自分のことを考えれば考えるほど、投資はヘタクソになる。

自分のことを考えれば考えるほど、投資はヘタクソになる。
自分のことを考えれば考えるほど、投資はヘタクソになる。

「儲けたい」なんてガッツいているうちは、なかなか投資では勝てないと思います。(※一部除く)

「うん、あんたの良いたいことは分かった。んでさ、それ本当に儲かるの?」

最近、メルマガを読んでいる方の中でも、こんな質問をしてくる方が要るんですよね。リテラシーの低い方が入ってきてしまっていて、困っています汗

こんな質問をされても、答えは1つしかありません。

「こっちが知りたいよ!」

知ってたら、私がボロ儲けしてます笑

…知らないからこそ、様々な分野を勉強して、「勝てそうな知恵」をかき集めて、「自分ならこうやる!」「上手くやってる人はこうしている」と、そういった情報をお伝えしている訳です。

そんな楽に稼げる儲け話なんてありませんて…。あったとしたら、そんなのきっと詐欺ですって…。

…とまあ、余談はこれくらいにして。

「この株を買えば、俺は儲かるのかな?」

こういう考え方をしていると、視野がどうしても狭くなってしまい、なかなか儲からないんですよね笑

これにはれっきとした理由があって。私は、「自分のことを考えれば考えるほど、稼げなくなる」というセオリーがあると信じているわけなんです。

さて、これはなぜでしょうか?

 

目次

  1. 株価は自分の意思では変わらない。
  2. 本当に株で稼ぎたいのなら、知らなければならないことは2つ。
  3. まとめ:勝つために必要なモノは、「自分」以外のところにある。

 

1. 株価は自分の意思では変わらない。

株価は自分の意思では変わらない。

一番簡単な答え。それは、「株価はあなたには変えられない」ということ。もっと言えば、「あなたがどれだけ願おうが、株価にはほんのわずかも関係ない」ということです。

ですから、「この株で稼ぎたい」なんて願いは、どれだけ願いが強かろうが、全く意味がありません。

ですから、自分本位に考えを巡らせること事態が間違いなんです。

「自分が◯◯したい」というのは、なんの判断材料にもなりませんが、結構この欲のせいで、目が曇ってしまうという投資家は多いんです。

 

2. 本当に株で稼ぎたいのなら、知らなければならないことは2つ。

本当に株で稼ぎたいのなら、知らなければならないことは2つ。

さて、「じゃあ、株で稼ぐためには、何が起こらなければならないのか」について考えてみましょう。

起こるべきことは、以下の2パターンが必要です。

  • あなた以外の投資家が株を買い越し、自分が買ったときよりも株価が上がること
  • あなたの買った株の企業が配当または株主優待を配布すること

以上です。

…自分の考えだとか、願いとかとは、全く異なる場所にありますよね笑

もしあなたが「株で儲けたい」と思っているのならば、以下のように考え方を改めなければいけません。

  • あなた以外の投資家が確実に買い越すような株を見つけたい
  • 配当または株主優待を確実に配布するような企業を見つけたい

こんな具合ですね。

先ほどとは違い、「株を買いたいと思いそうな投資家」や、「株そのものを発行している企業」が研究対象となっていることがお分かりいただけるでしょうか?

自分が「こうしたい!」という欲や勘なんかに頼るよりも、「他の投資家が買いそうな株って、なんなんだろう…?」と思考を巡らせることで、よほど冷静な判断ができます。

考え方としては、

  • 新しい決算書で、この株を買いたくなる投資家はどれくらい居るだろうか…?
  • このニュースで、この株はどれくらいの投資家に売られるのだろうか…?
  • 新しい報告書の中で、企業の配当は変わる要素はあるのか?

以上のようなことに細心の注意を払っていると考えられます。

つまり、賢明な判断ができる投資家達ほど「自分のことなど目もくれず、周りの投資家や企業そのものばかりを考えている人」と言えるでしょう。

 

3. まとめ:勝つために必要なモノは、「自分」以外のところにある。

まとめ:勝つために必要なモノは、「自分」以外のところにある。

「欲の出ているうちは、投資では勝てない」

こういった相場の格言は、「自分のことを考えたところで利益にはつながらない」という、相場の本質をとらえた言葉なのかもしれません。

本当に継続的に利益を出したいのならば、自分の欲をまず忘れ、投資家や企業について本気を出して考えるというのがベストなんでしょうね。