をするというよりも、長期的な展望を気にする人が多い。短くても数ヶ月、長ければ数年〜数十年といった未来を見据えて投資するんです。

逆に、テクニカル分析をやっている人は、「投資をする人」について分析していく。「そもそも株価を決めているのは、売買している投資家たちだよね。だから、彼らの心理を予想できれば、上手く儲けられる」というのが、テクニカル分析信者たちの考え方です。人間のココロは移ろいやすいところがありますので、テクニカル分析では投資期間がとても短く、数週間〜数ヶ月というのが一般的です。

ね? 全然違うでしょ?

ここまで違うと、信者たちというのはどうしても「こっちが正しい」という考えに陥りがちで。排他的になってしまう気がします。

でも、本当はそれじゃダメで。

「もっと稼げるようになるためには、あいつらの長所も取り入れていこう」という考えに至るべきなんですよね。それこそ、決算書を読む人達は、銘柄選びの腕はピカイチだけれど、投資するタイミングを図るのが下手くそな人が多い。長期投資が週間だから、「1日〜2日ていどの違いなんて気にしない」なんて方が多いんです。

逆に、チャート分析をする人たちは、銘柄選びの腕はボロクソだけど、タイミングの図り方はむちゃくちゃ上手い。それこそ、コンマ1秒の差まで追求して取引のタイミングを考えていくんです。どちらも良いところがあるのだから、良い所どりをすれば良いのに…。

変に排他的になってしまうから、そこにあるヒントを見逃してしまったりするんですよね。

たとえば、決算書信者の人は、「チャートを見る」という習慣があるだけでも、得られる収益は絶対に変わってきます。

 

2. 「ささいな」工夫が、大きな収益の違いを産む。

makefg

チャートを読んでみると、「あれ、これって高すぎじゃね?」と見えることって、あると思うんです。決算書をきちんと読みこめば、それでも割安ってことなんですけどね。

決算書信者の人は、そこを華麗にスルーして、「決算書を読んでいればOK」と高を括ってしまう。

ですが、他の投資家というのは決算書信者ばかりじゃないですよね。

チャートを読んで「あれ、これって高すぎじゃね?」と思った時点で、「今は買うのを止めておこう」と踏みとどまるはずなんです。ほんの少し「あれ?」と違和感があれば、購入を止めるのが人間。そういうときって、そもそも株を買う人が少ないはずなので、なかなか株価が上がらないはずなんです。

決算書を客観的な立場から観察するのは大切ですが、それと同じくらい、他の人の立場からチャートを観察するというのも大切です。このほんのわずかな違いだけで、収益に大きな差をもたらすことがあるんですから、普段から気を配っておきたいですよね。

 

3. まとめ:チャートを読み、「投資家たちの考え方」を汲み取ろう。

まとめ

そこそこ知識を蓄えたり、周りに自分よりも知識のある投資家がいなかったりすると、「自分が使っている、この投資法こそが世界でナンバーワンだ」とおごってしまいがち。

ファンダメンタル派とテクニカル派の対立が恰好な例ですが、、、

僕個人としては、こんなつまらない争いなんかやめて、「とりあえず良いとこどりしとけ」って思っています笑

お互いの投資哲学には一長一短がありますし、完璧な投資法なんて無いわけですから。

けっきょく、僕らには2つの選択肢しかありません。

  • 「自分の投資法だけ」を信じて、同じことを繰り返す
  • 新たな知識を習得して、自分の投資法を見直す

僕は、後者を選びます。

あなたは、どっちを選びますか?