【2015年版】11月で勝てそうな銘柄と、負けそうな銘柄を選んでみた。

11月で勝てそうな銘柄と、負けそうな銘柄を選んでみた。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
11月で勝てそうな銘柄と、負けそうな銘柄を選んでみた。

もうすぐ10月も終わり。だんだんと肌寒い季節が近づいてきましたが、株の方は上手く運用できていますか?

もうすぐ10月も終わり。「中間地点が終わったから、そろそろ本気だそう!」と意気込むのが10月だとすれば、5月病のように、だんだんとやる気が失せてくるのが11月じゃないでしょうか?笑

11月は、10月下旬に引き続いて、中間決算の発表が活発ですので、決算に関連した銘柄の値動きが大きくなりやすい時期ですね。しかも、好決算を出した企業ですら、

「ああ、もう買い材料が出尽くしちゃったよ…」

と、興ざめ感が出てきてしまい、軟調な推移となりがちです。せっかく好決算だった株を買っても、上手く利益が上がらないことも多いですから、ウズウズしてしまいますよね。

そこで今回は、「11月」に上手く投資をしたいという投資家の皆さんのために、11月の相場を徹底的に分析しました。下落基調の強い11月は、どのように攻略していくのが得策なのか? 今回は、その秘密を明らかにしていこうと思います。

では早速、11月の株式市場の分析結果をご紹介していきましょう。

 

目次

  1. 11月の株式市場の特徴は?
  2. 11月に最も上がりやすい / 下がりやすい業種は、どれ?
  3. 11月に最も上がりやすい / 下がりやすい銘柄は、どれ?
  4. まとめ:11月の投資をマスターしよう!

 

1. 11月の株式市場の特徴は?

11月の株式市場の特徴は?

11月相場というと、「中間決算の結果」に大きく株価が左右される時期と言われています。10月下旬から中間決算の発表が活発になりますが、その中でも、以下の2つに当てはまる銘柄は格段に注目度が高まります。

  • 予想以上に決算が良かった銘柄や、上方修正をした銘柄
  • 予想以上に決算が悪かった銘柄や、下方修正をした銘柄

これらの銘柄には、「ああ、決算が良かったんだから買おう」「決算が悪かったんだから、売ろう」というように、出遅れている投資家達が決算を参考にして投資を始める時期とも言えるでしょう。

ただし、ここで難しいのは、「予想以上に」というところです。

もし、市場が好決算を期待していたら、どんなに決算が良くても、予想どおりならば株価に変化は現れません。むしろ、「まあ、そんなもんだろう」という反応をされてしまい、特に利益につながらないんです。

更には、決算が良くても、「期待よりも悪かった」というのでは、好決算の発表ですら悪材料になってしまうこともあります。それこそ、「材料が出尽くしたから、利益確定してしまおう」という投資家が現れ、好決算にも関わらず、株価はズルズルと下がっていくということもあり得る訳です。

 

ここで重要なのは、「市場は、その企業の決算をどれくらいのものとして想定しているのか?」という点。好決算となりそうな銘柄でも、もともと期待されていた銘柄であれば、なかなか値上がりにはつながりません。AppleのiPhoneが異常なまでに期待されているように、

「思った以上にすごかった!」

これくらいの業績を出している企業でなくては、安易に株価は上がらないと考えておくのが良いでしょう。

…なかなかハイレベルな知識が必要になりそうな11月の日本市場ですが、それでも11月に上がりやすい株や、業種というのは過去のデータを見れば簡単に見つけられます。

参考までに、以降では、11月に上がりやすかった株や、下がりやすかった株をご紹介しましょう。もしかすると、効率よく利益を出すための、ヒントが得られるかもしれませんよ?

 

2. 11月に最も上がりやすい / 下がりやすい業種は、どれ?

11月に最も上がりやすい / 下がりやすい業種は、どれ?

11月相場は「中間決算の発表」が大きな判断材料になることが分かりました。では、この11月相場の中でも、特に上昇傾向の強い銘柄と、下落傾向の強い業種には、どのようなものがあるのでしょうか?

今回私は、11月に上がりやすい銘柄と、下がりやすい銘柄をそれぞれ3つずつピックアップしました。ぜひ、これから投資をされる際には、参考にしてみて下さい。

 

2-1. 11月に最も上がりやすい業種、TOP3

日経平均に採用されている銘柄の過去の動向を探ったところ、過去25年間で、以下の3つの業種が、11月に上がりやすいことが分かりました。

  1. 電力:勝率…50.67%、平均上昇率…1.03%
  2. 通信:勝率…51.35%、平均上昇率…1.97%
  3. 保険:勝率…59.18%、平均上昇率…1.64%

下落傾向の強い11月では、特段強い上昇傾向の強い業種は見つかりませんでした。上述した3業種は、11月相場の中でも堅調に推移する傾向の見られた、ほんのわずかな例です。もし、これからの投資先に悩んでいるという方は、これらの銘柄を優先的に調べてみると、安全な投資ができるかもしれませんね^^@

 

2-2. 11月に最も下がりやすい業種、TOP3

日経平均に採用されている銘柄の過去の動向を探ったところ、過去25年間で、以下の3つの業種が、11月に下がりやすいことが分かりました。

  1. 建設:勝率…32.62%、平均下落率…3.82%
  2. 水産:勝率…32.50%、平均下落率…3.02%
  3. ガス:勝率…44.00%、平均下落率…1.84%

これから11月に投資をしようと考えている方は、以上の3つの業種には、投資をしないというのが得策でしょう。

 

3. 11月に最も上がりやすい / 下がりやすい銘柄は、どれ?

11月に最も上がりやすい / 下がりやすい銘柄は、どれ?

ここまでは、「どんな業種が上がりやすいのか / 下がりやすいのか」についてご紹介してきましたが、具体的な銘柄についても知りたいという方が多いでしょう。そこで、これからは、11月に上がりやすかった / 下がりやすかった銘柄を、それぞれ3つずつご紹介しましょう。

 

3-1. 11月に最も上がりやすい銘柄、TOP3

TOPIX CORE30に選定されている銘柄の傾向を探ったところ、過去25年間で、以下の3銘柄が、特に上昇傾向が強いことが分かりました。

  1. <9984>ソフトバンク:勝率…52.63%、平均上昇率…6.03%
  2. <7751>キヤノン:勝率…60.00%、平均上昇率…2.54%
  3. <9547>NTTドコモ:勝率…52.94%、平均上昇率…2.11%

11月から新しい株を買おうと考えている方は、以上の3銘柄を検討してみるのも良いかもしれません^^@

 

3-2. 11月に最も下がりやすい銘柄、TOP3

TOPIX CORE30に選定されている銘柄の傾向を探ったところ、過去25年間で、以下の3銘柄が、特に下落傾向が強いことが分かりました。

  1. <8801>三井不動産:勝率…33.33%、平均下落率…3.40%
  2. <8031>三井物産:勝率…40.00%、平均下落率…3.39%
  3. <8802>三菱地所:勝率…40.00%、平均下落率…2.27%

11月から新しい株を買おうと考えている方は、以上の3銘柄は避けておいた方が、良いかもしれませんね。

 

4. まとめ:11月の投資をマスターしよう!

まとめ:11月の投資をマスターしよう!

下落傾向の強い11月相場。こういった、なかなか株の上がらない時期に利益を出すのは、難しいかもしれません。ですが、もしあなたが貪欲に利益を出したいとお考えならば、きちんと11月に適した株を見つけるために、相場の状況を逐一調べあげることで、思わぬ危険を回避したり、利益を出しやすい銘柄を見つけ出すことができるようになるでしょう。

参考までに、今回の分析で私が作成したエクセルファイルをプレゼントします^^@

もしかすると、11月相場で利益を出すためのヒントが得られるかもしれませんよ?