【2015年版】10月のうちに仕込んでおきたい11月の優待銘柄5選

【2015年版】10月のうちに仕込んでおきたい11月の優待銘柄5選
【2015年版】10月のうちに仕込んでおきたい11月の優待銘柄5選

10月は軟調な推移をしやすく、逆張りでも順張りでも利益を出しづらいシーズンですね…汗

10月といえば、中期決算が本格化する季節ですね。

このシーズンは、様子見する投資家が増えるため株価な上がりづらく、個人投資家にとっては苦しい時期だと言えるでしょう。

決算の良い株はその後に買いが集まりやすい傾向がありますが、それでも「決算が良さそうな株」を見つけるのは、専門知識も必要ですし、とてもむずかしいです…汗

…ですので、分析がニガテな人は、ニガテな人なりに、10月相場を乗り切る方法を知っておく必要があります。参考までに、10月相場の攻略法や、10月相場の特徴を以下の記事にまとめましたので、ぜひ読んでみて下さいね^^@

さて、10月相場の特徴も分かったところで、具体的な攻略法をご紹介しましょう。下がりやすい10月でも、上がりやすい傾向をつかめている銘柄もいくつかあります! ぜひ、これらの銘柄に注目して、これからの難しい相場を乗り切っていきたいところですね。

今回ご紹介するのは、「11月の優待銘柄」です。11月中に株主優待の権利確定がある銘柄は、権利確定直前に株価が上がりやすい傾向があります。今回は、これらの銘柄の中でも、10月以降に特に上昇傾向の強かった5銘柄をご紹介しましょう^^@

ぜひ、これからの投資に役立てて下さいね。

 

目次

  1. 注目すべき「11月の優待銘柄」、5選
  2. まとめ:これからの投資の参考に…。

 

1. 注目すべき「11月の優待銘柄」、5選

注目すべき「11月の優待銘柄」、5選

さて、それでは早速、10月初め〜11月中旬にかけて上がりやすい11月の優待銘柄を5つ、ご紹介しましょう!

なお、以降の内容は、以下の条件に則って売買したとき、特に成績の良かった銘柄をご紹介しています。

【検証方法】

  • 10月の初めに株式を購入する
    →45日保有したら、翌日に手仕舞う

この投資方法を使ったときに、特に利益を出しやすかった11月の優待銘柄をご紹介しましょう。

それでは、以下をご覧ください!

 

1-1.【勝率:75.00%】サムティ<3244>

【勝率:75.00%】サムティ

 勝率: 75.00 %
 勝ち数: 6 回
 負け数: 2 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 63,070 円  平均損益(率): 6.31 %
 平均利益(円): 125,919 円  平均利益(率): 12.59 %
 平均損失(円): -125,479 円  平均損失(率): -12.55 %

 合計損益(円): 504,558 円  合計損益(率): 50.46 %
 合計利益(円): 755,515 円  合計利益(率): 75.55 %
 合計損失(円): -250,957 円  合計損失(率): -25.10 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 3.011
 平均保持日数: 47.38 日

サムティは、不動産流動化をモットーとした不動産デベロッパーです。不動産分譲や、不動産賃貸事業を柱としています。同社の株主優待の内容は、以下の通りです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

(1)「センターホテル東京」・「センターホテル大阪」宿泊割引券(3,000円)
(2)「センターホテル東京」・「センターホテル大阪」無料宿泊券
(3)「天橋立ホテル」宿泊割引券(上限20,000円)

(1)各1枚

100株以上

(2)各1枚

200株以上

(2)各1枚および(3)1枚

1,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待では、ホテル宿泊の割引券や、無料宿泊券です。旅行好きな方にとっては、非常に魅力的な優待内容だと言えるでしょう。同社の優待内容は魅力度が高いことから、同社の株価は、優待の権利確定が行われる直前に上昇しやすい傾向が見られています。

 

1-2.【勝率:70.00%】カブドットコム証券<8703>

【勝率:70.00%】カブドットコム証券

 勝率: 70.00 %
 勝ち数: 7 回
 負け数: 3 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 53,778 円  平均損益(率): 5.38 %
 平均利益(円): 133,306 円  平均利益(率): 13.33 %
 平均損失(円): -131,787 円  平均損失(率): -13.18 %

 合計損益(円): 537,781 円  合計損益(率): 53.78 %
 合計利益(円): 933,143 円  合計利益(率): 93.31 %
 合計損失(円): -395,362 円  合計損失(率): -39.54 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 2.360
 平均保持日数: 47.20 日

カブドットコム証券は、インターネット証券を運営する、三菱UFJ系の証券会社です。同社の株主優待の内容は、以下の通りです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

自社証券口座に預託している自社株式の保有期間((1)6カ月まで、(2)7-12カ月、(3)13-18カ月、(4)19-24カ月、(5)25カ月以上)に応じて現物株式取引の委託手数料を割引

(1)0.5%(2)0.8%(3)1.0%(4)1.3%(5)1.5%

100株以上

※購入翌月から割引

(1)1.0%(2)1.5%(3)2.0%(4)2.5%(5)3.0%

400株以上

(1)1.5%(2)2.3%(3)3.0%(4)3.8%(5)4.5%

2,001株以上

(1)2.0%(2)3.0%(3)4.0%(4)5.0%(5)6.0%

4,001株以上

(1)2.5%(2)3.8%(3)5.0%(4)6.3%(5)7.5%

8,001株以上

(1)3.0%(2)4.5%(3)6.0%(4)7.5%(5)9.0%

12,001株以上

(1)3.5%(2)5.3%(3)7.0%(4)8.8%(5)10.5%

16,001株以上

(1)4.0%(2)6.0%(3)8.0%(4)10.0%(5)12.0%

20,001株以上

(1)5.0%(2)7.5%(3)10.0%(4)12.5%(5)15.0%

40,001株以上

以上が、カブドットコム証券の優待内容です。同社の株主優待は、株式を長く保有するだけ取引手数料が安くなることから、ネット証券で活発に売買されている方にとっては、非常に魅力の高い優待内容だと言えるでしょう。

特に、同社は、スリッページが発生しにくい証券口座として有名です。逆指値を利用した売買をしている方は、同社株を保有するだけで、売買手数料が安くなることから、長く保有するだけ元をとりやすいと考えられます。

 

1-3.【勝率:76.92%】壱番屋<7630>

【勝率:76.92%】壱番屋

 勝率: 76.92 %
 勝ち数: 10 回
 負け数: 3 回
 引き分け数: 2 回

 平均損益(円): 33,135 円  平均損益(率): 3.31 %
 平均利益(円): 50,804 円  平均利益(率): 5.08 %
 平均損失(円): -3,672 円  平均損失(率): -0.37 %

 合計損益(円): 497,018 円  合計損益(率): 49.70 %
 合計利益(円): 508,035 円  合計利益(率): 50.80 %
 合計損失(円): -11,017 円  合計損失(率): -1.10 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 46.114
 平均保持日数: 47.20 日

壱番屋は、首都圏・関西を中心に展開しているカレー専門チェーン店を運営しています。同社の株主優待の内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

優待券

1,500円相当

100株以上

※100の整数倍の店舗数になったごとに株数に応じて優待券を追加(100株以上1,000円相当、500株以上2,500円相当、1,000株以上5,000円相当)

5,000円相当

500株以上

10,000円相当

1,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の優待では、店舗数が増大、つまり企業が成長するほど、優待内容が充実していきます。同社が成長していくほど、同社の優待は魅力度が増していき、利回りも高くなっていくと言えるでしょう。

同社の優待は、カレー好きにはたまらない内容。その人気からか、優待の権利確定が迫っていくに従い、株価が上昇する傾向があります。これからの投資においては、魅力的な銘柄であると考えられます。

 

1-4.【勝率:71.43%】ホテル、ニューグランド<9720>

【勝率:71.43%】ホテル ニューグランド

 勝率: 71.43 %
 勝ち数: 5 回
 負け数: 2 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 40,426 円  平均損益(率): 4.04 %
 平均利益(円): 88,925 円  平均利益(率): 8.89 %
 平均損失(円): -80,824 円  平均損失(率): -8.08 %

 合計損益(円): 282,980 円  合計損益(率): 28.30 %
 合計利益(円): 444,627 円  合計利益(率): 44.46 %
 合計損失(円): -161,647 円  合計損失(率): -16.16 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 2.751
 平均保持日数: 48.14 日

ホテル、ニューグランドは、横浜港付近にある老舗ホテルを運営しています。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

1,000円相当の「横濱ニューグランドクラブ」入会金無料

100株以上

宿泊割引(10%割引)

100株以上

※株主優待証の提示により利用可

飲食割引(10%割引)

100株以上

※株主優待証の提示により利用可

「横濱ニューグランドクラブ」ポイント付与

200ポイント

100株以上

※200ポイントごとにホテル利用券と交換可。1ポイントで5円相当。3年以上継続して保有の場合、ポイントは10割増

400ポイント

500株以上

800ポイント

1,000株以上

無料コーヒー券

5枚

100株以上

10枚

500株以上

20枚

1,000株以上

以上が、同社の優待内容です。同社の株主優待では、同社の運営するホテルでの宿泊割引や、飲食割引を受けることができます。横浜が好きな方や、旅行を考えている方にとっては、魅力的な優待内容だと言えるでしょう。

 

1-5.【勝率:66.67%】ヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>

【勝率:66.67%】ヴィレッジヴァンガードコーポレーション

 勝率: 66.67 %
 勝ち数: 8 回
 負け数: 4 回
 引き分け数: 0 回

 平均損益(円): 57,758 円  平均損益(率): 5.78 %
 平均利益(円): 164,767 円  平均利益(率): 16.48 %
 平均損失(円): -156,262 円  平均損失(率): -15.63 %

 合計損益(円): 693,090 円  合計損益(率): 69.31 %
 合計利益(円): 1,318,136 円  合計利益(率): 131.81 %
 合計損失(円): -625,046 円  合計損失(率): -62.50 %

 プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 2.109
 平均保持日数: 47.58 日

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、書籍や雑貨などを販売しています。同社のコンセプトは「遊べる本屋」で、若者を中心に人気の高い事業を展開しています。同社の優待内容は、以下のとおりです。

優待内容名

優待獲得株数

備考

10,000円相当の買物券(1,000円×10枚)

100株以上

※1年以上2年未満継続して保有(株主名簿に連続3回以上5回未満記載)の株主には1枚、2年以上継続して保有(株主名簿に連続5回以上記載)の株主には2枚追加

以上が、同社の優待内容です。同社の優待では、同社の運営する店舗で利用できる買物券が受け取れます。優待利回りも高いことから、人気の高い優待内容だと言えるでしょう。また、同社株を長く保有するほど、受けられる優待内容も充実していくことから、長期保有するにはうってつけな銘柄とも考えられます。

 

2. まとめ:これからの投資の参考に…。

まとめ:これからの投資の参考に…。

以上が、10月のうちに仕込んでおきたい11月の優待銘柄5選でした。…今まで優待銘柄にあまり興味がなかったという方も、統計的な根拠を持つことで、

「ああ、優待銘柄も良さそうだな…」

と思えてきたんじゃないでしょうか?笑

もし、他の11月優待銘柄の10月から11月にかけての動向を知りたいという方がいましたら、データをまとめましたので、ぜひご活用くださいね!

このファイルを分析することで、もっと魅力的な11月優待株を見つけられるかもしれませんよ?

本日ご紹介した5銘柄は、どれも株主に人気が高く、10月以降に株価が上がりやすい銘柄しかありません。これからの投資に迷っているという方は、ぜひ本日ご紹介した5銘柄に注目してみてはいかがでしょうか?^^@