「予想が当たった。ありがとう」という人は、いちど考え直した方が良い。

「予想が当たった。ありがとう」という人は、一度考えなおした方が良い。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
「予想が当たった。ありがとう」という人は、一度考えなおした方が良い。

お礼を言ってくれるのは良いんだけれど、、、

「中原さんの予想が当たりました!ありがとうございます!」

メルマガを送っていると、こんなことを言ってくれる読者さんが居ます。

まあ、せっかく送っているメルマガを使ってくれたので、嬉しいです。

嬉しいんですけど、その半面、寂しい気持ちもあって…。

こないだのpodcastでも話したんですが、僕は別に「株を買って欲しい」から予想している訳じゃないんです。

むしろ、読者の人には「ああ、そうやって銘柄を選べば良いのか!」という、株式投資のコツを知って欲しい

たとえが悪くなるかもしれませんが…。

 

目次

  1. 魚をもらい方ではなく、魚を釣る技術を学べ
  2. 「当たったからありがとう」は「外れたらバカ野郎」ということ
  3. 主導権を手放しているだけなのではないか?
  4. まとめ:「自分で良い株を見つけられる」ようになって欲しい。

 

1. 魚をもらい方ではなく、魚を釣る技術を学べ

魚をもらうのではなく、魚を釣る技術を学べ

たとえば、僕なんかは「予想記事」を毎日書いているわけです。しかも、そこである程度のパフォーマンスを残しています。最近なら、3ヶ月で+170%くらいのパフォーマンスを残しています。

それこそ、YAHOOで書いている予想記事とかだと、毎日株をピックアップするためには、「毎日、そこそこ魅力的な株」を見つけるための仕組みづくりをしなきゃいけない。

僕はただ、その仕組みを作って、継続的に、淡々と、銘柄予想の記事を書いているだけなんです。毎日夕方に時間をとって、0から魅力的な株を見つけ出すなんて、不可能ですもんね。

だから、「そこそこ良い株」を、「5分くらいで見つけられる方法」っていうのをとにかく考えてるんです。

答えから言ってしまうと、YAHOO!で紹介している銘柄は、このレポートの投資法を使って、株を探してるだけです。

もちろん、自分で編み出した投資法ですから、当たれば喜んでくれる人も多いから嬉しい。

でも、僕の予想銘柄を鵜呑みにして、「あれさえ見ていれば儲かる」みたいな勘違いをしている方もいるんですよね。

困ったもので、投資初心者の方ほど、私が予想する「株」にフォーカスしてしまいます。

ですが、本当に僕が注目して欲しいのは、「どうやってその株を見つけたのか」というところです。

僕が本当に喜ばせたいのは、予想記事を見て「当たった」「当たらなかった」で一喜一憂するような人じゃなくて。もっと長期的な目線で、「こうやって相場を分析すれば良いのか」「だったら自分でも見つけられるじゃないか!」と考えてくれるような方なんですよね。

こういう人の方が、ノウハウの価値を分かってくれるわけで…。

 

2. 「当たったからありがとう」は「外れたらバカ野郎」ということ

emoticon-13-xxl

「中原さんの予想が当たったよ! ありがとう!」

というお声を頂いています。こちらこそ、読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。

…ですが、その半面、ちょっとだけ残念です。

なぜかというと、1つの予想の当たり/外れで一喜一憂するような、単眼的な考え方をしてほしくないから。

これは僕の偏見かもしれないですが、一喜一憂している投資家って、「外れたら勝手に幻滅する」というイメージがあるんですよね。当たってれば、そのときは感謝してくれますが、外れたときにはすぐに離れていってしまう。そんな短期的なお付き合いしかできない方とは、あまり近寄りたくないと思っています。

…ですから、そもそも僕は別に予想記事を当てまくることなんて考えてませんし、そんなことできません。もちろん、それなりの精度の予想は心掛けていますが、「予想屋」をやりたい訳じゃないんです。

しかも、こういう単眼的な考え方をするのって、投資家としては致命的なんですよね。

 

3. 主導権を手放しているだけなのではないか?

まとめ

株式投資をしている人でありがちなのが、「あの人の言いなりになろう」と、主導権を全て手放してしまう人。全ての主導権を手放し、人の言いなりになるだけで金儲けができると思ってるんですよね。

断言しますが、そんな人が成功できる訳がありません

自分で株を選べない投資家が、実力もないのに相場で勝ち続けることなんてことはほぼあり得ません。イメージとしては、スポーツ観戦しているファンみたいな感じでしょうか。

スポーツ観戦している人は、「いけー!」「攻めろー!」「(勝てば)やったー!」「(負ければ)バカヤロー!」なんて言っているだけで、本人は別に上手くありません。実力があるわけではないので、試合に出ても、勝てないですよね。

主導権を手放しにして、「稼げない」と悩むなんてのは、もう論外。

それは「スポーツ観戦が好きだから、試合に出たら勝てる」と思っているのと同じです。

思い込みって、本当に怖いですよね。

 

4. まとめ:「自分で良い株を見つけられる」ようになって欲しい。

まとめ

つらつらと色々なことを書いてきましたが…。

結局、僕が願っているのは、僕の記事や発言の中からヒントを見つけて、「自分で良い株を見つけられる」投資家になって欲しいということ。

もちろん、僕のセミナーに参加してくれたり、本を買ってくれるのも嬉しいです。

せっかく株式投資をはじめたのだから、投資を楽しんで欲しい。

そして、自分の手で利益をつかんだときの喜びを知って欲しいと思っています。

「予想を読んで満足する人」と「予想を読んで、深読みする人」。

あなたはどっちになりたいですか?

答えは明白だと思いますが。