【2015年版】10月で勝てそうな銘柄と、負けそうな銘柄を選んでみた。

10月で勝てそうな銘柄と、負けそうな銘柄を選んでみた。

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
10月で勝てそうな銘柄と、負けそうな銘柄を選んでみた。

もうすぐ9月も終わり。秋の季節がやってきますが、あなたは上手く資産を運用できているでしょうか?

10月といえば、1年の中間地点を過ぎて、「新たなスタートを切ろう!」と、意気込む時期でしょう。

「そろそろ今年も本気を出すか…!」

私は、10月が誕生月ということもあり、奮起しやすい時期なのですが…笑

偶然にも、10月は下落相場になりやすい傾向があるんですよね笑

10月は弱気な推移をする傾向が強く、投資初心者の方にとっては地獄のような時期です。「せっかく株を始めたのに、なかなか利益が出ない…!」とお悩みの方も多数いらっしゃるんじゃないでしょうか?^^;

そこで今回は、「10月」に上手く投資をしたいという投資家の皆さんのために、10月の相場を徹底的に分析しました。10月に上手く利益を出している投資家の方は、きっとこの秘密を知っているんでしょうね^^;

では早速、10月の株式市場の分析結果をご紹介していきましょう。

 

目次

  1. 10月の株式市場の特徴は?
  2. 10月に最も上がりやすい / 下がりやすい業種は、どれ?
  3. 10月に最も上がりやすい / 下がりやすい銘柄は、どれ?
  4. まとめ:10月の投資をマスターしよう!

 

1. 10月の株式市場の特徴は?

10月の株式市場の特徴は?

10月相場というと、どっちつかずの値動きで有名ですね。なぜかというと、この時期には、「企業の中間決算が発表される直前だから」だと考えられます。

決算発表の直前には、「もしかすると想定と違う決算が出るかもしれない」と、投資家は、様子見ムードが強まる傾向があります。10月の下旬からは中間決算の発表などが盛んに行われますから、10月中は、「様子見して、株を買わない」という投資家が多いってことなんですね。

一方、決算発表がされた後には、業績が良かった銘柄には買いが集まる傾向があります。

「思ってたよりも、この会社って儲かってたんだね…!?」

…このように、想定外の決算をした企業には、好決算な場合には買いが集中し、逆に決算が良くない場合には、損切り / 利益確定が集中しやすいと言えるでしょう。

また、目立つ決算をした企業がある場合は、同業種の銘柄(=似たような決算を出しやすい企業)にも注目が集まります。連想買いなどが頻繁に起こる時期ですので、1つの銘柄だけでなく、その周辺の企業分析も進めておくと、利益を出しやすくなるでしょう。

 

2. 10月に最も上がりやすい / 下がりやすい業種は、どれ?

10月に最も上がりやすい / 下がりやすい業種は、どれ?

10月相場は「様子見ムード」が強まることが分かりました。では、この10月相場の中でも、特に上昇傾向の強い銘柄と、下落傾向の強い業種には、どのようなものがあるのでしょうか?

今回私は、10月に上がりやすい銘柄と、下がりやすい銘柄をそれぞれ3つずつピックアップしました。ぜひ、これから投資をされる際には、参考にしてみて下さい。

 

2-1. 10月に最も上がりやすい業種、TOP3

日経平均に採用されている銘柄の過去の動向を探ったところ、過去25年間で、以下の3つの業種が、10月に上がりやすいことが分かりました。

  1. 通信業:勝率…45.54%、平均上昇率…0.33%
  2. 証券業:勝率…51.56%、平均上昇率…0.10%
  3. 不動産:勝率…46.83%、平均上昇率…0.06%

下落傾向の強い10月では、特段強い上昇傾向の強い業種は見つかりませんでした。上述した3業種は、10月相場の中でも堅調に推移する傾向の見られた、ほんのわずかな例です。もし、これからの投資先に悩んでいるという方は、これらの銘柄を優先的に調べてみると、安全な投資ができるかもしれませんね^^@

 

2-2. 10月に最も下がりやすい業種、TOP3

日経平均に採用されている銘柄の過去の動向を探ったところ、過去25年間で、以下の3つの業種が、10月に下がりやすいことが分かりました。

  1. 保険業:勝率…35.42%、平均下落率…4.53%
  2. 銀行業:勝率…39.13%、平均下落率…3.33%
  3. 鉱業:勝率…44.44%、平均下落率…3.75%

これから10月に投資をしようと考えている方は、以上の3つの業種には、投資をしないというのが得策でしょう。

 

3. 10月に最も上がりやすい / 下がりやすい銘柄は、どれ?

10月に最も上がりやすい / 下がりやすい銘柄は、どれ?

ここまでは、「どんな業種が上がりやすいのか / 下がりやすいのか」についてご紹介してきましたが、具体的な銘柄についても知りたいという方が多いでしょう。そこで、これからは、10月に上がりやすかった / 下がりやすかった銘柄を、それぞれ3つずつご紹介しましょう。

 

3-1. 10月に最も上がりやすい銘柄、TOP3

TOPIX CORE30に選定されている銘柄の傾向を探ったところ、過去25年間で、以下の3銘柄が、特に上昇傾向が強いことが分かりました。

  1. <9433>KDDI:勝率…59.09%、平均上昇率…1.50%
  2. <6954>ファナック:勝率…65.22%、平均上昇率…1.44%
  3. <4063>信越化学工業:勝率…54.17%、平均上昇率…1.07%

10月から新しい株を買おうと考えている方は、以上の3銘柄を検討してみるのも良いかもしれません^^@

 

3-2. 10月に最も下がりやすい銘柄、TOP3

TOPIX CORE30に選定されている銘柄の傾向を探ったところ、過去25年間で、以下の3銘柄が、特に下落傾向が強いことが分かりました。

  1. <8411>みずほフィナンシャルグループ:勝率…16.67%、平均下落率…4.66%
  2. <8306>三菱UFJフィナンシャル・グループ:勝率…15.39%、平均下落率…4.26%
  3. <3382>セブン&アイ・ホールディングス:勝率…22.22%、平均下落率…3.08%

10月から新しい株を買おうと考えている方は、以上の3銘柄は避けておいた方が、良いかもしれませんね。

 

4. まとめ:10月の投資をマスターしよう!

まとめ:10月の投資をマスターしよう!

下落傾向の強い10月相場。こういった、なかなか株の上がらない時期に利益を出すのは、難しいかもしれません。ですが、もしあなたが貪欲に利益を出したいとお考えならば、きちんと10月に適した株を見つけるために、相場の状況を逐一調べあげる必要があります。

参考までに、今回の分析で私が作成したエクセルファイルをプレゼントします^^@

もしかすると、10月相場で利益を出すためのヒントが得られるかもしれませんよ?