【2015年版】11月のうちに仕込んでおきたい12月の優待銘柄5選

【2015年版】11月のうちに仕込んでおきたい12月の優待銘柄5選
【2015年版】11月のうちに仕込んでおきたい12月の優待銘柄5選

11月は、中間決算の発表が活発化し、投資しにくい時期ですよね…。そこで本記事では、11月の相場を攻略するために注目したい銘柄を5つご紹介します。

11月は、中間決算の発表が活発となるため、突然大きな値動きをする銘柄が多くなる時期としても有名です。…思った以上に好決算だった企業の株価は急上昇し、逆に決算が悪かった銘柄は株価が急落することから、

「うわ、こんなに株価が下がるの!?」

と、不用意な急落に襲われることも多々あるんですよね…。

準備をしていないと、簡単にお金を失ってしまう時期とも言えるでしょう。そんな11月を攻略するために、11月の傾向を分析した記事がこちらです。

…ここでは、具体的にどのような銘柄や業種が、11月に上がりやすい / 下がりやすいのかをご紹介しました。ですが、11月の相場を攻略する方法は、実はこれだけではありません。

11月相場を攻略するのにお薦めの銘柄…それは、「12月の優待銘柄」です。

そこで今回は、11月はじめから12月中旬にかけて、上昇傾向の強い12月の優待銘柄を、5つご紹介しましょう^^@

 

目次

  1. 注目すべき「12月の優待銘柄」、5選
  2. まとめ:これからの投資の参考に…。

 

1. 注目すべき「12月の優待銘柄」、5選

注目すべき「12月の優待銘柄」、5選

さて、それでは早速、11月初め〜12月中旬にかけて上がりやすい12月の優待銘柄を5つ、ご紹介しましょう!

なお、以降の内容は、以下の条件に則って売買したとき、特に成績の良かった銘柄をご紹介しています。

【検証方法】

  • 11月の初めに株式を購入する
    →45日保有したら、翌日に手仕舞う

この投資方法を使ったときに、特に利益を出しやすかった12月の優待銘柄をご紹介しましょう。

それでは、以下をご覧ください!

 

1-1.【勝率:100.00%】かんなん丸<7585>

【勝率:100.00%】かんなん丸

 勝率: 100.00 %
 勝ち数: 9 回
 負け数: 0 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 37,244 円  平均損益(率): 3.72 %
 平均利益(円): 37,244 円  平均利益(率): 3.72 %
 平均損失(円): 0 円  平均損失(率): 0 %

 合計損益(円): 335,192 円  合計損益(率): 33.52 %
 合計利益(円): 335,192 円  合計利益(率): 33.52 %
 合計損失(円): 0 円  合計損失(率): 0.00 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 999.99
 平均保持日数: 47.67 日

かんなん丸は、大庄のフランチャイズ店舗を運営しています。主力は「庄や」や「炉辺」です。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

優待食事券(500円)

5枚

100株以上

※大庄グループ全店で利用可
※産地直送品も選択可

10枚

500株以上

20枚

1,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待食事券は、大庄グループ全店できるため、使い勝手が良く、人気な優待内容だと考えられます。また、同社の優待は6月と12月の年2回受け取れることから、お得感の大きな優待だと言えるでしょう。

他にも、もし優待食事券が必要ないという方は、代わりに産地直送品を受け取ることもできます。その汎用性の高さから、優待の権利確定直前には、株式を購入する投資家が急増すると期待できるでしょう。

 

1-2.【勝率:100.00%】ブロンコビリー<3091>

【勝率:100.00%】ブロンコビリー

 勝率: 100.00 %
 勝ち数: 7 回
 負け数: 0 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 41,277 円  平均損益(率): 4.13 %
 平均利益(円): 41,277 円  平均利益(率): 4.13 %
 平均損失(円): 0 円  平均損失(率): 0 %

 合計損益(円): 288,941 円  合計損益(率): 28.89 %
 合計利益(円): 288,941 円  合計利益(率): 28.89 %
 合計損失(円): 0 円  合計損失(率): 0.00 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 999.99
 平均保持日数: 47.14 日

ブロンコビリーは、ステーキやハンバーグ専門レストラン「ブロンコビリー」を運営しています。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

(1)食事優待券または(2)新潟県魚沼産コシヒカリ

(1)1,500円相当

100株以上

(1)3,000円相当または(2)2kg

200株以上

(1)5,000円相当または(2)4kg

500株以上

(1)8,000円相当または(2)5kg

1,000株以上

(1)15,000円相当または(2)10kg

2,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待では、ブロンコビリーで利用できる食事優待券を受け取ることができます。ステーキやハンバーグにあまり興味の無い方でも、同社の優待券の代わりに、最高級の魚沼産コシヒカリを受け取ることができます。お米は誰でも食べられるため、優待としても非常に人気が高いと言えるでしょう。

 

1-3.【勝率:88.89%】ノバレーゼ<2128>

【勝率:88.89%】ノバレーゼ

 勝率: 88.89 %
 勝ち数: 8 回
 負け数: 1 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 107,484 円  平均損益(率): 10.75 %
 平均利益(円): 130,025 円  平均利益(率): 13.00 %
 平均損失(円): -72,847 円  平均損失(率): -7.28 %

 合計損益(円): 967,355 円  合計損益(率): 96.74 %
 合計利益(円): 1,040,202 円  合計利益(率): 104.02 %
 合計損失(円): -72,847 円  合計損失(率): -7.28 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 14.279
 平均保持日数: 47.33 日

ノバレーゼは、結婚式場を運営している会社です。式場運営の他にも、飲食事業も手がけています。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

レストラン優待券(30%割引)1枚

100株以上

※自社レストラン(一部除く)で利用可

株主限定カタログギフト(20%割引)1冊

100株以上

映画鑑賞券

1枚(12月のみ)

200株以上

1枚

400株以上

2枚

800株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待は、6月と12月の2回受け取れるため、お特感のある優待内容だと言えるでしょう。また、12月の優待では映画鑑賞券も受け取れることから、より充実した優待内容となっています。

レジャーが好きな方に人気な同社の優待。この優待を受け取るため、優待の権利確定直前には、株価が上昇する傾向が見られています。

 

1-4.【勝率:88.89%】ダンロップスポーツ<7825>

【勝率:88.89%】ダンロップスポーツ

 勝率: 88.89 %
 勝ち数: 8 回
 負け数: 1 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 69,886 円  平均損益(率): 6.99 %
 平均利益(円): 85,415 円  平均利益(率): 8.54 %
 平均損失(円): -54,347 円  平均損失(率): -5.43 %

 合計損益(円): 628,975 円  合計損益(率): 62.90 %
 合計利益(円): 683,322 円  合計利益(率): 68.33 %
 合計損失(円): -54,347 円  合計損失(率): -5.43 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 12.573
 平均保持日数: 47.33 日

ダンロップスポーツは、スポーツ用品を製造・販売するメーカーです。同社はゴルフクラブや、テニス用品などを販売しています。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

(1)ゴルフボールまたは(2)テニスボールまたは(3)自社グループ製品(タオル等)または(4)クオカード

(1)6個または(2)12個または(3)または(4)1,000円相当

100株以上

※(3)は100株以上1,000株未満の株主と1,000株以上の株主では内容が異なる

(1)12個または(2)24個または(3)または(4)2,000円相当

1,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待では、同社が製造するゴルフ用品やテニス用品を受け取ることができます。ゴルフやテニスをしている方にとっては、非常に魅力的な優待内容だと言えるでしょう。スポーツにあまり興味の無い方でも、代わりにクオカードを受け取ることができるため、汎用性の高い優待内容として人気が高いと期待できるでしょう。

 

1-5.【勝率:88.89%】京都ホテル<9723>

【勝率:88.89%】京都ホテル

 勝率: 88.89 %
 勝ち数: 8 回
 負け数: 1 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 50,478 円  平均損益(率): 5.05 %
 平均利益(円): 61,698 円  平均利益(率): 6.17 %
 平均損失(円): -39,285 円  平均損失(率): -3.93 %

 合計損益(円): 454,298 円  合計損益(率): 45.43 %
 合計利益(円): 493,583 円  合計利益(率): 49.36 %
 合計損失(円): -39,285 円  合計損失(率): -3.93 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 12.564
 平均保持日数: 48.11 日

京都ホテルは、京都ホテルオークラを主力とするホテル運営会社です。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

宿泊50%割引券

2枚

1,000株以上

※「京都ホテルオークラ」、「からすま京都ホテル」で利用可(割引適用外のパッケージプラン有)。一部除外日有

3枚

5,000株以上

宿泊30%割引券

2枚

100株以上

※「京都ホテルオークラ」、「からすま京都ホテル」で利用可(割引適用外のパッケージプラン有)。一部除外日有

13枚

1,000株以上

17枚

5,000株以上

飲食20%割引券

2枚

100株以上

※「京都ホテルオークラ」、「からすま京都ホテル」、「京都ホテルオークラ ザ・ガーデン岡崎」、「京都ホテルオークラ 新町1888」、「レストランオリゾンテ京都府立医大病院店」で利用可(割引適用外のパッケージプラン有)。「パネッテリア オークラ」、「ギフトショップ レインツリー」商品等は除く

15枚

1,000株以上

20枚

5,000株以上

婚礼(料理・飲物)10%割引券

2枚

1,000株以上

※「京都ホテルオークラ」、「からすま京都ホテル」で利用可(割引適用外のパッケージプラン有)。一般宴会の利用は除く

4枚

5,000株以上

「粟田山荘」飲食20%割引券

1枚

100株以上

※一部除外品有

4枚

1,000株以上

6枚

5,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待では、同社の運営するホテルで利用できる宿泊割引券や、飲食割引券を受け取ることができるため、京都付近を散策したい方には絶好の優待内容だと言えるでしょう。同社の優待内容の人気からか、優待の権利確定直前には、同社の株価は上昇しやすい傾向が掴めています。

 

2. まとめ:これからの投資の参考に…。

まとめ:これからの投資の参考に…。

以上が、11月のうちに仕込んでおきたい12月の優待銘柄5選でした。…今まで優待銘柄にあまり興味がなかったという方も、統計的な根拠を持つことで、

「ああ、優待銘柄も良さそうだな…」

と思えてきたんじゃないでしょうか?笑

もし、他の12月優待銘柄の11月から12月にかけての動向を知りたいという方がいましたら、データをまとめましたので、ぜひご活用くださいね!

このファイルを分析することで、もっと魅力的な12月優待株を見つけられるかもしれませんよ?

本日ご紹介した5銘柄は、どれも株主に人気が高く、11月以降に株価が上がりやすい銘柄しかありません。これからの投資に迷っているという方は、ぜひ本日ご紹介した5銘柄に注目してみてはいかがでしょうか?^^@