順張りって本当に効果あるの? 統計から見る順張り投資の有効性とは?

順張りって本当に効果あるの? 統計から見る順張り投資の有効性とは?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
順張りって本当に効果あるの? 統計から見る順張り投資の有効性とは?

多くの投資家にとって、ニガテ意識が強い投資手法、「順張り」を具体的に実践する方法をご紹介します。

以前、「株式投資の初心者は、逆張り投資よりも順張り投資をすべきだ!」というお話しをしたのを、覚えているでしょうか?

これは、3年間で資産を10倍以上にまで膨らませた個人投資家の方へインタビューしたときにお話ししたことなのですが、【投資の初心者こそ、順張り投資をやって欲しい】という内容のお話しでした。

…ですが、「下がった株を買う」という逆張り投資よりも、「上がった株を買う」という順張り投資に対して、ニガテ意識を持っているという方が多いようです。

日本の個人投資家は逆張り投資が大好きなようですが、その実、今のアベノミクス相場のような強烈な上昇相場では、逆張り投資の機会なんて、なかなかやってきません。

「下がった株を買う」

いかにも合理的に見えるのが、逆張り投資の長所なのですが、その実、なかなか逆張りのチャンスは訪れてくれません。今のような上昇相場では、殆ど利益が上げられない…という状況とも言えるでしょう。

そこで、読者のあなたには、「下がっている株が無いときにも」、着実に利益を出せるようになっていただきたいと思います。今回は、順張り投資を実践するための具体的な方法をご紹介していきましょう。

 

目次

  1. 「上昇している株」は、その後も上昇しやすい!?
  2. どれくらい、上がった株を買えば良いの?
  3. まとめ:「上がってしまった」株を、毛嫌いする必要は無い。

 

1. 「上昇している株」は、その後も上昇しやすい!?

「上昇している株」は、その後も上昇しやすい!?

意外かもしれませんが、「順張り投資」で利益を出せることは、統計的なデータからも実証されています。

いかにも非合理かもしれません。ですが、「値上がりしたから、株を買う」という投資家は予想以上に多いみたいなんです。

…ちなみに、個人的には、値下がりしたときのリバウンドを狙うよりも、値上がりした株の続伸を狙った方が、効率的に利益が出せると考えています。…それはなぜか?

この理由を分かりやすく説明するために、喩え話をつかって解説していきます。

=====ここから喩え話=====

あなたには、お気に入りの水が2種類あります。片方は、「甘い井戸水」、もう片方は、「スッキリとした天然水」です。どちらも美味しく、「毎日飲まなければ気が済まない」というぐらい、気に入っています。

それぞれの水を愛飲してから数年経ったころ、この「井戸水」を作ってる会社と、「天然水」を作っている会社から、あなたのもとへニュースが流れてきました。

「この井戸水は、美味しいので、人気です。あまりに人気すぎて材料が不足してしまったため、値上げしなければなりません…」

「この天然水は、美味しいのですが、あまり人気がありません。もっと沢山の方に買ってもらうために、値下げすることにしました…」

これらの2種類の水は、どちらもあなたのお気に入りです。井戸水が値上げされてしまっては困るという気持ちもありながら、天然水が値下げされたのを聞いて、少し安心してもいました。

そこで、あなたは、「これ以上値段が上がっては困る」ということで、今すぐ井戸水を買いだめしておくことにしました。同時に、安くなった天然水は、「別に、今買っておく必要はないな」と思い、天然水を飲みきってしまったときに改めて買うことにしました。

=====喩え話、終わり=====

この喩え話には、以下の2つのストーリーが書かれています。

  • 欲しいものの値段が上がると、人は慌てて買ってしまう
  • 欲しいものの値段が下がっても、人は安心するだけで、「別に、すぐに買う必要はないかな」と考える

以上の2点です。

このように、「価格が上がる」ことで、短期的に需要が高まるというのは、よくあることなんです。順張り投資では、この「株価がもっと上がってしまう前に買わなきゃ!」という投資家の焦燥感が理由となって、株価がさらに上がる…というストーリーが隠れているのだと考えられます。

急上昇している株を見つけたら、投資家の心理を上手く読み取り、できるだけ早く株を仕入れておきたいところです。

 

2. どれくらい上がった株を買えば良いの?

どれくらい上がった株を買えば良いの?

さて、ここまでは、「上がった株は、もっと上がる」ことの理由をご説明しました。では、具体的に、順張り投資をするには、どのような株を探すのが効果的なのでしょうか?

単刀直入に申し上げると、順張り投資で狙い目なのは「1ヶ月で株価が50%以上上がった、大型株」です。TOPIX 100に選別されるような日本を代表する企業の株が、1ヶ月で50%くらい急上昇すると、「早くこの上昇トレンドに乗らなければ!」と投資家が慌てて株を買い出すと考えられます。

このように、1ヶ月で50%もの急上昇したTOPIX 100銘柄は、その後3ヶ月間くらいは、上昇を続ける見込みが高いと考えられます。

統計的なデータを見ると、このような銘柄は、上昇後の3ヶ月間は、平均で10%も株価が増大しました。

「株価が上がったから、もっと上がってしまう前に買わなきゃ!」

順張り投資では、慌てた投資家が急上昇した株を衝動買いする投資家が出てきます。

すると、更に株価が上がり、その上昇を見て、慌てる投資家がまた現れる…。

このような連鎖によって、株価がグイグイと押し上げられていくのでしょう。

 

3. まとめ:「上がってしまった」株を、毛嫌いする必要は無い。

まとめ:「上がってしまった」株を、毛嫌いする必要は無い。

「順張り投資なんて、邪道だ!」

こんなことを思っている投資家の方も多いかもしれません。…たしかに、投資というよりは、投機的なところがありますし、合理的でない側面もあるかもしれませんね。

ですが、「値上がりしたものを、買いたくなってしまう人」が、常に一定数居るということを忘れてはいけません。これはおそらく、人間の本能的な行動ですから、私たちトレーダーは、この事実を上手く活用すべきだと思っています。

あなたは、毛嫌いして「順張り」を放棄してしまいますか?

それとも、ちょっと本腰を入れて、順張り投資について研究してみたいですか?