【上級者向け】マーケット・インパクトが気になる方に覚えておいて欲しい、注文方法の特徴。

【上級者向け】マーケット・インパクトが気になる方に覚えておいて欲しい、注文方法の特徴。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【上級者向け】マーケット・インパクトが気になる方に覚えておいて欲しい、注文方法の特徴。

システムトレードをしている方なら誰でも知っている基本用語。「マーケット・インパクト」。周りのシステムトレーダーを抑えて、一歩先に行きたい方が知っておきたいコトを1つ、ご紹介しましょう。

マーケット・インパクトという言葉。

もしあなたがシステムトレードをやっているなら、きっとご存じかと思います。

…知らないという方もいらっしゃるかもしれませんので、まずはこの言葉の定義をご紹介しますね。

マーケット・インパクト:自分の投資や、似たような投資をしている投資家のせいで株価が不利な方向に変わってしまうこと。マーケット・インパクトが大きいほど、自分の売買で株価が不利に動くため、お金を多くもっている投資家ほど、インパクトを避けなければ、損をしてしまう。

さて、ご存じの方も、ご存じでない方も、これで同じスタート地点に立ちましたね。

そこで今回は、「注文方法」で、このマーケット・インパクトの影響が大きく変わるということをご紹介しましょう。あなたがシステムトレーダーなら、きっと役立つ情報ですので、ぜひ最後まで目を透してみて下さいね^^@

 

目次

  1. ◯◯注文では、マーケット・インパクトが大きくなりやすい
  2. まとめ:上級者なら、注文方法にも気を配ろう!

 

1. ◯◯注文では、マーケット・インパクトが大きくなりやすい

◯◯注文では、マーケット・インパクトが大きくなりやすい

さて、注文方式の方法をご紹介する前に、株を買おうとしている投資家には、3種類のタイプがあることをご存じでしょうか? それらは、以下の3つのタイプです。

  • 株価が「上がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「下がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「どう変わっても」株を買いたいと思っている投資家

以上が、3つのタイプの投資家です。

これを更に分けると、以下のように細かく分類することもできます。

  • 株価が「すごく上がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「少し上がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「すごく下がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「少し下がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「どう変わっても」株を買いたいと思っている投資家

こんな感じです。

さて、ここでマーケット・インパクトの定義について振り返ってみましょう。

マーケット・インパクト:自分の投資や、似たような投資をしている投資家のせいで株価が不利な方向に変わってしまうこと。

これはつまり、「自分の他にも、同じタイミングで株を買おうとしている人が居ると、自分も不利な価格で株を買ってしまうことがある」ということです。よって、マーケット・インパクトを避けるためには、同じタイミングで株を買おうとしている投資家が少ないことが大切になってきます。

…ということは、「凄く株価が上がったとき」と「凄く株価が下がったとき」は、マーケット・インパクトが大きくなりやすいということがお分かりいただけるでしょうか?

…難しいですか?汗

じゃあ、具体的に説明していきましょう。

もし、あなたが「今日、株価が5%下がったら買う」という計画を立てているとしましょう。

「5%の下落」というと、かなりの急落です。これだけ大きく下がれば、あなたは有利な価格で株を買えると思うでしょう?

…ですが、その一方で。

あなたは、以下の投資家たちと同時に(または似たタイミングで)株を買おうとしているということにもなります。

  • 株価が「すごく下がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「少し下がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「どう変わっても」株を買いたいと思っている投資家

…結構多いでしょう? 全てで3パターンもの投資家たちが、あなたと同じようなタイミングで株を買おうとしていることになるんです。

じゃあもし、あなたが「今日、株価が1%下がったら買う」という計画を立てているとしましょう。

1%くらいの変化なら、株式相場では日常茶飯事です。あまり大きな変化とは言えないでしょう。この場合、あなたと同時(または似たタイミングで)株を買おうとしている投資家たちは、

  • 株価が「少し下がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「どう変わっても」株を買いたいと思っている投資家

この2パターンしかいなくなります。…つまり、ライバルが減るという訳です。こうなってくると、マーケット・インパクトによる影響もあまり大きくなくなりますよね。

このように、「大きく下がったら買う」というような注文をしている方は、その分多くの投資家達によってマーケット・インパクトの影響を受けることになります。専門用語を使って言うと、「指値を深くすればするほど、マーケット・インパクトが拡大する」恐れがあるということなんです。

…よって、「深い位置の指値注文や寄指注文を使うと、マーケット・インパクトが大きくなりやすい」ということになります。

もちろん、これは逆の場合でも言えます。「大きく上がったら買う」という注文をしている方も、

  • 株価が「すごく上がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「少し上がったら」株を買いたいと思っている投資家
  • 株価が「どう変わっても」株を買いたいと思っている投資家

以上の3パターンの投資家たちがライバルになる訳ですから、マーケット・インパクトが広がりやすいと考えられます。ですから、「深い位置の逆指値注文を使っても、マーケット・インパクトが大きくなりやすい」ということがお分かりいただけるでしょう。

ここまでの結果を見てみると、マーケット・インパクトの影響が最も少ない注文方法は、「成り行き注文」ということになります。

もし、利ざやが薄いトレーディングをしているという方は、この点に注意しながら投資戦略を作るようにすると、良いでしょう。

 

2. まとめ:上級者なら、注文方法にも気を配ろう!

まとめ:上級者なら、注文方法にも気を配ろう!

マーケット・インパクトは、あなたの投資手法によって、その影響が大きく異なります。

今回は指値注文や逆指値注文ではマーケット・インパクトが大きくなりやすいという危険性をご紹介しました。

最強のトレーダーを目指すのなら、こういった些細なところにも工夫を凝らしておくのが大切です。もし、あなたがマーケット・インパクトを気にしているのなら、これからは注文方法についても考えてみたらいかがでしょうか?