【稼いでいる投資家はやっている】見落としがちな分析法、「グルーピング」と「セパレーティング」とは?

日本株、年末まだまだ上昇か?

ABOUTこの記事をかいた人

最年少で「YAHOO! 投資の達人」に選ばれた(当時22歳)。同サイトでの予想の年別パフォーマンスは、2015年「+480%」、2016年「+1024%」2017年「+943%」。最年少ながら、2015 年に「ベストパフォーマー賞」「通年最⾼勝率者賞」の2⼤タイトルを獲得。TV 出演や四季報オンラインでの連載を経験。
【稼いでいる投資家はやっている】見落としがちな分析法、「グルーピング」と「セパレーティング」とは?

「どうやって株を分析すれば良いのか、よくわからない!」という方は、この考え方が足りないのかもしれません。

株をはじめたばかりの方って、「勝ちパターン」が全然見えないので、

「株を分析すれば良いのは分かった!…でも、どうやれば良いの?」

と、右往左往してしまう方が多いかもしれませんね。

…私もそうでした笑

がむしゃらに情報収集して、極端なときにはYAHOOの株掲示板なんかで情報を集めて…。信憑性のカケラも無い情報を鵜呑みにして、勝ったり負けたりを繰り返し、喜んだり、悲しんだりと…。

今思えば、かなり生産性の低い、「無意味な」時間を過ごしていたと悔やんでいます笑

しばらく続けていると、だんだんと「勝ち方」が見えてきて、上手く投資で稼げるようになったのですが…。

それで慢心していると、成長って止まってしまうんですよね笑

私が思い悩んでいたときに、とある投資家の方に、

「中原くん、もしかして、どんな株を買うときにも同じ分析法を使ってるの?」

と聞かれたことがありました。

この質問を聞いた時、私の心の中は、

(え…? もしかして、買う株によって、分析法を変えなきゃいけないのか…?)

と、動揺を隠せませんでした^^;

…ですが、それも当然の話。日本市場だけでも株は数千銘柄もありますし、全てがそれぞれ個性を持った企業です。

売上も、規模も、業種も、商品も違う会社を、全く同じアプローチで分析することそのものが、ナンセンスなんですよね。

以上のように、投資先をきちんと理解し、それぞれに適したアプローチで投資をするのって、思っている以上に大切なんです。

そこで大切なのが、「似ている企業をグループ化する」こと。それと同時に、「全く異なる企業は分けて考える」ことな訳です。

優秀な投資家は誰もがやっていることですので、ぜひあなたもやってみてはいかがでしょうか?

…ということで、今回は、「企業をグループ分け」する方法をいくつかご紹介しましょう。

 

目次

  1. 投資先の特徴を理解し、「グループ分け」しよう!
  2. まとめ:全ての投資に同じアプローチを使うのはナンセンス

 

1. 投資先の特徴を理解し、「グループ分け」しよう!

投資先の特徴を理解し、「グループ分け」しよう!

「会社をグループ分けする」方法は、無限にあります。それこそ、「名前順」とかでもグループ分けはできますし、従業員数別や、社員の平均年収別にも分けられるでしょう…。

ですが、テキトーに振り分けたところで、きちんと分析できるようになる分けではありません。ですから、できるだけ「意味のある」分け方をするのが大切ですね。

そこでご紹介するのが、以下の4つのグループ分けの方法です。

  • 企業規模別
  • 流動性別
  • 業種別
  • 市場別

これらはあくまで私がよく使っている分類方法ですので、あなたなりの分類法も使って見て下さいね^^@

 

1-1. 企業規模別

超大型株や大型株、中型に小型。このように、企業の規模に応じて、株価の動き方って全く違います。

どんなふうに違うかと言えば、「大きな会社ほど値動きが緩やか」で「小さな企業ほど値動きが激しい」という具合です。

この分類をするために使いやすいのが、TOPIXニューインデックスシリーズを使った分類法です。詳しい方法は、以前の記事でご紹介しましたので、ぜひ参照してみて下さい^^@

 

1-2. 流動性別

次にご紹介するのが、流動性別の分類方法です。流動性とは、「どれだけ活発に株が売買されているのか」という指標ですが、これは売買代金や出来高の大きさを加味することで分類ができます。

たとえば、私がよくやるのが、以下のような分類方法。

  • 売買代金が5000万円未満
  • 売買代金が5000万円〜5億円の範囲内
  • 売買代金が5億円〜50億円の範囲内
  • 売買代金が50億円以上

流動性は企業規模に比例することが多いですが、前項と同じように「流動性の高い株ほど値動きが緩やか」「流動性の低い株ほど値動きが粗い」という性質があります。

この点を考慮に入れた上で分析を加えることで、売買が活発な株に向いた投資法や、逆にあまり売買されていない株に向いた投資法が作れるようになるでしょう。

 

1-3. 業種別

他にも大切なのが、「投資先の企業は、どんな仕事をしているのか? / どんなビジネスモデルで利益を生み出しているのか?」という点。これを分類するためには、業種別に分類するのが分かりやすいでしょう。

たとえば、IT系の企業、特にスマホアプリを開発している企業は、1つのアプリが企業の収益性に大きく影響を及ぼすでしょう。アプリのダウンロード数などが株価に与える影響はかなり大きく、投資家にとっては絶好の判断材料になるはずです。

同様に、製薬業は新薬に関するニュースが大きな判断材料になります。販売にあたって何度も審査を通過する必要がありますから、「審査を通過した」という材料などは、投資する上で非常に重要なファクターとなります。

他にも、化学産業は巨大なインフラ(=工場など)が必要なことから、あまり値動きをしません。急落したときや、急伸したときには、逆張りのチャンスにつながりやすいと考えられます。

以上のように、業種ごとに「買いどき」を判断するための材料は大きく異なります。業種ごとに値動きやニュースを追うことで、魅力的な投資機会が見つけられるようになるでしょう。

 

1-4. 市場別

さいごにご紹介するのが、「上場先の市場」です。たとえば、東証1部は上場審査も厳しく、比較的大型な企業が集まりやすい市場です。ですが一方で、マザーズやJASDAQなどは、小型な企業でも上場しやすい新興市場ですから、値動きが荒かったり、ささいな報道で株価が急変するということが多く起きるでしょう。

この点を踏まえて企業分析を行うことで、「新興市場向き」な投資法や「伝統的な企業向き」な投資法などが編み出せるようになるでしょう。

 

2. まとめ:全ての投資に同じアプローチを使うのはナンセンス

まとめ:全ての投資に同じアプローチを使うのはナンセンス

さて、ここまで色々な企業の分類法をご紹介しましたが、伝えたいことはたったの1つしかありません。それは、

「違う会社に対して、同じアプローチをするのはナンセンス」

ということ。企業が違えば、「買いどき」や「売りどき」が違うのは当然のこと。色んな市場で利益を出せるようになりたいのなら、それぞれの企業に適した投資法を学び続ける必要がありますよね。

私たちが「子供相手」「大人相手」で、言葉を使いわけるように、「投資先」に応じて投資手法というのも入れ替えるべきなんです。

今回ご紹介したのは、基本的な企業の分類法ですが、これを使いこなせるようになれば、年利を二倍にまで向上するのは、夢ではないかもしれませんよ?